« 2010年 F1参戦リストに中嶋一貴のステファンGPは見当たらず! | トップページ | SuperGT 鈴鹿公式テスト 初日:ウィダーHSV-010が初のトップ »

2010年3月 5日 (金)

F1 ヒスパニア・レーシング 2010年 ニューマシンを発表

ヒスパニア・レーシング・F1チーム(HRT)は、3月4日、ムルシアで新体制発表会を実施し、ブルーノ・セナとカルン・チャンドックの2人のドライバーが参加のもと、F1マシンを初公開した。

ヒスパニア・レーシング・F1チームは、ホセ・ラモン・カラバンテがカンポス・メタ1のチーム株式を買収して新設したチームで、昨日のFIA発表のF1参戦リストでそのチーム名称の変更が認められたばかり。

F1_hrt_20100305a F1_hrt_20100305c

ニューマシンは、イタリアのレーシングカー・コンストラクター、ダラーラによって設計され、トレンドとなっているVノーズやサイドポッドフィンなどが施されてはいるが、全体的に非常にシンプルなエアロデザインとなっている。カラーリングは、ダークグレイを基調に白と赤のアクセントが入っており、セナのスポンサーであるエンブラテルのロゴを除いてほぼ空白で、フロントウイングマウント部のスペイン国旗が印象的である。コスワース製エンジンとXtrac製ギアボックスを搭載している。

■カルン・チャンドック
インド国籍26才。2007年から2009年までGP2に参戦し、ドライバーズ選手権2008年は10位、2009年は18位で、2008年にはブルーノ・セナのチームメートであった。

公式HP:http://www.karunchandhok.com/
ブログ:http://www.karunchandhok.com/blog.html
Twitter:http://twitter.com/karunchandhok

【ヒスパニア・レーシング・F1チーム新体制発表会(動画)】

バーレーンGP開幕戦まで残り1週間あまりの時点で、HRTの様になんとか参戦に漕ぎ着けたチームがいる一方で、USF1の様に参戦を諦めたチームがいる。ロータスやヴァージンも含め、新規参入のハードルはかなり高い。
シーズン開幕前までテストが禁止されていることから、HRTマシンが最初に走行するのは、バーレーンの金曜フリー走行となるが、ぶっつけ本番で実際に走行出来るかも少々疑問だ。

|

« 2010年 F1参戦リストに中嶋一貴のステファンGPは見当たらず! | トップページ | SuperGT 鈴鹿公式テスト 初日:ウィダーHSV-010が初のトップ »

■F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2010年 F1参戦リストに中嶋一貴のステファンGPは見当たらず! | トップページ | SuperGT 鈴鹿公式テスト 初日:ウィダーHSV-010が初のトップ »