« スバル インプレッサ「R205」を発売 | トップページ | SuperGT300 吉本大樹がアストンマーティン・ヴァンテージのドライバーに決定 »

2010年1月 8日 (金)

F1 ザウバーチームの新マネジメント体制とは

ザウバーが新マネジメント体制を発表したので、メモしておきます。

■チーム名:BMWザウバー(当面はBMWを継続、後日変更予定)

■取締役会長兼チーム代表:ペーター・ザウバー

「F1は絶え間なく変わっている。責任の分立は、スポーツの要求に応じるだけでなく、会社内をフレッシュにする。私は全ての重要な開発をわきまえておくつもりだが、運営面はヒンウィルのマネジメントに任せるつもりだ」

■マネージングディレクター(最高経営責任者):モニーシャ・カルテンボーン(1998年から法務局長)

■マーケティング活動担当:アレックス・ザウバー(ペーター・ザウバーの息子36歳、2年間スイスのプロフットボールチームである"Neue Grasshopper Fussball AG" でコマーシャルディレクターを務める)

■テクニカルディレクター(エンジニアリング):ウィリー・ランプ

■ファイナルシャルディレクター(経理部長):ウルス・ヤンペン

■運営ディレクター(製造面の全体的責任):ユルク・フラク

■ドライバー:小林可夢偉、もう1名は後日発表(噂ではジャンカルロ・フィジケラ、ペドロ・デ・ラ・ロサ)

■2010年マシン名:C29(1月31日現地時間14:00にバレンシアで新車発表予定)

■2010年マシンテスト:2月1日バレンシアのリカルド・トレモ・サーキット合同テストに参加予定

先日、ザウバーはネスプレッソ(食品会社ネッスルのコーヒー事業子会社)と1,000万ユーロ(約13億3,500万円)のスポンサー契約間近だと報じられていたが、 パナソニックとの契約については最近噂が聞こえてこない。ドライバーも含め、全ては近々に明らかになるだろう。

|

« スバル インプレッサ「R205」を発売 | トップページ | SuperGT300 吉本大樹がアストンマーティン・ヴァンテージのドライバーに決定 »

■F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スバル インプレッサ「R205」を発売 | トップページ | SuperGT300 吉本大樹がアストンマーティン・ヴァンテージのドライバーに決定 »