« トヨタ自動車、2010年のモータースポーツ活動および支援計画を発表 | トップページ | SuperGT LEXUS TEAM SARD 2010年参戦体制 »

2010年3月17日 (水)

SuperGT ウイダー ホンダ レーシング 2010年参戦体制

SuperGT500クラスに参戦するウイダー ホンダ レーシング(Weider Honda Racing)が3月16日、ホンダ本社で2010年参戦記者会見を開いたので、メモしておきます。

Sgt_weider_hsv_010_20100317a Sgt_weider_hsv010_20100305

ドライバー:小暮卓史、ロイック・デュバル

チーム監督:中村卓哉

マシン:18号車 Honda HSV-010 GT

開発・メンテナンス:童夢

メインスポンサー:森永製菓「ウイダーinゼリー」

■中村卓哉チーム監督
「見ての通り非常にカッコいいデザイン。ウイダーと聞いて思い浮かぶスポーティー、元気、ガッツ、そしてエネルギッシュといったイメージをレースでも表現していきたい。強力なふたりのドライバーを揃えることができた。ふたりのドライビングスタイルは非常に近いものがあり、セットアップや使うタイヤの好みもピッタリあっている。我々スタッフもとてもやりやすいし、これなら作戦の幅も広く取れる。これ以上ないラインナップ、コンビネーションになった」

■小暮卓史
「最高のチーム体制とチームメイト、勝てない要素を考える方が難しい。開幕戦優勝、そしてシリーズチャンピオン目指してやっていく

■ロイック・デュバル
「ウイダーカラーは母国フランスの国旗の色で、モチベーションは高い。開幕戦で勝っていい流れを作っていきたいし、シーズンの終わりにはいい結果が残せるよう頑張っていく」

3月5日の鈴鹿開幕前公式テストではトップタイムをマークしており、今年は期待できそうだ。それにしてもこのカラーリング「ウイダーinゼリー」そのままやないかい!

|

« トヨタ自動車、2010年のモータースポーツ活動および支援計画を発表 | トップページ | SuperGT LEXUS TEAM SARD 2010年参戦体制 »

■SuperGT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トヨタ自動車、2010年のモータースポーツ活動および支援計画を発表 | トップページ | SuperGT LEXUS TEAM SARD 2010年参戦体制 »