« 佐藤琢磨のプレローンチサイトオープンのお知らせ | トップページ | F1 開幕戦 バーレーンGP予選:ベッテルがポール、可夢偉は16番手 »

2010年3月13日 (土)

F1 開幕戦 バーレーンGP フリー走行:小林可夢偉は11番手発進

2010年のF1開幕戦バーレーンGPが3月12日、バーレーン・インターナショナル・サーキットで行われ、フリー走行が行われた。

F1_2010_bahrain_gp_20100312

【フリー走行1回目】

エイドリアン・スーティル(フォース・インディア)が1分56秒583のトップタイムをマーク、2番手はフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、3番手ロバート・クビサ(ルノー)となり、小林可夢偉(ザウバー)はパンクの為、18番手と伸び悩んだ。

【フリー走行2回目】

ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)が1分55秒409のトップタイムをマーク、2番手はルイス・ハミルトン(マクラーレンの)、3番手にはミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)が続いた。小林可夢偉(ザウバー)は、バンピーなコースに苦戦し、トップとは約2秒差の11番手タイムだった。

この日、ぶっつけ本番の初走行となったヒスパニア・レーシングは、ブルーノ・セナが、トップのロズベルグから11秒559の遅れのタイムを記録したが、チームメイトのカルン・チャンドックは、走行することはできなかった。

F1_sauber_kamui_20100312 跳ねるマシンをねじ伏せて走るしかないか?

■小林可夢偉(ザウバー)
午前中パンクのためトラックタイムをロスしましたが、午後はプログラムを終えることができました。セットアップを見直さなくてはなりません。バンピーな新しいインフィールド部分は僕らにはかなり難しいという印象を受けています。しかし僕らはそれに対応する予定です。暑さには不満はありません。ヨーロッパの冬よりは絶対にマシなので」

フリー走行3回目は、明日3月13日(土)の現地時間11時(日本時間17時)から行われる。

【F1開幕戦 バーレーンGP フリー走行1回目】

Pos.DriverTeamTimeLap
1 エイドリアン・スーティル フォース・インディア 1'56"583 18
2 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1'56"766 18
3 ロバート・クビサ ルノー 1'57"041 19
4 フェリペ・マッサ フェラーリ 1'57"055 19
5 ジェンソン・バトン マクラーレン 1'57"068 19
6 ルイス・ハミルトン マクラーレン 1'57"163 19
7 ヴィタントニオ・リウッツィ フォース・インディア 1'57"194 19
8 ニコ・ロズベルグ メルセデスGP 1'57"199 15
9 マーク・ウェバー レッドブル 1'57"255 17
10 ミハエル・シューマッハ メルセデスGP 1'57"662 16
11 ハイメ・アルグエルスアリ トロ・ロッソ 1'57"772 18
12 ニコ・ヒュルケンベルグ ウィリアムズ 1'57"894 20
13 セバスチャン・ベッテル レッドブル 1'57"943 17
14 セバスチャン・ブエミ トロ・ロッソ 1'58"399 13
15 ルーベンス・バリチェロ ウィリアムズ 1'58"782 11
16 ヴィタリー・ペトロフ ルノー 1'58"880 13
17 ペドロ・デ・ラ・ロサ BMWザウバー 2'00"250 18
18 小林可夢偉 BMWザウバー 2'01"388 11
19 ティモ・グロック ヴァージン 2'03"680 8
20 ヘイキ・コバライネン ロータス 2'03"848 21
21 ヤルノ・トゥルーリ ロータス 2'03"970 15
22 ルーカル・ディ・グラッシ ヴァージン   2
23 ブルーノ・セナ ヒスパニア・レーシング   3
24 カルン・チャンドック ヒスパニア・レーシング    

【F1開幕戦 バーレーンGP フリー走行2回目】

Pos.DriverTeamTimeLap
1 ニコ・ロズベルグ メルセデスGP 1'55"409 23
2 ルイス・ハミルトン マクラーレン 1'55"854 22
3 ミハエル・シューマッハ メルセデスGP 1'55"903 23
4 ジェンソン・バトン マクラーレン 1'56"076 28
5 セバスチャン・ベッテル レッドブル 1'56"459 18
6 ニコ・ヒュルケンベルグ ウィリアムズ 1'56"501 26
7 フェリペ・マッサ フェラーリ 1'56"555 30
8 ヴィタリー・ペトロフ ルノー 1'56"750 26
9 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1'57"140 25
10 ペドロ・デ・ラ・ロサ BMWザウバー 1'57"255 24
11 小林可夢偉 BMWザウバー 1'57"352 27
12 エイドリアン・スーティル フォース・インディア 1'57"361 29
13 ルーベンス・バリチェロ ウィリアムズ 1'57"452 21
14 ヴィタントニオ・リウッツィ フォース・インディア 1'57"833 29
15 ロバート・クビサ ルノー 1'58"155 29
16 ハイメ・アルグエルスアリ トロ・ロッソ 1'59"799 31
17 マーク・ウェバー レッドブル 2'00"444 12
18 ヘイキ・コバライネン ロータス 2'00"873 23
19 ヤルノ・トゥルーリ ロータス 2'00"990 14
20 ティモ・グロック ヴァージン 2'02"237 3
21 ルーカル・ディ・グラッシ ヴァージン 2'02"188 21
22 ブルーノ・セナ ヒスパニア・レーシング 2'06"968 17
23 セバスチャン・ブエミ トロ・ロッソ   1
24 カルン・チャンドック ヒスパニア・レーシング    

11番手の可夢偉はバンピーなコースで終始跳ねまくるマシンを押さえつけて走行していたが、このままでは決勝で入賞することは難しそうだ。次のフリー走行では、なんとか当たりのセッティングを見つけて欲しい。

|

« 佐藤琢磨のプレローンチサイトオープンのお知らせ | トップページ | F1 開幕戦 バーレーンGP予選:ベッテルがポール、可夢偉は16番手 »

■F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 佐藤琢磨のプレローンチサイトオープンのお知らせ | トップページ | F1 開幕戦 バーレーンGP予選:ベッテルがポール、可夢偉は16番手 »