« ホンダ、2010年SUPER GT500マシン「HSV-010 GT」を初公開! | トップページ | HSV-010GT早くも4台で鈴鹿のテスト走行開始 »

2009年12月23日 (水)

ミハエル・シューマッハ、メルセデスと本当に正式契約!

噂のビックサプライズが本当に実現した。メルセデスGPはミハエル・シューマッハとの契約成立を以下の様に発表した。

メルセデスGPペトロナスF1チームは12月23日、7度のF1ワールドチャンピオン、ミハエル・シューマッハ(40歳)が2010年シルバー・アローズのチームでレーシングに復帰することを発表する。

F1_mercedes_gp_schumacher_20091223 F1_mercedes_gp_schumacher_20091223b

シューマッハは、1991年から2006年までジョーダン、ベネトン、フェラーリのチームに在籍し、ドライバーズ・ワールドチャンピオンシップ7回、グランプリ出走248回、優勝91回、表彰台フィニッシュ154回、ポール・ポジション68回など、華々しく記録破りのF1キャリアを過ごしており、いまさら紹介する必要がない。

ミハエルがメルセデスGPペトロナスからレーシングに復帰するため、彼が1990年、ジュニアプログラムの一環として、グループCスポーツカーとDTMに参戦してレーシングの見習いを始めたメルセデス-ベンツ・モータースポーツに戻り、7回すべてのワールドチャンピオンシップを勝ち取ったロス・ブラウンと再びパートナーシップを組むことになる。

本日の発表により、メルセデスGPペトロナスの2010年シーズンのドライバー・ラインアップは、ミハエルとニコ・ロズベルグ(24歳)がシルバー・アローズのマシンに乗ることが確認された。

【ミハエル・シューマッハ】

「メルセデスGPペトロナスは、競技的、個人的状況において僕の新たなチャレンジである。これは僕のレーシング・キャリアにおける新しい章であり、旧友であるロス・ブラウンやメルセデス・ジュニア・プログラム時代からの仲間と仕事をすることを本当に楽しみにしている。来年、僕らはフォーミュラワン・ワールドチャンピオンシップ争いに加わることができると確信しており、今からレース・トラックに戻るのが楽しみだ。このパートナーシップは、僕にとって原点に戻ってきたことになる。メルセデスは僕がF1キャリアを始めたときから長年サポートをしてくれており、今回は僕がスリー・ポインテッド・スターのブランドに何かお返しをしたい」

【ニコ・ロズベルグ】

「ミハエルがF1に復帰し、メルセデスGPペトロナスで僕のチームメイトになることは素晴らしい。史上最高のドライバーのひとりを相手にすることは僕にとって大きなチャレンジだ。彼は全くスピードを失っていないので、僕らはとても強いパートナーシップを築くと信じている! これはF1とファンにとっても素晴らしいニュースだ」

【ロス・ブラウン メルセデスGPペトロナス チーム代表】

「今日、ミハエルが大いに期待されていたF1復帰を来年果たし、我々のメルセデスGPペトロナスチームで走ることを発表できて喜んでいる。7度のワールドチャンピオンとして、ミハエルのF1における卓越した記録時代そのものが多くを物語っているが、彼と再び仕事をするのが楽しみだ。ドライバー・ラインアップが完成し、我々は、才能、経験、スピード、若さが完璧にミックスされたミハエルとニコというF1で最もエキサイティングなパートナーシップを得たと思う。これで我々は新シーズンの準備に集中することができる。メルセデスGPペトロナスの全員が今後のチャレンジについて非常に興奮している。ダイムラー、アーバー、そして新しいタイトル・スポンサー、ペトロナスによってチームに提供された投資と支援、そしてこのような刺激的なふたりのドライバーを得て、我々は2010年も成功する要素をすべて持っている

