« タミヤ新製品案内 2010年4月号 | トップページ | F1 ヒスパニア・レーシング 2010年 ニューマシンを発表 »

2010年3月 4日 (木)

2010年 F1参戦リストに中嶋一貴のステファンGPは見当たらず!

FIAは3月3日、参戦を断念したUSF1を除く12チームでの2010年F1参戦リストを発表した。

また、FIAは各種選択肢を検討した結果、開幕戦が切迫したこのような遅い段階で代替チームを参戦させることはできないと名言し、2011年シーズン開幕時の欠員分の候補チーム選考方法については、数日以内に発表する予定であることも明らかにした

ステファンGPからトヨタマシンで2010年の参戦を目指していた中嶋一貴の夢は叶わなかった。

USF1がつける予定だったカーナンバーは、BMWザウバーのペドロ・デ・ラ・ロサが22番小林可夢偉が23番を引継ぐこととなった。

また、カンポスのチーム名からヒスパニア・レーシングF1チーム(HRT F1 TEAM)への変更も認めら、唯一未定となっているブルーノ・セナのチームメイトにはカルン・チャンドックが起用される可能性が高いと見られている。

【2010年F1世界選手権 エントリーリスト (2010年3月3日)】

ドライバーチームコンストラクター
1.ジェンソン・バトン
2.ルイス・ハミルトン
ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス
VODAFONE McLAREN MERCEDES)
マクラーレン・メルセデス
(McLAREN MERCEDES)
3.ミハエル・シューマッハ
4.ニコ・ロズベルグ
メルセデスGPペトロナス フォーミュラワン・チーム
(MERCEDES GP PETRONAS FORMULA ONE TEAM)
メルセデス・ベンツGPリミテッド
(Mercedes Benz GP Limited)
5.セバスチャン・ベッテル
6.マーク・ウェバー
レッドブル・レーシング
(RED BULL RACING)
レッドブル・レーシング ・ルノー
(Red Bull Racing Renault)
7.フェリペ・マッサ
8.フェルナンド・アロンソ
スクーデリア・フェラーリ・マールボロ
(SCUDERIA FERRARI MARLBORO)
フェラーリ
(FERRARI)
9.ルーベンス・バリチェロ
10.ニコ・ヒュルケンベルグ
AT&T ウィリアムズ
(AT&T WILLIAMS)
ウィリアムズ・コスワース
(WILLIAMS COSWORTH)
11.ロバート・クビサ
12.ヴィタリー・ペトロフ
ルノー F1チーム
(RENAULT F1 TEAM)
ルノー
(RENAULT)
14.エイドリアン・スーティル
15.ヴィタントニオ・リウッツィ
フォース・インディア F1チーム
(FORCE INDIA F1 TEAM)
フォース・インディア・メルセデス
(FORCE INDIA MERCEDES)
16.セバスチャン・ブエミ
17.ハイメ・アルグエルスアリ
スクーレリア・トロ ロッソ
(SCUDERIA TORO ROSSO)
STR・フェラーリ
(STR FERRARI)
18.ヤルノ・トゥルーリ
19.ヘイキ・コバライネン
ロータス・レーシング
(LOTUS RACING)
ロータス・コスワース
(LOTUS COSWORTH)
20.TBA
21.ブルーノ・セナ
ヒスパニア・レーシングF1チーム
(HRT F1 TEAM )
HRTコスワース
(HRT Cosworth)
22.ペドロ・デ・ラ・ロサ
23.小林可夢偉
BMWザウバーF1チーム
(BMW SAUBER F1 TEAM)
BMWザウバー・フェラーリ
(BMW Sauber Ferrari)
24.ティモ・グロック
25.ルーカス・ディ・グラッシ
ヴァージン・レーシング
(VIRGIN RACING)
ヴァージン・コスワース
(VIRGIN COSWORTH)

■ジャック・ヴィルヌーヴ(ステファンGPと契約寸前)

「もちろんがっかりしている。クルマには多くのポテンシャルがあった。構造的で十分に発達したプロジェクトだった。ゼロからのスタートではなかったし、競争力があったと思う。きちんと走ることができる新チームだったので残念だが、そういうものだ。今年ドライバー変更があるかもしれない。それにまだ2011年がある」

一貴残念!やはりステファンGPの「ひとりよがり」に終わってしまった。

ステファンGPはUSF1との連携に失敗したのが痛かったが、やはり撤退したトヨタのマシンと組むことにはどのチームも躊躇するだろう。ステファンGPは元々2011年参戦を目指しテストを進めることを宣言しているが、一貴のF1ドライバーの道は、後日発表予定のFIAの2011年欠員分の候補チーム選択方法の内容に左右されるかもしれない。

|

« タミヤ新製品案内 2010年4月号 | トップページ | F1 ヒスパニア・レーシング 2010年 ニューマシンを発表 »

■F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タミヤ新製品案内 2010年4月号 | トップページ | F1 ヒスパニア・レーシング 2010年 ニューマシンを発表 »