« SuperGT 岡山合同テスト 初日:午前はカルソニック、午後はHIS ADVAN GT-Rがトップ | トップページ | 2010年FIA GT1世界選手権 NISSAN GT-Rがパリでアンベール »

2010年3月 2日 (火)

SuperGT レガシィB4のR&D SPORTが体制発表

SuperGT300クラスに2009年からスバル・レガシィB4で参戦しているR&D SPORTは3月2日、2010年の参戦体制を発表した。

Sgt_subaru_regacy_b4_20090822 2009年 第6戦 鈴鹿

ドライバーが密山祥吾から佐々木孝太に変更されたのと、チーフエンジニアが変更されている以外はほぼ昨年と同じ体制。

山野哲也&佐々木孝太のコンビは2005年のスーパーGT300クラスチャンピオンコンビ。2008年にはクスコDUNLOPスバルインプレッサでもコンビを組み、ポールポジション3回、1勝を飾るなど、AWDインプレッサでの最高の成績を収めている。

■R&D SPORT LEGACY B4:2010年スーパーGT参戦体制
チーム名:R&D SPORT
マシン名:R&D SPORT LEGACY B4
シャーシ:SUBARU LEGACY B4
エンジン:SUBARU BOXER ターボエンジン
タイヤ:YOKOHAMA
ゼッケン:『62』
ドライバー:山野哲也、佐々木孝太
メンテナンス:R&D SPORT
エンジンチューナー:STI
チーム代表:本島伸次
チーム監督:本島伸次
チームテクニカルコーディネーター:澤田稔
チーフエンジニア:阿立信昭
チーフメカニック:脇山敏志
PR担当:渡辺麻子

2009年は、LEGACY B4でシーズン途中の第6戦からマシン開発も不十分なまま参戦し、駆動系トラブルで決勝には出れず、第7戦は決勝完走で18位、第9戦は決勝途中でターボ周りの部品破損によりリタイヤしており、まだ十分な結果は残せていない。2010年はきっちりとマシンを仕上げ、インプレッサの時の様に上位に食い込んで欲しい。

|

« SuperGT 岡山合同テスト 初日:午前はカルソニック、午後はHIS ADVAN GT-Rがトップ | トップページ | 2010年FIA GT1世界選手権 NISSAN GT-Rがパリでアンベール »

■SuperGT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SuperGT 岡山合同テスト 初日:午前はカルソニック、午後はHIS ADVAN GT-Rがトップ | トップページ | 2010年FIA GT1世界選手権 NISSAN GT-Rがパリでアンベール »