« 日産 2010年 グローバルモータースポーツ体制を発表 | トップページ | F1 ヘレス合同テスト初日:メルセデスGPのニコ・ロズベルグがトップタイム »

2010年2月11日 (木)

F1 レッドブル 2010年 ニューマシン RB6を発表

レッドブルは、F1ヘレス合同テスト初日となる2月10日に参加し、セッション開始前にピットレーンで新車「RB6」を発表した。

F1_redbull_20100210f F1_redbull_driver_20100210

レッドブルはRB6の開発に専念するために前回バレンシアで行われたテストを欠席しており、今回のヘレステストが初テストとなる。

F1_redbull_20100210c

空力の奇才エイドリアン・ニューウェイ設計によるRB6は、二層ディフューザをはじめ、昨年のコンセプトの進化版のようにみえるが、極端なVノーズ・ソリューションを採用しており、ライバルのマシンと同じく、作りこまれたサイドポッドとシャークフィン・エンジンカバーを搭載している。

フロント・ウィング:重層されたウィングは、先端が翼端渦流を抑制するために丸くなっているものの、RB5とほぼ同じで、フロント・ウィングのエンドプレートは、これまで発表されたマシンの中で最もシンプル。シーズン開幕前に新しいフロント・ウィングが導入される可能性が高い。

ノーズコーン:やや幅が広くなっているが、依然として下面は丸く、上部のふたつの耳はやや短くなってはいるものの残っており、ステアリングアームは以前よりやや低い位置に変更されている。

サイドポッド:かなり大きな燃料タンクを設置したにもかかわらず、依然として大きくアンダーカットされており、前側部分もほとんど変わっておらず、冷却口は去年と同じに見える。

ヘレスでのRB6の初テストはマーク・ウェバーがまずは2日間担当し、3日目からはセバスチャン・ベッテルが引き継ぐ予定。

【セバスチャン・ベッテル Q&A】

F1_redbull_vettel_helmet_20100210クルマはどう?
クルマは昨年と比べて完全に違って見えるし、昨年マシンよりも一層進化していると思う。とても興味深いし、とても素晴らしい。特にカバーの下はね。最も重要なことは、早くて信頼性があることだし、今後数日で確かめるつもりだ。

給油なしでのレースは?
非常にマシンが重いレースの序盤はかなりタフになるだろう。ピットストップはかなり短くなるし、問題はタイヤのためにどれくらい多くのことをする必要があるかだ。

今年チャンピオンシップを争うのは誰?
F1には1人や2人だけでなく優れたドライバーがたくさんいるので、誰が争って、誰がチャンピオンシップ争いのポジションから落ちるかわからない。マクラーレンフェラーリはすでにとても競争力がありそうだし、ミハエルのメルセデスもいる。面白いシーズンになるだろうね。

ルノーエンジンのパフォーマンスについては
昨年は信頼性にいくつか問題があって楽ではなかった。終盤、マイレージは限られたし、妥協を強いられたけど、なんとかペナルティを受けずにシーズンを過ごすことができた。それはとても良いことだったし、信頼性にもう問題がないことがわかった。パフォーマンス面では悪く思えるときもあったので、様子を見てみるつもりだ。自信はあるし、エンジンの弱点を恐れる理由はないよ。

今年のマシンRB6は昨年から大きくは変わっていない様だが、ベッテルが優勝候補の1人であることは間違いない。全てはルノーエンジンの出来に懸かっているのでは?

Casio_edifice_eqwm710_20100210 2010年レッドブル・レーシングチームのオフィシャルチームウオッチとなったCasioの“EDIFICE”

|

« 日産 2010年 グローバルモータースポーツ体制を発表 | トップページ | F1 ヘレス合同テスト初日:メルセデスGPのニコ・ロズベルグがトップタイム »

■F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日産 2010年 グローバルモータースポーツ体制を発表 | トップページ | F1 ヘレス合同テスト初日:メルセデスGPのニコ・ロズベルグがトップタイム »