【ノルベルト・ハウグ メルセデス-ベンツ モータースポーツ担当副社長】

「1991年4月、わたしがメルセデス-ベンツのモータースポーツ・プログラムの責任者となってわずか6ヶ月後、ミハエルがある夜、バルコニーでわたしのそばに立った。彼は全く疑う様子もなく静かな声でこう言った。『僕がF1に昇格するのは時間の問題だ』 ミハエルは22歳になったばかりだった。4ヶ月後、彼はスパでジョーダンからデビューした。メルセデス-ベンツはこの時点で彼に協力していたが、その後の話は有名である。どのレーシング・ドライバーよりも多い7度のワールドチャンピオンシップ・タイトル、どのレーシング・ドライバーよりも多い91回のグランプリ優勝。ミハエルは、どのドライバーよりもすべてについて優れていた。メルセデス・ジュニア・プログラムの一環として、ミハエルはグループCスポーツカーに出走し、いくつかのDTMレースに参戦していた。同時我々のライバル、ジャガーにいたロス・ブラウンは、すぐにミハエルの才能を認め、彼らはベネトンとフェラーリで、7回ドライバーズ・ワールドチャンピオンシップを獲得した。我々の競技的野心は、ミハエルがプロのキャリアを始めた場所で再び走ることであり、ミハエルはそれを知っていた。我々はF1レース後にそれについてジョークを言い、この14年間何度も真剣に展望を話し合った。1995年には実現しなかった。1998年にも実現しなかった。2005年にも実現しなかった。2010年に実現することになり嬉しい。ミハエルと仕事をするのがとても楽しみだ。メルセデス-ベンツとダイムラーの全員は19年前の『見習い』を暖かく歓迎する。この見習いは今や史上最も成功したレーシング・ドライバーである」

オール・ドイツのドリームチーム構想は夢に終わるかと思ったが、これを実現したロス・ブラウンやメルセデス陣営には拍手を送りたい。2010年のF1は可夢偉やシューマッハの参戦により、トヨタの撤退を十分にカバーして余るほどのワクワク感に満ちている。シューマッハよ、復帰しても1人勝ちしてしまわない程度に空気を読んで、F1界を盛り上げてくれ!

|

« ホンダ、2010年SUPER GT500マシン「HSV-010 GT」を初公開! | トップページ | HSV-010GT早くも4台で鈴鹿のテスト走行開始 »

■F1」カテゴリの記事

コメント

元帝王のアラフォーおじさんが遂にやってしまいましたね!

ワタクシはアンチ・シューマッハ派なのですが、また結構活躍しやがるンだろうなぁ…シルバーアロー復活でシューマッハがドライブするなんて話が出来過ぎです。これがやはりF1でしょう!(^_^)

投稿: 万歳! | 2009年12月24日 (木) 07時55分

あ、後はニコが心配ですね…

シューとニコのラインナップは上手く噛み合わない気がしてなりません。過去のジョニー・ハーバートとかみたいにわがままおじさんに潰されぬよう切に願うばかりです。

投稿: 万歳! | 2009年12月24日 (木) 12時44分

●すごいクリスマス・プレゼントになりましたなぁ。 おじさんシューマッハとブラウンとメルセデスのトリオだと勝って当たり前と見られてますから、空気読まずに、年間チャンプを取ってしまうかもしれませんなぁ。
また、数年前のF1を面白くなくしたシューマッハの1人勝ちの時代がやって来るのでしょうか?

しかし、敵のマクラーレン、フェラーリ、レッドブルのドライバーも充実しましたので、KERSがなく、ガソリンも満タンのイコールコンディションならば、エンジン勝負に加え、マシンバランスがキーポイントでしょうか?
燃料搭載量の変化に対するマシン・セッティング・スキルの点でもシューマッハは卓越していると思われますので、ニコはシューマッハに任せて黙って着いて行くしかありませんなぁ。3年契約らしいので喧嘩したらニコの負けでっせ。


投稿: Yasshi | 2009年12月24日 (木) 14時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホンダ、2010年SUPER GT500マシン「HSV-010 GT」を初公開! | トップページ | HSV-010GT早くも4台で鈴鹿のテスト走行開始 »