« SuperGT レガシィB4のR&D SPORTが体制発表 | トップページ | タミヤ新製品案内 2010年4月号 »

2010年3月 2日 (火)

2010年FIA GT1世界選手権 NISSAN GT-Rがパリでアンベール

2010年から開催されるFIA GT1世界選手権の公式発表会が3月1日、フランス・パリのフランス自動車クラブで行われた。その後同市内のバンドーム広場で出場車両がアンベールされ、SUMO POWER GTSWISS RACING TEAMから同選手権にエントリーする2台のNISSAN GT-Rがはじめて報道関係者および一般にお披露目された。

■眞田裕一(日産自動車グローバルモータースポーツプログラムダイレクター兼任ニスモ社長)
「日産がおよそ20年ぶりに世界選手権に復帰することになり、非常に感激しています。この新しいFIA GT1世界選手権は、日産の技術の象徴であるNISSAN GT-Rにとって理想的な活躍の場と言えます。私たちのパートナーとして今年GT-Rを世界中で走らせるSUMO POWER GTとSWISS RACING TEAMは、新しい世界選手権に向けての準備を着々と行っています。今から4月のアブダビラウンドが楽しみです」

■カール・ヴェンドリンガー(SWISS RACING TEAM No.3 元F1ドライバー)

「私は長い間FIA GT選手権に出場してきましたが、今年から世界選手権になるということに、非常にワクワクしています。NISSAN GT-Rをドライブすることは、とても嬉しいです」と挨拶した。

パリの観光名所のひとつであるバンドーム広場には選手権に参加する6メーカー、12チームから1台ずつ、合計12台のFIA GT1仕様車が集結。1台ずつボディカバーがアンベールされ、各車のスポンサーロゴや独自のカラーリングを披露した。SUMO POWER GTの23号車、SWISS RACING TEAMの3号車がフルカラーリングで初めて姿を現し、それぞれドライバーのミハエル・クルム(ドイツ)とピーター・ダンプレック(英国)、カール・ヴェンドリンガーがカメラマン達の要求に応えて写真に納まった。

Fiagt_gtr_sumopower_gt_20100302a Fiagt_gtr_sumopower_gt_20100302b No.23 両サイドとリアのロゴと天井の英国国旗が特徴
 
Fiagt_gtr_swiss_20100302a No.3 スイスのウィリアム・テルにちなみ天井には矢に射られたリンゴが特徴

SUMO POWER GTの22号車、SWISS RACING TEAMの4号車のドライバーは近日中に決定し、発表される予定。2月に入ってからSUMO POWER GTは、ポールリカール(フランス)で行われたFIA公式テストに参加し、その後スペインでプライベートテストを実施した。一方、SWISS RACING TEAMはアルガルブ(ポルトガル)とポールリカールで開催されたFIA公式テストに参加しており、両チームともに開幕戦に向けて精力的に準備を進めてきている。

FIA GT1世界選手権は、4月17日にアブダビのヤスマリーナで開幕し、その後9カ国を転戦する。

>> 発表会の模様は、「Photo Report」をご参照ください。

SUMO POWER GTのGT-Rは早くもその名前とインパクトから注目を集めているらしい。ドライバーにも恵まれ、是非クラス・チャンピオンを目指して欲しい。

  • 日産 2010年 グローバルモータースポーツ体制を発表 2010.2.10
  • FIA GT スイスレーシング、GT-Rのドライバーにベンドリンガーとニルソンを起用 2010.1.27
  • NISSAN GT-Rが2010年FIA GT1世界選手権に参戦 2010.1.14
  • |

    « SuperGT レガシィB4のR&D SPORTが体制発表 | トップページ | タミヤ新製品案内 2010年4月号 »

    ■モータースポーツ全般」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    « SuperGT レガシィB4のR&D SPORTが体制発表 | トップページ | タミヤ新製品案内 2010年4月号 »