« SuperGT 鈴鹿合同テストの結果分析(1月19日~21日) | トップページ | F1 メルセデスGP 2010年マシンカラーリングを披露 »

2010年1月23日 (土)

LRP ベクター X12 OCTAワインディング と ストックスペックとは?

Powers JapanよりLRPのブラシレスモーターであるベクターX12 が従来の4タイムワインディングから8タイム(OCTA)のワインディングへと進化し、より高効率となったベクターX12 OCTAワインディング(8.5T~3.5T)とストックレースに最適ベクターX12ストックスペック(21.5T~10.5T)が新発売(1月22日出荷開始)されましたので、メモしておきます。

【ベクター X12 OCTA】

OCTAワインディングタイプ登場!

従来の4タイムワインディングに代わり、今回の新モーターは8タイム(=octa)のワインディングを特徴とします。これによりパワー特性が変化し非常に高いパフォーマンスを得ることが出来ます。LRPの開発チームはモーターに使用されるカッパーワイヤーの本数を増やしました。その結果、低い抵抗値を実現したのです。
オクタワインドによるモーターの発熱の低下によって、エネルギーの損失をより少なくすることが出来、より高い効率を得ることが可能となりました。

Lrp_vector_x12_octa_20100123a

8ワインディング
●分解可能
●イージーソルダーデザイン
●PRECISENSER
TMシステム
●タイミング変更可能
●振動吸収Oリング
●12.5mm Sintered ローター
●ニューパックドスタック
●センサーテクノロジー

★従来品と見分けるポイントはモーター缶にoctaのマーク

●希望小売価格:\11,900本体価格/\12,495税込価格(X12、OCTA、ストックスペック共に共通)

■特徴

ベクター12は全てにおいて全く新しい構造を採用したデザインが特徴です。
調整及び交換可能なPreciSensor システムは新たに開発されたセンサーポジショニングシステムです。これによりパワー、トルク、スロットルレスポンス、効率が更に向上致しました。
こんなブラシレスモーターは世界に2つと存在しない!
モーターは大きく分けて2つの部品で構成され4本のビスによって固定されます。
この構造によって、モーターをシャーシに搭載したまま分解が可能となり、スムーズにローター交換を行うことが可能となりました。(この部分はX12、OCTA及びストックスペック全般に共通の特徴)

それに加え、新開発された12.5mmサイズのSinteredマグネットと強化されたシャフトがモーターのパフォーマンスを更に向上し効率的な中速トルクを生み出します。
細部にわたって拘り完成されたX12ブラシレスモーターがこれからのブラシレスモーターの新しい基準となります!(この部分はX12及びOCTAのみの特徴)

●ベアリングサイズ:10×4×4mm

Lrp_vector_x12_octa_20100123b

タイミングインサート変更方法
●●●●:-10°
●●●
:-5°
●●
○○0
○○○:+5°
○○○○:+10°
+方向に角度をつけるほど回転数がUPしますが、効率性とトルクは減少します。
(角度を+につけるほどギア比は軽く見直す必要があります。)

■スペック

ターン数
8.5T
6.5T
5.5T
5.0T
4.5T
4.0T
3.5T
品番
LR50653
LR50673
LR50683
LR50688
LR50693
LR50703
LR50713
入力電圧
3.7~7.4V
3.7~6.0V
回転数(rpm/min) *1
29,520
38,160
44,640
50,400
55,440
61,920
70,560
KV値(rpm/volt)
4,100
5,300
6,200
7,000
7,700
8,600
9,800
パワー *1
316W
406W
477W
534W
582W
639W
719W
効率 *1
93%
92%
92%
91%
91%
90%
89%
マグネット種類
Sintered 12.5mm X12 (LR50633)
推奨ESC *1
ワインディング
スターワインディング

