« Honda SuperGTサイトでHSV-010 GT情報更新 | トップページ | IRL アラバマ合同テスト最終日:佐藤琢磨は6番手で無事テストを完了 »

2010年2月25日 (木)

IRL アラバマ合同テスト初日:佐藤琢磨は上出来の7番手

IRL インディカー・シリーズの合同テストが、2月24日からアラバマ州のバーバー・モータースポーツ・パークでスタートし、佐藤琢磨は、トータル70周をこなし7番手タイムで初日を終えた。

Irl_kvrt_takuma_sato_20100225c Irl_kvrt_takuma_sato_20100225d

トップタイムを記録したペンスキーのライアン・ブリスコーと琢磨のタイム差は約コンマ6秒で、参加ルーキードライバーの中では最上位。20台中7番手タイムで、チームメートのEJ.ヴィソは6番手、ジェームズ・ロシター(元ホンダのテストドライバーで契約については不明)は13番手だった。

KVレーシングに加入した琢磨が本格的にインディカーのテストに参加するのは今回が最初ながら、3月のシーズン開幕前、最後のテストになる。

また、今年参戦3シーズン目を迎え、ニューマン・ハース・ラニガンに移籍した武藤英紀は10番手だった。

■佐藤琢磨(KV Racing Technology)
「素晴らしい一日になった。KV Racing Technologyのマシンは信頼性が高く、自分がマシンとコースに慣れてからは、走行を大いに楽しめた。インディカーはパワーがあり、ウエイトが大きい。自分にとってパワーのあるマシンは乗ったことのあるものだけれど、ウエイトの大きなオープンホイールは初めて。セブリング・インターナショナル・レースウェイでは乗っただけだったが、今回からはマシンのセッティング変更もして、いろいろ勉強中だ。コースもすばらしい。高速コーナーがいくつもあり、高低差も存在する。午前中は気温や路面温度が低過ぎて難しいコンディションだった。そのためにスロースタートを切るしかなかった。しかし、最終的に我々は初めてのテストを成功させることができたと思う。何種類かのセッティングを試し、それらは私がインディカーというマシンを理解するのに大きく役立った。まだまだマシンは完ぺきと呼ぶにはほど遠いが、KV Racing Technologyのマシンは非常に乗りやすく、実りの多い一日だった

バーバー・モータースポーツ・パークでは、2月25日もテストが行われる。
プラクティス:9:00~12:00、13:00~18:00(米国時間)

長いブランクと初めてのインディカーを考慮すれば、琢磨の7番手スタートは上出来だ!Gフォースと重いステアリングは予想以上だったようだが、琢磨のレースカーに座る姿は実に久しぶりで、熱い想いが込み上げて来る。焦らずじっくり確実にステップアップしていって欲しい。

|

« Honda SuperGTサイトでHSV-010 GT情報更新 | トップページ | IRL アラバマ合同テスト最終日:佐藤琢磨は6番手で無事テストを完了 »

■IRL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Honda SuperGTサイトでHSV-010 GT情報更新 | トップページ | IRL アラバマ合同テスト最終日:佐藤琢磨は6番手で無事テストを完了 »