« F1 ヘレス合同テスト2日目:ウィリアムズのバリチェロがトップ、ロータスはクラッシュ | トップページ | F1 ヘレス合同テスト3日目:マーク・ウェバーがトップ、可夢偉は燃料トラブルで8番手 »

2010年2月19日 (金)

2010年Hondaモータースポーツ活動の概要

Hondaが2月19日、2010年のモータースポーツ活動概要を発表したので、4輪を中心に簡単にメモしておきます。

Hondaは、チャレンジングスピリットの象徴であるモータースポーツ活動に対し、創業当時から世界の頂点を目指して様々なレースカテゴリーに挑戦してきました。昨年は、ロードレース世界選手権(WGP)のマン島T.T.レースへの初出場から50年の節目を迎えました。Hondaは、これまでに培ったノウハウとチャレンジングスピリットを持って、それぞれのカテゴリーでより多くのお客様の期待に応え、喜んでいただけるモータースポーツ活動を展開し、そこから生まれる夢と感動をお客様と共有して参ります。

1.モータースポーツ参戦体制

○二輪のモータースポーツ活動
ロードレース世界選手権シリーズ(WGP)の最高峰MotoGPクラスは、ワークスチームである「レプソル・ホンダ・チーム」のダニ・ペドロサとアンドレア・ドヴィツィオーゾに加え、サテライトチームからは3チーム4名のライダーが参戦します。投入するマシンの“RC212V”は、熟成を重ねより一層戦闘力を高めたモデルを開発。チーム体制とマシンの双方を強化し、ライダー、コンストラクター、チームタイトルの3冠獲得に挑戦いたします。
また、WGPには今シーズンからMoto2クラスが新設されます。Hondaはこのカテゴリーにおいて、唯一のオフィシャルエンジンサプライヤーとして参画いたします。エンジンは、市販スーパースポーツ車“CBR600RR”の直列4気筒エンジンをベースに、Moto2専用に開発したエンジンを全チームに供給します。
トライアル世界選手権シリーズ(WCT)には、「レプソル・モンテッサ・ホンダ」が参戦。圧倒的な強さを発揮するトニー・ボウとベテラン日本人ライダーの藤波貴久の2名体制で、昨シーズンに引き続き、ライダーズタイトルとマニュファクチャラーズタイトルの2冠を狙います。
その他、鈴鹿8時間耐久ロードレース、全日本選手権の各カテゴリー、そして海外の選手権など幅広いレース活動を展開し、それぞれ頂点を目指し戦って参ります。

○四輪のモータースポーツ活動
北米地域において、2003年より参戦し、2006年より唯一のエンジンサプライヤーとなったIRL インディカー・シリーズにおいて、今年も100%エタノール燃料のHondaV8エンジン“HI10R”を全チームに供給します。IRLに参戦する日本人ドライバーとしては、武藤英紀が「ニューマン・ハース・ラニガン・レーシング」に移籍し、またF1で活躍した佐藤琢磨が今シーズンより「ケーブイ・レーシング・テクノロジー」から参戦します。
国内では、SUPER GTシリーズにおいて、新型車“HSV-010 GT”を投入し、5チーム5台体制で参戦します。「Honda GTプロジェクト」として、(株)本田技術研究所が主体となってマシンを開発し、(株)M-TECと(株)童夢の協力のもと、新型車参戦初年でのタイトル獲得を目指します。
昨シーズン、ドライバーとチームのダブルタイトルを獲得したフォーミュラ・ニッポンでは、3.4L V8エンジン“HR10E”を、3チーム5台に供給します。
また、国内外の頂点レースで表彰台を競えるドライバーの育成を目的に、「Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)」として、若手選手の輩出に積極的に取り組みます。「鈴鹿サーキットレーシングスクール カート(SRS-K)」「鈴鹿サーキットレーシングスクール フォーミュラ(SRS-F)」のレーシングスクールや、「フォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ)」「全日本F3選手権」「フォーミュラ・ニッポン」を通して、活動して参ります。

2.モータースポーツの普及
(株)モビリティランドは、今後もレースの開催や「見て、遊んで、体感する」場と機会の創出に積極的に取り組み、日本のモータースポーツ文化のさらなる発展に寄与して参ります。
ツインリンクもてぎでは「ロードレース世界選手権シリーズ第2戦 日本グランプリ」「トライアル世界選手権シリーズ第3戦 日本グランプリ」を開催。また、鈴鹿サーキットでは「2010 F1世界選手権シリーズ第16戦 日本グランプリ」を開催。二輪、四輪それぞれの最高峰レースをはじめ、国内外の様々なモータースポーツを観戦し、体感いただく機会を提供して参ります。

■モビリティランドが開催する主な国際レース

カテゴリー 開催日程 大会名 開催会場
WGP 4月23日(金)~25日(日) 2010 FIMロードレース世界選手権シリーズ
第2戦 日本グランプリ
ツインリンクもてぎ
(栃木県)
WCT 6月5日(土)~6日(日) 2010 FIMトライアル世界選手権シリーズ
第3戦 日本グランプリ
ツインリンクもてぎ
(栃木県)
EWC 7月22日(木)~25日(日) FIM世界耐久選手権シリーズ
第3戦 鈴鹿8時間耐久ロードレース
鈴鹿サーキット
(三重県)
IRL 9月17日(金)~19日(日) 2010 IRL インディカー・シリーズ
第16戦 インディジャパン300マイル
ツインリンクもてぎ
(栃木県)
F1 10月8日(金)~10日(日) 2010 F1世界選手権シリーズ
第16戦 日本グランプリ
鈴鹿サーキット
(三重県)

