« ダカールラリー:サインツらのVW勢が1-2-3フィニッシュ、三橋淳は市販車部門優勝(総合17位) | トップページ | ザウバー、可夢偉のチームメイトはペドロ・デ・ラ・ロサに決定! »

2010年1月18日 (月)

ホンダ HSV-010 GTの全貌がついに正式お披露目

ホンダは1月18日、鈴鹿サーキットで2010年のスーパーGT500クラスに参戦するHSV-010 GTを初めてお披露目し、HSV-010 GTの公式サイトではスペックが公開された。

また、鈴鹿にて明日19日からSuperGTの合同テストが行われるが、HSV-010 GTの5チームの監督、ドライバーも併せて発表された。

Sgt_honda_hsv010_20100118a

Sgt_honda_hsv010_20100118hSgt_honda_hsv010_20100118g

Sgt_honda_hsv010_20100118eSgt_honda_hsv010_20100118f

【瀧敬之介プロジェクトリーダーによる開発のポイント】

  • コンセプト:NSXの歴史で培った技術をもとに、“扱いやすい高性能”を“技術”で創る
  • 目標:NSXを越える究極のコーナリングマシン
  • NSXで培ったフレーム構造:“高剛性”と“素直な特性”を併せ持つ
  • HR10EGエンジン:フォーミュラ・ニッポン用のHR09Eをベースにフリクションや燃焼効率の改善、吸排気系を最適化し、スーパーGT仕様に改良。エキゾースト、キャタライザーの取り回しで、エキゾーストノートと出力を両立させた。
  • 注目の技術:作業性を重視したボンネットピン、フロントウインドウのV字パイプ

Sgt_honda_hsv010_20100118b Sgt_honda_hsv010_20100118c

【Honda HSV-010 GT 車両諸元】

寸法・重量

全長×全幅×全高(m)

4.675×2.000×公表せず

ホイールベース(m)

2.700

車両重量(kg)

1100以上

エンジン

エンジン型式

HR10EG

エンジン種類・シリンダー数及び配置

水冷V型8気筒縦置

Vアングル(°)

90

弁機構

DOHC ギア駆動 吸気2 排気2

総排気量(cm3)

3397

内径×行径(mm)

93.0×62.5

圧縮比

公表せず

最大出力(kW[PS])

370(500)以上

最大トルク(N・m[kg・m])

392(40.0)以上

スロットル制御方式

機械式

燃料供給装置形式

電子制御燃料噴射装置(ホンダPGM-FI)

使用燃料種類

無鉛プレミアムガソリン

潤滑方式

ドライサンプ方式

動力伝達・走行装置

変速機形式

常時噛合式

変速機操作形式

ステアリング パドルシフト式

ステアリング装置形式

ラック&ピニオン式(EPS付)

タイヤ(前・後)

330/40R18・330/45R17

主ブレーキの種類・形式(前/後)

油圧式ベンチレーテッドディスク

サスペンション方式(前/後)

ダブルウィッシュボーン式

スタビライザー形式(前/後)

トーションバー式

【HONDA 2010年 SUPER GT参戦体制】

No.

チーム名ドライバー
8 ARTA ラルフ・ファーマン/井出 有治
17 リアルレーシング(REAL RACING) 金石 年弘/塚越 広大
18 童夢レーシング(DOME RACING) 小暮 卓史/ロイック・デュバル
32 ナカジマレーシング(NAKAJIMA RACING) 道上 龍/中山 友貴
100 チームクニミツ(Team Kunimitsu) 伊沢 拓也/山本 尚貴

いよいよHS-V 010 GTの全貌が明らかになり、ドライバー陣もリアルレーシング以外は大幅にシャッフルされ、HONDAの逆襲が始まる。明日からの合同テストでGT-RやLEXUS SC430と比べどれ位のタイムを出すのか注目だ。

|

« ダカールラリー:サインツらのVW勢が1-2-3フィニッシュ、三橋淳は市販車部門優勝(総合17位) | トップページ | ザウバー、可夢偉のチームメイトはペドロ・デ・ラ・ロサに決定! »

■SuperGT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ダカールラリー:サインツらのVW勢が1-2-3フィニッシュ、三橋淳は市販車部門優勝(総合17位) | トップページ | ザウバー、可夢偉のチームメイトはペドロ・デ・ラ・ロサに決定! »