RC DF-02

2009年5月17日 (日)

バギー用エアレーションオイルダンパーのピストンロッド交換

先日、息子のDF-02に装着しているバギー用エアレーションオイルダンパーの右リアのピストンロッドが湾曲し、伸縮時に抵抗が生じていることがレース後に判明しましたので、ピストンロッド交換パーツを入手の上、交換しました。

Tamiya_cp_9804377_pistonrod 矢印部分が湾曲、下が交換パーツ

OP.1028 バギー用エアレーションオイルダンパーのピストンロッドの交換パターンには以下の2つの選択肢があります。

【A案】タミヤ アフターパーツ 9804377 OP.1028用チタンコートピストンロッド(リア2本)
商品番号:4950344014095 49.6mm 599円(某Aショップ税込み価格:569円

【B案】タミヤ OP.1043 TRF501X ハードチタンコートピストンロッド(リヤ2本) 
商品番号:4950344540433 50.0mm 1050円 (某Bショップ税込み価格:735円
501X、501X-WE、OP.1028 バギー用エアレーションオイルダンパー用
(従来のチタンコートの被膜を更に強化し、耐摩耗性を向上。 滑らかなダンパーの動きが長時間持続)

A案の方が安価ですが、カスタマー扱いとなるのでB案の方が入手し易いです。 A案で送料が発生する場合は価格差は殆どありません。 B案はハードチタンコート仕様で、ピストンロッド長は0.4mm長いですが、特に問題になるものではありません。

今回は某ネットショップに在庫があり、他のものと一緒に購入しましたので少しでも安価なA案を選択しましたが、両案どちらでも大差ないかと思われます。

それよりもDF-02のピストンロッドが湾曲した原因を探る方が難しいかもしれません。(マシン同士のクラッシュか?) DB-01では幸いにもこれまで同ピストンロッドが湾曲したことはありません。

●バギー用エアレーションダンパー 【組み方】

| | コメント (0)