« 小林可夢偉 F1新規参入チームのロータスに入れるのか? | トップページ | SuperGT 第9戦 もてぎ 決勝:PETRONAS SC430が逆転タイトル獲得、GT300はウェッズスポーツIS350 »

2009年11月 7日 (土)

SuperGT 第9戦 もてぎ予選:ARTA NSXがポール、GT300はダイシンアドバンFerrari

SuperGT 第9戦 MOTEGI GT 250km RACEの予選が、11月7日、好天の栃木県・ツインリンクもてぎ(1周4.801km)で行われた。ノックダウン方式の予選で、No.8 ARTA NSXのラルフ・ファーマン/伊沢拓也組がポールポジションを獲得。NSXのGTラストレースになる8日の決勝を奇跡の大逆転をかけ、最前列からスタートする。

Sgt_arta_nsx_20091107b

NSXにとっては、公式戦100戦目(GT500クラス)で47回目のポールポジションとなり、車種別での最多記録

予選2番手は、惜しくも0.01秒差でNo36 PETRONAS TOM'S SC430、3番手はNo 6 ENEOS SC430、4番手にNo38 ZENT CERUMO SC430、そしてドライバーズ・ランキング・トップの本山哲(No.1 MOTUL AUTECH GT-R)は5番手からのスタートとなった。

【GT500のチャンピオン争い】

■No.8 ATRA NSXが優勝し、No.36 PETRONAS TOM'S SC430が2位の場合は、本山が3位でもチャンピオンとなる。

■No.36 PETRONAS TOM'S SC430が優勝した場合でも、本山が2位ならチャンピオンとなる。

とにかく、本山は5番手スタートから3番手まで順位を上げておく必要があり、トラブルが無ければ、ARTA NSXがその運命を握ることになる。一方、ランキング2位のPETRONAS TOM'S SC430にとっては、自力でARTA NSXを抜いてトップでチェッカーフラッグを受けるしかない。

Sgt_daishin_ferrari_20091107jpg ダイシンアドバンFerrariはチャンピオン争いとは無関係

GT300クラスは、No.81 ダイシンアドバンFerrariの青木孝行/藤井誠暢組が今季3回目の予選クラス1位となった。

予選2番手はランキング2位のNo43 ARTA Garaiya、3番手はランキングトップのNo19 ウェッズスポーツIS350、4番手はランキング4位のNo 7 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7、ランキング3位のJIMGAINER ADVAN F430は8番手と少し苦しい戦いになりそうだ。

【GT300のチャンピオン争い】

No19 ウェッズスポーツIS350、No43 ARTA Garaiya、No 7 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7の3台で自力で優勝したところにチャンピオンは決まりそうだ。それ以降は優勝してもタイトルには届かない可能性が高い。

【ポールポジション選手コメント】

■No.8 ARTA NSX [GT500]
ラルフ・ファーマン「朝の練習走行からクルマは非常に調子が良かったから、今日は(ポールポジション獲得は)いけると思いました。今年はとても厳しい時期もありましたが、最終戦までタイトル争いができ、ポールポジションも獲得できました。わずかながらタイトルの可能性もありますし、このポールポジションをムダにせず、優勝できるようにがんばるだけです。(予選では)まずはポールポジションを獲るという第一の目的に向け集中していました。だから、まだ決勝のことは深く考えていません。NSXのラストレースで優勝できて、チャンピオンにもなれたら、ホンダの博物館のいい位置にこのクルマを飾ってもらえるかな(笑)」

■No.81 ダイシンアドバンFerrari [GT300]
青木孝行「ポールポジションは何回獲ってもいいものですね。ただ、今年3回というのはデキすぎかな(笑)。セッション3の最後のアタックは、良いタイムを出すための位置取りがうまくいきました。アタック自体も問題なかったです。ただ、クルマに少し問題があり、最初のセッションではコースアウトもしてしまいました。明日に向けてそれを改善したいです。僕らは(タイトルの権利はなく)失うものはないわけで、もうガンガン行くだけです。シーズン最後のレースですから、ここで勝てると来年開幕までいい気分ですから、ホント勝ちたいですね」

