« 2010 EPSON HSV-010 GT デザイン決定 | トップページ | F1 バルセロナ合同テスト最終日:ハミルトンが4日間最速、可夢偉は8番手 »

2010年2月28日 (日)

F1 バルセロナ合同テスト3日目:トップはロズベルグ、可夢偉は10番手

スペインのカタルニア・サーキットで行われたF1合同テストの3日目は、朝から雨に悩まされる難しいコンディションとなったが、雨が降り出す前にメルセデスGPのニコ・ロズベルグ3日間を通しての最速タイム1分20秒686をマークした。

F1_mercedes_gp_rosberg_20100228 F1_sauber_kamui_20100228

2番手は、トロロッソのセバスチャン・ブエミ。3番手は、マクラーレンのジェンソン・バトンが続いた。

BMWザウバーの小林可夢偉はターン5のヘアピンのブレーキングゾーンでコースアウトを喫し、グラベルにはまったものの、無事にコースに復帰している。
難しいコンディションの中、レースシミュレーションに取り組んだ可夢偉は105周のラップを重ね、10番手につけた。雨による各種作業の向上には満足した様子だが、翌日の天候回復を望んでいる。

オフシーズンのテストはいよいよ明日が最終日となる。

【F1 バルセロナ合同テスト3日目結果 (2月27日)】

Pos.DriverTeamMaschineTimeLap
1 ニコ・ロズベルグ メルセデスGP MGP W01 1'20"686 128周
2 セバスチャン・ブエミ トロロッソ STR5 1'21"413 106周
3 ジェンソン・バトン マクラーレン MP4-25 1'21"450 105周
4 ルーベンス・バリチェロ ウイリアムズ FW32 1'21"975 101周
5 フェリペ・マッサ フェラーリ F10 1'22"344 115周
6 ビタリー・ペトロフ ルノー R30 1'22"523 68周
7 エイドリアン・スーティル フォース・インディア VJM03 1'22"606 61周
8 セバスチャン・ベッテル レッドブル RB6 1'23"123 51周
9 ヤルノ・トゥルーリ ロータス T127 1'25"059 102周
10 小林可夢偉 BMWザウバー C29 1'26"216 105周
11 ティモ・グロック ヴァージン VR-01 1'26"305 31周

■ステファンGPの最新情報
ステファンGPのゾラン・ステファノヴィッチ代表は、USF1と進めていた合併交渉は、USF1のチャド・ハーリーからのポジティブなオファーがあったにも関わらず、他の投資家によって完全に決裂したことを明らかにした。

ジャック・ヴィルヌーヴのステファンGPでのシート合わせ:3月1日
・2代目のマシン完成:3月2日
・ステファンGPのF1マシン「S-01」メディア発表:3月3日
・リザーブドライバー:GP2のパストール・マルドナード

ステファンGPはブリヂストンからタイヤを得ることができず、ポルティマオで計画していたテストを断念したが、過去にF1へタイヤを供給し、F2の単独タイヤサプライヤーであるエイボンのタイヤを使用して、発表会とシェイクダウンを行うことに決定したようだ。

天候の関係か、可夢偉のタイムはの伸びなかったものの、105周のラップを重ね、やるべきテストはこなせたようだ。
テスト残り1日の段階で、バーレーン開幕戦で大幅な空力アップデードを予定しているメルセデスGPが3日間の最速タイムを出してきていることにも注目したい。

|

« 2010 EPSON HSV-010 GT デザイン決定 | トップページ | F1 バルセロナ合同テスト最終日:ハミルトンが4日間最速、可夢偉は8番手 »

■F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2010 EPSON HSV-010 GT デザイン決定 | トップページ | F1 バルセロナ合同テスト最終日:ハミルトンが4日間最速、可夢偉は8番手 »