« TT-01対応 フロントミッドシップ・コンバージョンキット登場! | トップページ | タミヤ新製品案内 2010年2月号 »

2010年1月 6日 (水)

SuperGT300 松田秀士がアストンマーティン・ヴァンテージのドライバーに決定

最近盛んに情報発信しているAmeba上のブログ「Aspeed」で、SuperGT300クラスに今季参戦予定のアストンマーティン・ヴァンテージのドライバーに松田秀士が決定したと発表した。

Sgt_vantage_astonmartin_20100106

【松田秀士コメント】
「この時期、SGTはストーブリーグ真っ只中。そんな時に、早くもシートが決定しているなんて、ボクは三国一の幸せモノ。毎年、今年は乗れるのか? という不安を打ち消すようにトレーニングしているものですが、今年はそんなことも考えずにオフトレに集中できます」

松田はF3000などのフォーミュラレースをはじめハコでも数々の勝利を重ねてきた大ベテラン(55歳)。JGTC/スーパーGTにも初年度から参戦し続けており、2009年はJLOCのtriple a GALLARDO RG-3で参戦し25位。スポンサーであるトリプルエー出版ともJLOC時代から関係が深い。

Sgt_gallardo_rg3_20100106 JLOC triple a GALLARDO RG-3

松田秀士公式サイト:http://www.matsuda-hideshi.com/
松田秀士ブログ:http://indy500.blog.shinobi.jp/

■マシン名:triple a Vantage GT2(予定)

当アストンマーチンは昨年のアジアン・ル・マン岡山にも登場するなど、ヨーロッパをはじめとしたGTレースで使用されており、テスト走行もすでに済ませている。

■スポンサー:これまでサードやJLOCをサポートしてきたパチンコ・パチスロ情報誌“でちゃう!”のトリプルエー出版

■2人目のドライバー:未発表(シェイクダウン時には桧井保孝がドライバーを務めていた)

Aspeedのブログは昨年12月から日々チェックしているが、モータースポーツファンとしては興味深い内容もあり、更新頻度も高い。今季の活躍に期待したい。

|

« TT-01対応 フロントミッドシップ・コンバージョンキット登場! | トップページ | タミヤ新製品案内 2010年2月号 »

■SuperGT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« TT-01対応 フロントミッドシップ・コンバージョンキット登場! | トップページ | タミヤ新製品案内 2010年2月号 »