« F1 レッドブル 2010年 ニューマシン RB6を発表 | トップページ | F1 ヘレス合同テスト2日目:やったぜ、小林可夢偉がトップタイム! »

2010年2月11日 (木)

F1 ヘレス合同テスト初日:メルセデスGPのニコ・ロズベルグがトップタイム

F1合同テストのシーズン第2段がスペインのヘレスサーキットで2月10日にスタートした。初日のヘレスは、開始から1時間後にが降り出し、ウエットタイヤでの走行となった。雨が降り出す前にメルセデスGPの二コ・ロズベルグが1分20秒927をマークし、この日のトップタイムとなった。

F1_mercedes_gp_20100210

【テスト参加チーム】
前回のバレンシアに参加したフェラーリ、マクラーレン、メルセデスGP、ルノー、ウィリアムズ、ザウバー、トロ・ロッソの7チームに加え、今回はレッドブル、フォース・インディア、ヴァージン・レーシングの3チームが初参加し、合計10チームのテストとなった。

【初テストチームの状況】

■レッドブルRB6は、マーク・ウェバーがドライブし、47周目にオイル漏れによって停止。エンジン交換に時間がかかり、復帰後3周の合計50周しか走行することができなかった。

■フォース・インディアVJM03は、ヴィタントニオ・リウッツィが71周(300km以上)をトラブルフリーで走り切り、まずまずのスタートを切った。

■ヴァージン・レーシングVR-01は、火曜日のよるにスペインに到着した新しいパーツの装着に時間がかかり、午後からティモ・グロックがウェットの中、インストレーションラップをメインとしたため、タイム計測は5周に留まった。

F1_sauber_kamui_20100210

小林可夢偉は、ほとんどのセッションをインターミディエイトで55周を走行して5番手タイムだったが、雨天のため予定していたメカニカルなテストと空力の確認テストはスキップし、セットアップ確認やシステムのチェック、スタート練習などを行った。

【F1 ヘレス合同テスト 初日結果】

Pos.DriverTeamMaschineTimeLap
1 ニコ・ロズベルグ メルセデスGP MGP W01 1'20"927 57
2 セバスチャン・ブエミ トロ・ロッソ STR5 1'21"031 84
3 ニコ・ヒュルケンベルグ ウィリアムズ FW32 1'22"234 118
4 フェルナンド・アロンソ フェラーリ F10 1'22"895 88
5 小林可夢偉 ザウバー C29 1'23"287 55
6 ジェンソン・バトン マクラーレン MP4-25 1'24"947 68
7 ヴィタントニオ・リウッツィ フォース・インディア VJM03 1'24"968 71
8 ヴィタリー・ペトロフ ルノー R30 1'25"440 27
9 マーク・ウェバー レッドブル RB6 1'26"502 50
10 ティモ・グロック ヴァージン・レーシング VR-01 1'38"734 5

■ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)
「クルマの状態はとても良かった。バレンシアではシートポジションが低すぎて視界が良くなかった上にセッティングも十分でなかった。でも、今日は快適だったし、プッシュすることもできた。良いテストのスタートとなった」

■ビタントニオ・リウッツィ(フォース・インディア)
「ドライでの走行はたったの3周だったけど、テストを通じて大きな問題がなく、マシンに慣れ、各システムのチェックをするということは予定通りに行えたので、非常にいい感じ」

■ティム・グロック(バージンレーシング)
「こうしてクルマをドライブしに戻ってこられるのはうれしいこと。まだまだ日数が少ないけど、こうしてここまで経験したことには勇気づけられる。最初のテストにも関わらず、信頼性の問題は起きなかったからね。徹夜してがんばってくれたチームのみんなには感謝したい、今日はよく寝られると思う。明日はペースアップして作業を進めていきたい」

10チームが揃ったヘレステストは雨が降り出す前にタイムを出したチームが上位を占めたため、タイムはそのまま比較は出来ない。明日のドライでの可夢偉のタイムに期待。

|

« F1 レッドブル 2010年 ニューマシン RB6を発表 | トップページ | F1 ヘレス合同テスト2日目:やったぜ、小林可夢偉がトップタイム! »

■F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« F1 レッドブル 2010年 ニューマシン RB6を発表 | トップページ | F1 ヘレス合同テスト2日目:やったぜ、小林可夢偉がトップタイム! »