« FIA GT スイスレーシング、GT-Rのドライバーにベンドリンガーとニルソンを起用 | トップページ | F1 マクラーレン 2010年 ニューマシン MP4-25を発表 »

2010年1月28日 (木)

F1 フェラーリ 2010年 ニューマシン F10を発表

フェラーリは1月28日、2010年F1マシンの発表会を開催し、ステファノ・ドメニカリ代表、フェルナンド・アロンソ、フェリペ・マッサ、フェラーリのルカ・ディ・モンテツェモロ会長が出席のもと、ニューマシン「F10」を披露した。

F1_ferrari_f10_20100128a

「F10」というネーミングはF10は2009年マシン「F60」のネーミング体系を継続し、2010年を表している。特徴的なフロントのハイノーズは昨年のレッドブルRB5を想わせ、リアセクションは燃料タンク容量アップにより若干幅広の印象。カラーリングは、フロントウイングやリアウイングなどがホワイト地に赤のサンタンデール銀行のロゴが入れられている。

発表会終了後、プロモーションフィルムの撮影を兼ねてフェリペ・マッサがフィオラノのトラックでF10をシェイクダウンさせる予定だったが、サーキットが低温により氷で覆われ、コンディション不良のため延期となった。

また、フルタイムのリザーブライバーのジャンカルロ・フィジケラに加え、ルカ・バドエルマルク・ジェネもテストドライバーとしてチームに残留すると見られている。

【ステファノ・ドメニカリ チーム代表】

「今年のチャンピオンシップは我々にとって非常に重要になるだろう。昨年のチャンピオンシップは、いろいろな理由によりあまり前向きではなかった。だからこそ今年のマシンに競争力を持たせようとしている。フェラーリにはそれがふさわしい」

F1_ferrari_driver_20100128 「チームにはふたりの新ドライバーがいる。なぜふたりかって? フェルナンド・アロンソは2度のワールドチャンピオンで、2度目のタイトルを手にした後、3つめのタイトルを獲得するだろう。彼はすでにF1の偉大なチャンピオンのように見える。これは、彼にとっても我々にとってもちょうどよいタイミングだ。彼は成功を求めており、我々はチームのコンセプトが健在であることを再現したい。フェリペについては、新しいバージョンのフェリペになった。昨年、ハンガリーでの事故のあった劇的なチャンピオンシップと素晴らしいシーズンのあと、フェリペは成功したドライバーであることを証明できるすべてのものを持っている。彼は、ハンガリーで中断された運命に向かう道をリスタートさせたがっている。ふたりの健闘を祈る」

F1_ferrari_f10_20100128b F1_ferrari_f10_20100128c

【フェラーリ F10 主要諸元】

シャシー カーボンファイバー、ハミカムコンポジット構造
ギアボックス フェラーリ製縦置(リミテッドスリップ・ディファレンシャル)
トランスミッション セミオートマチック・シーケンシャル電子制御ギアボクス(クイックシフト)
ギア数 7速+リバース
ブレーキ ブレンボ製ベンチレート・カーボンファイバー・ディスクブレーキ
サスペンション 独立懸架サスペンション、前後ともプッシュロッド式トーションスプリング
重量 620kg(液体、潤滑油、ドライバー含む)
ホイール

BBS製13インチ(前後)

   

<エンジン>

形式 フェラーリタイプ056
排気量 2,398cc
気筒数 8
Vアングル 90度(鍛造アルミニウム)
バルブ数 32
バルブ駆動 圧搾空気式
ピストン口径 98mm
重量 95kg
燃料 シェル製VパワーULG-66L/2
潤滑油 シェル製Helix Ultra

フェラーリは2009年はわずか1勝で、コンストラクターズ・チャンピオンシップは4位に終わったが、2010年は、フェリペ・マッサとフェルナンド・アロンソというワールドチャンピオンコンビで、シューマッハなどの強敵を相手にチャンピオン奪回となるか?全てはマシンの出来にかかっている。

|

« FIA GT スイスレーシング、GT-Rのドライバーにベンドリンガーとニルソンを起用 | トップページ | F1 マクラーレン 2010年 ニューマシン MP4-25を発表 »

■F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« FIA GT スイスレーシング、GT-Rのドライバーにベンドリンガーとニルソンを起用 | トップページ | F1 マクラーレン 2010年 ニューマシン MP4-25を発表 »