« ホンダ HSV-010 GT鈴鹿テスト走行動画(10分x2本) | トップページ | 2010 EPSON HSV-010 GT カラーリングコンテスト開催 »

2009年12月29日 (火)

中嶋一貴が参戦できるかもしれないステファンGPとは?

ステファンGPが、2010年に新規参入チームがグリッドに並べない場合に備え、繰上げ参戦を狙っているが、トヨタは2010年マシンTF110の設計図を無償で提供する代わりにTDPドライバーである中嶋一貴を乗せることを交換条件として提示していると見られている。

現時点では、ステファンGPがすんなり2010年の開幕戦から参戦できる可能性はかなり低いと思われるが、万が一に備えて、ステファンGPについてメモしておく。

【ステファンGP(STEFAN GP)とは】

F1参戦を目指すセルビアのチームで、レーシングチームとしては無名

■チーム代表:ゾラン・ステファノビッチ(セルビアを本拠地とするAMCOという企業のCEO)

■AMCO:ハイテク技術を生産するエンジニアリング企業であり、軍用航空機やヘリコプターから宇宙開発などまで手掛けており、しっかりとした財政基盤を持っている。レーシングカーの部品も生産しており、フォーミュラ・フォードやスポーツプロトタイプのギアボックスなどを生産している。

■予算とマシン開発:予算はすでに用意されておりマシンの開発は元マクラーレンのチーフデザイナーを務めていたマイク・コフランが担当し、セルビアとドイツで実行されるという。

トヨタ TF110をベースにしたステファンGPの初F1マシン『S-01』は、先週FIA同等のクラッシュテストを通過しているが、マシンのリアエンドの軽量化を予定しており、FIAの完全なテストは2010年1月の終わりに実施予定。

■トヨタとの交渉:ステファノGPは、トヨタと2010年用の新車TF110のプロジェクトの買収について交渉を行っており、買収交渉が成立した場合は、ケルンにあるTMGを間借りし、トヨタの余剰スタッフの100名を雇用するとしている。先日、トヨタのファクトリーを訪問し、TMG社長のジョン・ハウエット、木下美明TMG副社長、元テクニカルチーフのパスカル・バセロンと面談した。

F1_stefangp_meeting_tmg_20091229a_2 F1_stefangp_meeting_tmg_20091229c_2

トヨタ側は、TF110でのステファンGPのF1参戦が叶えば、中嶋一貴のF1シートは確保されることになる。

■繰上げ参戦の可能性:ステファンGPは“14番目のチーム”として参戦枠が空くのを待っている状態だが、USF1を含めた新チームはすでにシャシーの制作を進めており、参戦枠が空く可能性は極めて低い。また、参戦するにはコンコルド協定で全チームの承認を受ける必要があり、時間的にも厳しい

■ドライバー:2010年のF1参戦が叶わなくとも2011年以降の参戦を目指すとしており、その場合は2010年を通してマシンをテストするとしており、すでにドライバーは決定しているとの発言をしている。中嶋一貴がテストドライバーを務める可能性もある。

「我々にはすでにドライバーがいるが、それを発表するつもりはない。来年F1にいられなければ、我々は一年を通してテストを行うつもりだし、たくさんテストすることになるだろう」

■新規参入チームの動向:バーニー・エクレストンの「新しい4チームのうち2チームは実際にグリッドには並ばないだろうが、2010年は24台のマシンがグリッドにつくだろう」という発言に対し、USF1はドライバーを1月に発表予定で、カンボスも最近盛んにF1参戦計画が完全に予定通りに進んでいることをアピールしている。

■若手ドライバー開発プログラム:参入できない場合は、F1では厳しいテスト規制が敷かれているが、ステファンGPはコンコルド協定に縛られていないためテスト走行が可能であり、シーズン中にドライバーを変更するチームや若手ドライバーが経験を積むためにステファンGPのマシンをテストするチャンスを提供するサービスを計画しており、それで2010年の自らのテスト資金を捻出する予定。

新規参入チームは折角手に入れたF1参戦権を簡単に放棄することはないと思われ、景気が悪いなりに可能な範囲でマシンとチーム体制を整えてくると思われる。しかしながら、2009年からのチームの出入りは多く、2010年ステファンGPが参戦出来る可能性はゼロではない。参戦が決定すれば、ステファンGPにはF1のプロのチームリーダーも必要かと思われる。
一貴にとって何が最良の道かは分からないが、奇跡の復活に期待したい。

|

« ホンダ HSV-010 GT鈴鹿テスト走行動画(10分x2本) | トップページ | 2010 EPSON HSV-010 GT カラーリングコンテスト開催 »

■F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホンダ HSV-010 GT鈴鹿テスト走行動画(10分x2本) | トップページ | 2010 EPSON HSV-010 GT カラーリングコンテスト開催 »