日記・コラム・つぶやき

2010年1月31日 (日)

トミカ40周年、販売台数ランキング

タカラトミーのミニカー『トミカ』と言えば、車好きの子供ならば必ず何台か持っていたのではないだろうか。発売40周年を迎えるトミカの歴代最量販車種は『日野はしご消防車』で271万台らしい。

Tomica_no1_firecar_20100131 Tomica_no1_pockemonbus_20100131

最近の10年間では『ポケモンバス』の122万台で、月平均1万台以上売れている計算だ。年平均では12万台以上で、2009年の実物の乗用車の販売実績と比べると、トヨタ『プリウス』、ホンダ『フィット』に続く3位で、トヨタ『ヴィッツ』よりも売れている。

1970 - 2009年の歴代販売車種BEST 5
1:日野はしご消防車 271万台 現行商品
2:古河ホイールローダー 207万台
3:コマツブルドーザー 197万台 現行商品
4:トヨタ2000GT 160万台
5:ポケモンバス 151万台 現行商品

2000年から最近10年の販売車種BEST 5
1:ポケモンバス 122万台 現行商品
2:コマツ油圧ショベルPC200ガレオ 90万台 現行商品
3:ピカチュウカー 88万台 現行商品
4:オフロードダンプ 85万台
5:スーパーアンビュランス 78万台 現行商品

1970 - 2009年のトミカワールド歴代販売数BEST 5
1: トミカ・パーキングケース 106万個
2:トミカパーキング(標識付き・トミカ付き) 79万個
3:トミカビル 66万個
4:高速道路にぎやかドライブ 64万個
5:トミカ峠やまみちドライブ 60万個
すべて現行商品

Tomica_no1_parking_20100131

2000年から最近10年のトミカワールド販売数BEST 5
1:トミカパーキングケース 80万個
2:高速道路にぎやかドライブ 64万個
3:トミカ峠やまみちドライブ 60万個
4:トミカお出かけ立体マツプ 34万個
5:ハンディ立体マップ・まちへお買いもの 27万個
すべて現行商品

当方が子供の時はもう一回り大きいミニカーをコレクションしていたが、我が子にはトミカを何十台も買い与えていた。もちろん「日野はしご消防車」、「パーキングケース」も「お出かけ立体マップ」もまだ家の押入れに眠っている。トミカに拍手!

| | コメント (0)

2010年1月 1日 (金)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

2008年11月からスタートした当ブログ、2009年はTB-03DやDB01のRCネタをはじめF1、SuperGT、WRC、D1まで自分自身が魅力を感じるモータースポーツに絞って当ブログを書いてきました。おかげで、2009年はたくさんの方に訪問頂き、それが励みとなり、ブログを書き続けることができました。

皆さんのアクセスとコメントに改めて感謝申し上げます。

F1_toyota_kamui_20100101

【2009年の印象に残ったネタ】

■F1
ホンダのDNAを受け継いだBrawnGPのF1参戦からチャンピオンシップ獲得
小林可夢偉の活躍とトヨタ撤退後のザウバーのシート獲得

■SuperGT
本山GT-R脇阪LEXUSに優勝をさらわれたこと

■WRC
SUBARU撤退にも関わらずプライベーター参戦で年間ランク5位に入ったぺター・ソルベルグ

【2010年の期待ネタ】

■F1
好き嫌いは別としてミハエル・シューマッハの復活によるF1界のより一層の盛り上がり
小林可夢偉の表彰台

■SuperGT
HONDA HSV-010 GTの開幕戦1-2-3フィニッシュ

■FIA-GT
NISSAN GT-Rの本格参戦で表彰台獲得

■番外編
ル・マン24時間、スパ24時間での日本勢の活躍

2010年もモータースポーツの素晴らしさを少しでも伝えることが出来ればと思っています。
本年もどうぞ宜しくお願いします。

| | コメント (0)

2009年7月27日 (月)

ブログ再開します!

大変長い間、勝手ながらブログを休んでいましたが、本日より再開させていただきします!

