« キーエンス TAO出荷開始日を12月8日に変更 | トップページ | 三菱自動車 来春発売の新型コンパクトSUVを『RVR』とネーミング »

2009年12月 2日 (水)

佐藤琢磨の来季シートは来週決定か?

佐藤琢磨の交渉中F1チームの中で第一志望とされる、ロータスF1のリアド・アスマットCEOは、来週のドライバー発表を目標にしていることをマレーシアの“Star”紙に明らかにした。

「2名のドライバーとリザーブドライバーを発表する予定だ。交渉はまだ続いている」とリアド・アスマットはコメント。

アスマットはまた、2010年マシンを2月にセパン・サーキットでテストすると述べた。

レースドライバー候補には、ヤルノ・トゥルーリ、ジャック・ヴィルヌーヴ、佐藤琢磨、小林可夢偉の名前がこれまで挙げられている。また、リザーブドライバーは、マレーシア人のファイルーズ・ファウジーになると予想されている。

★琢磨をプッシュするコメント(英語)をロータスF1に直接送りたい方は以下を参照(今年1月に親会社のレッドブルに嘆願メールを送ったのを思い出した)

■ロータスF1 Website: http://lotusf1racing.my/

■ロータスF1 Mail Address: info@lotusf1racing.my

■ロータスF1 公式Facebook: http://ja-jp.facebook.com/pages/Malaysia-UK/Lotus-F1-Team/127823907573

最近、ジャック・ヴィルヌーヴの名前は、ロータスF1本社の訪問や地元カナダGPの復活などでメディアに出ることが多いのに対し、佐藤琢磨の名前は4人の候補に入っているという以外はほとんど出て来ていないのが、少々心配ではある。

1人はトゥルーリ、残る1人はヴィルヌーヴか琢磨のどちらかではないかと思われる。琢磨は経験と速さは問題ないが、ヴィルヌーヴと比べ知名度やスポンサー力などの点で少し劣るのも気になるが、いずれにしても琢磨のF1復活を祈って来週まで待とう!

余談ながら、2010年もフジTVがF1放送を継続することになったらしい。来年のF1開幕戦で琢磨と可夢偉の2名の日本人ドライバーがバトルする姿が観れるか?

|

« キーエンス TAO出荷開始日を12月8日に変更 | トップページ | 三菱自動車 来春発売の新型コンパクトSUVを『RVR』とネーミング »

■F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キーエンス TAO出荷開始日を12月8日に変更 | トップページ | 三菱自動車 来春発売の新型コンパクトSUVを『RVR』とネーミング »