《四輪参戦体制概要》

IRL インディカー・シリーズ

チーム名 ナンバー ドライバー 年齢 国籍 2009年の戦績
ニューマン・ハース・ラニガン・レーシング
(Newman/Haas/Lanigan Racing)
武藤 英紀
(Hideki Mutoh)
27 日本・東京都 IRL 11位
ケーブイ・レーシング・テクノロジー
(KV Racing Technology)
佐藤 琢磨
(Takuma Sato)
33 日本・東京都

SUPER GT

チーム名 ナンバー ドライバー 年齢 国籍 2009年の戦績
オートバックス・レーシング・チーム・アグリ
(AUTOBACS RACING TEAM AGURI)
8 ラルフ・ファーマン
(Ralph Firman)
34 イギリス GT500 2位
井出 有治
(Yuji Ide)
35 日本・埼玉県 GT500 13位
ケーヒン リアル レーシング
(KEIHIN REAL RACING)
17 金石 年弘
(Toshihiro Kaneishi)
31 日本・大阪府 GT500 5位
塚越 広大
(Kodai Tsukakoshi)
23 日本・栃木県 GT500 5位
ウイダー ホンダ レーシング
(weider Honda Racing)
18 小暮 卓史
(Takashi Kogure)
29 日本・群馬県 GT500 6位
ロイック・デュバル
(Loic Duval)
27 フランス GT500 16位
エプソン・ナカジマ・レーシング
(EPSON NAKAJIMA RACING)
32 道上 龍
(Ryo Michigami)
36 日本・奈良県 GT500 6位
中山 友貴
(Yuhki Nakayama)
22 日本・石川県 GT500 16位
チームクニミツ
(Team Kunimitsu)
100 伊沢 拓也
(Takuya Izawa)
25 日本・東京都 GT500 2位
山本 尚貴
(Naoki Yamamoto)
21 日本・栃木県 F3 Nクラス
チャンピオン

フォーミュラ・ニッポン

チーム名 ナンバー ドライバー 年齢 国籍 2009年の戦績
ドコモ チーム ダンディライアン レーシング
(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
1 ロイック・デュバル
(Loic Duval)
27 フランス FN チャンピオン
2 伊沢 拓也
(Takuya Izawa)
25 日本・東京都 FN 8位
エイチ エフ ディー ピー レーシング
(HFDP RACING)
10 塚越 広大
(Kodai Tsukakoshi)
23 日本・栃木県 FN 7位
ナカジマ レーシング
(NAKAJIMA RACING)
31 山本 尚貴
(Naoki Yamamoto)
21 日本・栃木県 F3 Nクラス
チャンピオン
32 小暮 卓史
(Takashi Kogure)
29 日本・群馬県 FN 4位

全日本F3選手権
全日本F3選手権 C(チャンピオン)クラスに、「トダ レーシング」がHondaエンジンをベースとした“MF204C”を搭載し参戦します。

人材の育成:フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
国内外で活躍する有能な若手ドライバーの発掘・育成を目的に、人材育成プログラム「Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)」を展開しています。今シーズンは、フォーミュラ・ニッポンに参戦する1名と、全日本F3選手権 N(ナショナル)クラスに参戦する2名、そしてBritish F3 International(英国F3)に参戦する1名のドライバーをそれぞれサポートしています。
2009年、全日本F3 Nクラスチャンピオンを獲得した山本尚貴は、SUPER GTおよびフォーミュラ・ニッポンに、フォーミュラチャレンジ・ジャパンのチャンピオンを獲得した三浦和樹は、全日本F3 Nクラスにそれぞれステップアップして参戦します。

カテゴリー チーム名 ドライバー 年齢 出身地 2009年の戦績
フォーミュラ・
ニッポン
エイチ エフ ディー ピー レーシング
(HFDP RACING)
塚越 広大
(Kodai Tsukakoshi)
23 栃木県 FN 7位
全日本F3
Nクラス
エイチ エフ ディー ピー レーシング
(HFDP RACING)
小林 崇志
(Takashi Kobayashi)
22 広島県 F3 Nクラス 4位
三浦 和樹
(Kazuki Miura)
21 岩手県 FCJ チャンピオン
英国F3 ライコネン ロバートソン レーシング
(Raikkonen Robertson Racing)
中嶋 大祐
(Daisuke Nakajima)
21 愛知県 英国F3 7位

また、「世界で活躍する有能な若手ドライバーの発掘と育成」を目的に、自動車メーカー3社が協力して設立した、ジュニア・フォーミュラレース「フォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ)」に引き続き協力していくとともに、スカラシップとして4名のドライバーの参戦をサポートします。

SuperGTのDOMEチームの名称が「ウイダー ホンダ レーシング(weider Honda Racing)」に決定した。ウイダーは森永製菓がサプリメント商品をはじめ、アスリートからさまざまなスポーツイベントをサポートする事業を行うブランド。HSV-010 GTのカラーリングは以下のロゴカラーが反映されるのでは?偶然にもKEIHIN REALのメタリックブルーと同色だ。

Sgt_weider_logo_20100219 Sgt_keihin_hsv010_20100216

|

« F1 ヘレス合同テスト2日目:ウィリアムズのバリチェロがトップ、ロータスはクラッシュ | トップページ | F1 ヘレス合同テスト3日目:マーク・ウェバーがトップ、可夢偉は燃料トラブルで8番手 »

■SuperGT」カテゴリの記事

■モータースポーツ全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« F1 ヘレス合同テスト2日目:ウィリアムズのバリチェロがトップ、ロータスはクラッシュ | トップページ | F1 ヘレス合同テスト3日目:マーク・ウェバーがトップ、可夢偉は燃料トラブルで8番手 »