【SuperGT 第9戦 もてぎ ノックダウン予選結果】

SUPER LAP 天候:晴 | コース:ドライ

GT500クラス/SUPER LAP
Pos.No.MachinesDriverSession 1Session 2Session 3TireWH
1 8 ARTA NSX s ラルフ・ファーマン
伊沢 拓也
1'44.854 1'44.864 1'44.390 BS  
2 36 PETRONAS TOM'S SC430 s 脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
1'44.787 1'45.054 1'44.400 BS  
3 6 ENEOS SC430 s 伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム
1'44.964 1'45.017 1'44.712 BS  
4 38 ZENT CERUMO SC430 s 立川 祐路
リチャード・ライアン
1'45.265 1'45.146 1'44.781 BS  
5 1 MOTUL AUTECH GT-R s 本山 哲
ブノワ・トレルイエ
1'45.439 1'44.829 1'45.028 BS  
6 18 ROCKSTAR 童夢 NSX s 道上 龍
小暮 卓史
1'45.298 1'45.204 1'45.116 BS  
7 3 HASEMI TOMICA EBBRO GT-R   ロニー・クインタレッリ
安田 裕信
1'46.086 1'45.489 1'45.316 MI  
8 39 DUNLOP SARD SC430   アンドレ・クート
平手 晃平
1'45.475 1'44.821 1'46.091 DL  
9 17 KEIHIN NSX   金石 年弘
塚越 広大
1'45.091 1'45.513   BS  
10 12 IMPUL カルソニック GT-R s 松田 次生
セバスチャン・フィリップ
1'45.114 1'45.548 BS  
11 100 RAYBRIG NSX s 井出 有治
細川 慎弥
1'45.636 1'45.617 BS  
12 24 HIS ADVAN KONDO GT-R s J.P・デ・オリベイラ
荒 聖治
1'45.882 1'45.687 YH  
13 32 EPSON NSX s ロイック・デュバル
中山 友貴
1'46.087   DL  
 
GT300クラス/SUPER LAP
Pos.No.MachinesDriverSession 1Session 2Session 3TireWH
1 81 ダイシン アドバン Ferrari s 青木 孝行
藤井 誠暢
1'55.471 1'54.130 1'53.915 YH  
2 43 ARTA Garaiya s 新田 守男
高木 真一
1'56.722 1'55.887 1'54.678 MI  
3 19 ウェッズスポーツIS350 s 織戸 学
片岡 龍也
1'55.662 1'55.682 1'54.926 YH  
4 7 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7 s 谷口 信輝
折目 遼
1'55.615 1'55.539 1'55.001 YH  
5 74 COROLLA Axio apr GT s 井口 卓人
国本 雄資
1'56.373 1'55.292 1'55.088 MI  
6 88 triple a ガイヤルド RG-3   松田 秀士
坂本 祐也
1'55.745 1'55.539 1'55.090 YH  
7 46 エスロード MOLA Z s 星野 一樹
柳田 真孝
1'56.037 1'55.404 1'55.410 YH  
8 11 JIMGAINER ADVAN F430   田中 哲也
平中 克幸
1'56.189 1'56.087 1'55.454 YH  
9 87 giraffa ガイヤルド RG-3   井入 宏之
和田 久
1'55.794 1'55.613 1'55.649 YH  
10 26 UP START タイサンポルシェ s 黒澤 治樹
阿部 翼
1'56.780 1'54.897 1'56.022 YH 16
11 2 アップル・K-one・紫電 s 加藤 寛規
吉本 大樹
1'55.807 1'56.248   YH  
12 31 avex apr COROLLA Axio s 坂本 雄也
峰尾 恭輔
1'57.140 1'56.323 YH  
13 66 triple a ムルシェ RG-1   山西 康司
余郷 敦
1'56.254 1'56.560 YH  
14 5 マッハGOGOGO車検320Rマッハ号   玉中 哲二
赤鮫 オヤジ
1'56.744 1'57.122 YH  
15 52 KUMHO TIRE  SHIFT  IS350   佐々木 孝太
関口 雄飛
1'56.879 1'57.522 KH  
16 112 石松 with ARKTECH GT3   大井 貴之
澤 圭太
1'57.215 1'57.694 KH  
17 55 J-TRUST F-PRO おうとキット ポルシェ   山岸 大
小泉 洋史
1'57.989   YH  
18 10 JIMGAINER ADVAN F360   植田 正幸
川口 正敬
1'58.496 YH  
19 808 初音ミク Studie GLAD BMW Z4   番場 琢
田ヶ原 章蔵
1'58.885 YH 1
20 4 BOMEX LIAN BOXSTER   イゴール・スシュコ
伊藤 善博
1'59.190 YH  
21 666 FieLDS BOMEX 320R   周防 彰悟
山下 潤一郎
1'59.792 KH  
22 62 R&D SPORT LEGACY B4 s 山野 哲也
密山 祥吾
2'00.512 YH  
 

□タイヤ=BS:ブリヂストン/DL:ダンロップ/KH:クムホ/MI:ミシュラン/YH:ヨコハマ
□WH=ウェイトハンディキャップ(kg) 

両クラスとも明日の決勝をより面白くするような予選順位となった。 決勝予想は、GT500クラスはARTA NSXが脅威の走りで涙のラストレース優勝、タイトルはPETRONAS TOM'S SC430が逆転で脇阪男泣き? 無念の本山はパドックで物を蹴りまくり?
GT300クラスはダイシン アドバン Ferrariが優勝、タイトルは予測は難しいが、ウェッズスポーツIS350か?

|

« 小林可夢偉 F1新規参入チームのロータスに入れるのか? | トップページ | SuperGT 第9戦 もてぎ 決勝:PETRONAS SC430が逆転タイトル獲得、GT300はウェッズスポーツIS350 »

■SuperGT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小林可夢偉 F1新規参入チームのロータスに入れるのか? | トップページ | SuperGT 第9戦 もてぎ 決勝:PETRONAS SC430が逆転タイトル獲得、GT300はウェッズスポーツIS350 »