まず、休んでいた間も毎日閲覧してくれた多くの皆様にお詫びと御礼を申し上げます。

また、再開のきっかけを作ってくれた、励ましのコメントをいただいた方にも深く感謝いたします。

今後とも宜しくお願いします。

| | コメント (4)

2009年6月29日 (月)

本日までブログ休憩です

この土、日、月曜日の3日間は訳あって、急遽ブログを休憩しています。

火曜日からまた再開します。

| | コメント (3)

2009年3月13日 (金)

当ブログのカテゴリー変更のお知らせ

当ブログの記事を見たいカテゴリーに絞って無駄なく閲覧していただくために、左下に表示されるカテゴリーを変更しました。

変更点は、以下のとおりです。

  1. 「モータースポーツ」の記事数が増えてきましたので、 「■D1」、「■F1」、「■SuperGT」、「■WRC」、「■モータースポーツ全般」の5つに分割し、表示もRCと区別するために、■を頭に付けました。
  2. RC関連カテゴリーの製品別表記もタミヤ標準表記に変更しました。
    ・「TB03D」 -> 「TB-03D」
    ・「DF02」 -> 「DF-02」
    ・「TT01」 -> 「TT-01」
  3. 「パソコン・インターネット」を削除し、記事を「日記・コラム・つぶやき」へ移動しました。

カテゴリー毎の記事数は当ブログの仕様により表示されませんが、写真付き記事の全件表示でもあまり重たくならない程度に今後も工夫していきます。

| | コメント (0)

2009年1月31日 (土)

ブログのカレンダー機能を改善しました

ココログのカレンダー機能は前月や翌月へのリンク矢印が標準では付いておらず、他のブログサイトと比較して非常に不便でしたが、トラックバック機能を停止していても動作するカレンダー拡張ツール「ココログカレンダーPlus」を見つけましたので、導入しました。

【改善ポイント】

●<<(前月)、>>(翌月)の矢印で月の移動が可能になりました。

●日付リンクにマウスをかざすと、その日に書かれた記事タイトルが表示されるようになりました。

当たり前の機能なんですが、あると下までスクロールしなくても記事のタイトルが斜め読み出来るようになりました。 皆さんも一度試してみてください。 まだ、他のブログにあってココログには無い機能もありますので、ぼちぼち改善していきます。

ちなみに、今日は不思議なことに最近の中ではとてもアクセス数が少なかったのでびっくりです。 どうやらWRCファンは少ないようですね・・・

| | コメント (0)

2009年1月 1日 (木)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

昨年11月から始めたこのブログ、お蔭様で多くのRCファンに訪問していただき、とても感謝しております。

今年もお役立ち情報を満載にしていきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

Happy_new_year

| | コメント (0)

2008年12月13日 (土)

テニス上達のチェックポイント(2)

本日もテニススクールへ行って来ましたので前回に続いて本日のチェックポイントをまとめてみました。

【フォアハンドストローク編】

今回は野球のバッティングと同じ様に1-2-3のリズムでフォアハンドストロークを打つ練習です。

  • まず野球のバッティングの様にフォア側片手で構えておく。
  • 1でターンをしてテイクバックを完成させるが、腰を中心に上半身をねじり、高い位置でラケットを構える。しっかり足を貯めや体のねじれによるエネルギーを感じること。
  • テイクバックではラケットは落ちない程度に軽く握り、全体に力が入り過ぎない様にする。(野球のバットと同じ高さにラケットを構える)
  • 2で左足を野球のバッティングの様に前に踏み出し、3でスィングする。踏み出す際は頭の位置(回転の軸)をぐらぐらさせないこと。
  • 体のターンを体得するには少し重めの長い棒(モップとか)を持って同様にスウィングしてみる。回転の軸を意識したスウィングが出来る様になったら、ラケットに持ち替えてスウィングしてみる。(マスコットバットの様な感じでラケットが軽く感じられる)
  • 自分がボールを打った後から相手がボールを打ち自分が次に打つまで決してボールから目を離さない。なんとなくではなく、ボールに集中する!
  • ボールのバウンドに合わせてテイクバックを始めるのではなく、相手が打った瞬間にテイクバックを完了させ、その体制で足で距離を調整しながら自分のタイミングで打つと決して振り遅れることはない。
  • ラケットグリップを少し短めに(ガットに近い方へ)持つとラケット操作が素早く行える。プレイスタイルによって長短持ち比べて自分に合ったグリップを探してみよう!ちなみに錦織は少し短めで、フェデラーは少し長め、ロディックはサーブの時だけ長めでストロークは短めらしい。(ダブルバックハンドでも左手を少し短めに持ち、右手を少し長めに持ってテコの原理を利用しヘッドを素早く返す技もある・・・邪道か?)