*1:6セル/7.2Vの数値です。

★従来のX12とX12 OCTAを比較すると、同じターン数では、OCTAは回転数(rpm/min)で2%前後ダウン、KV値(rpm/volt)で100~200ダウン、パワーで9~21Wアップ、効率は殆ど変わっていない。

■推奨ギア比

ジャンル
電圧(V)
8.5T
6.5T
5.5T
5.0T
4.5T
4.0T
3.5T
TC(テクニカルコース)
7.2/7.4
7.3:1
8.0:1
8.5:1
8.9:1
9.5:1
10.5:1
---
TC(ハイスピードコース)
7.2/7.4
6.3:1
7.0:1
7.5:1
7.9:1
8.5:1
9.5:1
---
TC(テクニカルコース)
6.0
6.2:1
7.2:1
7.8:1
8.3:1
8.8:1
9.8:1
10.8:1
TC(ハイスピードコース)
6.0
5.2:1
6.2:1
6.7:1
7.1:1
7.5:1
8.0:1
9.2:1
1/12レーシング
4.8
40.0㎜
36.5㎜
34.0㎜
31.5㎜
29.0㎜
---
---
2WDオフロード
7.2/7.4
8.5:1
10.3:1
---
---
---
---
---
2WDトラックオフロード
7.2/7.4
10.4:1
12.6:1
---
---
---
---
---
4WDオフロード
7.2/7.4
8.9:1
10.8:1
12.0:1
---
---
---
---

【ベクター X12 ストックスペック】

ストックレースの新定番!
X12モーターをベースとしたストックスペックモーターが新登場!
改善されたスロットルレスポンス、高効率とより優れたコントロール性を発揮し、はっきりとしたアドバンテージを体感することができます!

Lrp_vector_x12_stock_spec_20100123a

●分解可能
●イージーソルダーデザイン
●PRECISENSER
TMシステム
●タイミング変更可能
●振動吸収Oリング
●ニューパックドスタック
●センサーテクノロジー
●ニューストックスペックマグネット



●オーバーサイズボーリベアリング仕様
ベアリングサイズ:11×4×4mm  LR50627

Lrp_vector_x12_stock_spec_20100123b

ターン数
21.5T
17.5T
13.5T
10.5T
品番
LR50862
LR50852
LR50842
LR50832
入力電圧
3.7~7.4V
回転数(rpm/min) *1
12,240
15,840
21,960
25,920
KV値(rpm/volt)
1,700
2,200
3,050
3,600
パワー *1
148W
183W
241W
306W
効率 *1
93%
93%
92%
92%
マグネット種類
Sintered 12.45mm X12 ストックスペック (LR50635)
ワインディング
スターワインディング
*1:6セル/7.2Vの数値です。

■推奨ギア比

ジャンル
電圧(V)
21.5T
17.5T
13.5T
10.5T
ツーリングカー
7.4
3.5 : 1
4.0 : 1
6.0 : 1
6.5 : 1
6.0
---
---
---
3.5 : 1
1/12レーシング
4.8
68mm
68mm
53mm
44mm
2WD/4WDオフロード
7.4
5.5 : 1
6.0 : 1
7.0 : 1
8.0 : 1
2WDトラックオフロード
7.4
6.5 : 1
7.0 : 1
8.0 : 1
9.0 : 1

いよいよベクターX12 OCTA及びストックスペックの両方とも出荷が開始された。OCTAの発熱が抑えられるという改良ポイントは評価に値するのでは?ストックスペックは、予約分にて完売しているところもあるらしい。次期購入候補として暫く評価に注目していく。

  • LRP ベクター X12 ブラシレスモーターとは 2009.01.14
  • |

    « SuperGT 鈴鹿合同テストの結果分析(1月19日~21日) | トップページ | F1 メルセデスGP 2010年マシンカラーリングを披露 »

    RC 全般」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    « SuperGT 鈴鹿合同テストの結果分析(1月19日~21日) | トップページ | F1 メルセデスGP 2010年マシンカラーリングを披露 »