« F1 ヴァージン 2010年 ニューマシン VR-01を発表 | トップページ | 2010年 ル・マン24時間 エントリー発表 »

2010年2月 4日 (木)

F1 バレンシア合同テスト3日目:フェラーリ、 ザウバーが3日間連続1-2

F1バレンシア合同テストが2月3日、スペインのリカルド・トレモ・サーキットで3日目の最終日を迎え、フェラーリF10初ドライブとなったフェラーリのフェルナンド・アロンソ1分11秒470のトップタイムを記録し、3日間の合同テストの最速タイムをマークした。

2番手タイムは、ザウバーのペドロ・デ・ラ・ロサの1分12秒094で、2日目のチームメイト小林可夢偉のタイムを上回ることは出来なかった。

F1_mercedes_gp_schumacher_20100203 F1_macraren_button_20100203

赤のヘルメットがマシンと合わないシューマッハ(左)と3日間総合10番手と振るわないバトン(右)

3番手はミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)。4番手以降は、ハイメ・アルグエルスアリ(トロ・ロッソ)、ジェンソン・バトン(マクラーレン)、ヴィタリー・ペトロフ(ルノー)、ニコ・ヒュルケンベルグ(ウィリアムズ)と今年初テストのドライバーが並んだ。

フェラーリは3日連続トップ、ザウバーが3日連続2番手となった。3日間合計でもフェラーリが1-2となり、BMWザウバーの小林可夢偉が総合3番手につける結果となった。

テストは2月3日で一旦終了。次回のテストは、舞台を同じスペインのヘレスに移して2月10日から行われる。

【F1バレンシアテスト 3日目結果】

Pos.DriverTeamTimeLap
1 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1'11"470 127
2 ペドロ・デ・ラ・ロサ BMWザウバー 1'12"094 80
3 ミハエル・シューマッハ メルセデスGP 1'12"438 82
4 ハイミ・アルグエルスアリ トロロッソ 1'12"576 97
5 ジェンソン・バトン マクラーレン 1'12"951 82
6 ビタリー・ペトロフ ルノー 1'13"097 75
7 ニコ・ヒュルケンベルグ ウイリアムズ 1'13"669 126

【F1バレンシアテスト 総合結果】

Pos.DriverTeamTimeDay Side View
1 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1'11"470 3日目 F1_2010_comp_7car_20100204  
2 フェリペ・マッサ フェラーリ 1'11"722 2日目
3 小林可夢偉 BMWザウバー 1'12"056 2日目
4 ペドロ・デ・ラ・ロサ BMWザウバー 1'12"094 3日目
5 ルイス・ハミルトン マクラーレン 1'12"256 2日目
6 ロバート・クビカ ルノー 1'12"426 2日目
7 ミハエル・シューマッハ メルセデスGP 1'12"438 3日目
8 ハイミ・アルグエルスアリ トロロッソ 1'12"576 3日目
9 ニコ・ロズベルグ メルセデスGP 1'12"899 2日目
10 ジェンソン・バトン マクラーレン 1'12"951 3日目
11 ビタリー・ペトロフ ルノー 1'13"097 3日目
12 ルーベンス・バリチェロ ウイリアムズ 1'13"377 2日目
13 ニコ・ヒュルケンベルグ ウイリアムズ 1'13"669 3日目
14 セバスチャン・ブエミ トロロッソ 1'13"823 2日目
15 ゲイリー・パフェット マクラーレン 1'13"846 1日目

3日間の総合タイムの順に各チームのマシンを上から並べ、そのサイドビューを比較して見たが、現時点では、フロントとリアの形状とタイムとの明確な傾向を見つけることは出来ない。全てのマシンが出揃ってから再度検証することとする。

シューマッハ、ハミルトンやバトン擁するメルセデスエンジン勢を押さえて、アロンソやマッサ擁するフェラーリエンジン勢が好調なスタートを切ったことは、今季のF1がよりスリリングでエキサイティングなものになるという希望がにつながる。
デ・ラ・ロサがマシンを仕上げ、可夢偉が上位タイムを出すというザウバー期待のコンビも、大いに期待できる。
4人のチャンピオン経験ドライバーのバトルに喰らいつく可夢偉の姿を想像するだけで、今から胸がドキドキする。

|

« F1 ヴァージン 2010年 ニューマシン VR-01を発表 | トップページ | 2010年 ル・マン24時間 エントリー発表 »

■F1」カテゴリの記事

コメント

そろそろシーズンに向けて始動してきた感じですね!
ザウバーの好走には懐疑的な意見もありますが、やはり日本のF1ファンは期待してしまいますよね。頑張って欲しいなぁ。。。

投稿: 万歳♪ | 2010年2月 4日 (木) 21時35分

●はい、いよいよ動き出しましたね。

今年は決勝レース以外は燃料をどれだけ積んでるのかは、どのチームも分からないので、タイムはあまりあてにならないですね。
もちろん、決勝を見据えて、燃料満タンから空っぽのトータルで安定したマシンを仕上げないと意味ないのですが。

ザウバーは、より良いスポンサーを見つけるために、少し燃料軽めでタイムを稼いで、注目を集める必要がありますから。良いスポンサーが付けば、資金的にもマシン開発が進むので、可夢偉も上位で走れると思います。

でも可夢偉への期待は、日本人だけでもないようですよ。ほんと頑張って欲しいです。

投稿: Yasshi | 2010年2月 5日 (金) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« F1 ヴァージン 2010年 ニューマシン VR-01を発表 | トップページ | 2010年 ル・マン24時間 エントリー発表 »