当方は速い球は打てつつあるのですが、力みの為か爆発気味の球が時々混ざります。軽く握ることと肘から手にかけての返しとスピン量を微調整することが次回への課題です。相変わらず腰痛が取れません・・・

| | コメント (0)

2008年12月 8日 (月)

テニス上達のチェックポイント

今日は昨日に続いてラジコンのTB-03Dのネタを書こうと思っていましたが、気分転換で、テニスネタをお送りします。

最近テニススクールのコーチが変わり、体のひねりを使った厚い当たりのパワフルストロークを打つ為に色々な練習を受けています。

当方は20年前のテニススタイル(レンドル全盛時代)から未だ脱却できず、下から擦り上げるスピン派で、そのパワーはガットとボールの摩擦によってほとんど熱エネルギーに替わり、相手側に届いた時にはボールがおじぎをしていました。15年ほど前には長尺ラケットの出現ですっかり打点を狂わされ、ストロークはあきらめドロップボレーだけに生きがいを見出していました。

しかし、新コーチからさまざまの特訓を受け、現在少しづつ進化を遂げています。

【フォアハンドチェックポイント】

  1. 足を肩幅より少し長めに広げ、少しお尻を後ろに突き出し、背骨は伸ばした姿勢でどっしりと構える(マウンテンゴリラの様に?)
  2. ラケットは落ちない程度に軽く握る
  3. 相手がボールを打った瞬間に腰からターンを開始する
  4. ワンモーションでラケットを立てた高い位置のターンを完成させ、この体制でタイミングを計り待てるように
  5. 完成したターンの状態から2度引きすることなく、高い打点のままフラットにインパクト面を作る
  6. イン-アウト-イン気味でスイングする
  7. インパクトではひじを支点に素早くワイパースウィングを行いさらに加速する
  8. 狙うはあくまでもエンドラインいっぱいの深いボール

現時点ではボールのバウンドに合わせてでなく、相手がボールを打った瞬間にターンを開始出来る様にはなったが、サーキュラースイングの為、完全にはターンは完成していない。素早いコンパクトなスウィングを焦るためにイン-イン-イン気味のスウィングになっている。早めのターンにより速いラリーでも少し余裕が出来てボールの威力は増したが、腰の回転を意識しすぎて腰痛気味になり体がついていかなく困っている。下半身のパワーはまだ有効に活かせてはいない。

錦織への道はまだまだほど遠い!

| | コメント (0)

2008年11月27日 (木)

ノートPCのリチウムイオンバッテリーの寿命を延ばすには

東芝Dynabookのメルマガで「ノートPC用バッテリパックの事故に伴う自主回収プログラムに関するお願い」が送信されてきました。

2006~2007年のソニー製バッテリー回収とは別の再回収の様ですが、当方のPCは前回交換済みで、対象ではありませんでした。

ラジコンバッテリーなどは発火爆発の危険性が高いので、かなり注意して取り扱っていますが、PCの場合は発火を意識して使用する人は少ないでしょうね。

メルマガ内のFAQをご参考までに簡単にまとめました。原文は最下段のDynabook HPでご確認ください。

【ノートPCのリチウムイオンバッテリを長持ちさせるには】

  • 主にACアダプタを装着してパソコンを使用し、バッテリパックの電力をほとんど使用しないなど、100%の残量近辺で充放電を繰り返すとバッテリの劣化を早める。
  • パソコンを長時間使用しないときは、ACアダプタをコンセントから外す。
  • 1ヵ月以上の長期間バッテリを使わない時は、本体からバッテリパックを外す。
  • 1ヵ月に一度は、ACアダプタを外してバッテリのみによりパソコンを使用する。その際にはパソコンを使う前に、以下の方法で再充電する。

 <再充電方法>

  1. パソコン本体からACアダプタを外し、パソコンの電源を入れ、5分程度バッテリ駆動を行なう。
  2. ACアダプタを接続し、電源コードをコンセントにつなぎ、”Battery LED” が緑色になるまで充電する。

001018:リチウムイオンバッテリ(バッテリパック)の寿命を延ばすには
http://dynabook.com/assistpc/faq/pcdata/001018.htm

| | コメント (0)

より以前の記事一覧