« SuperGT 2010年 ホンダのNSXの後継はHSV-010か? | トップページ | トヨタ モータースポーツ フェスティバル 2009 »

2009年11月12日 (木)

アキュラのALMSマシン ARX-01b ル・マン24時間参戦

昨日の当方のブログにも触れた様に、次期NSXの開発をアキュラが以前行っており、NSXの後継マシンHSV-010の開発もアキュラが関与している可能性が高いと思われるが、ここでアキュラと来年のル・マン24時間に関する情報をまとめておく。

■アキュラ

アキュラ(ACURA) は、本田技研工業が北米を中心に展開している高級車部門・ブランドで、展開開始の1986年のラインナップは、レジェンドとインテグラ、1990年には、NSXが発売された。 次期NSXの開発も行っていたが、世界金融危機により2008年12月17日白紙に戻されている。

2007年よりアメリカン・ル・マン・シリーズ(ALMS)のP2クラスにおいて、エンジン(V8 3,400cc NA)や車両(COURAGE LC75ベースのAcura ARX-01a)の開発及び供給を行なっており、2009年は、P1(4.0L V8 ARX-02a)とP2(3.4L V8 ARX-01b)の両クラスにマシンを提供し、両クラスでチャンピオンマシンに輝いた。

Alms_lmp1_acura_deferran_20091112 Alms_lmp2_acura_lowes_20091111 

http://www.acura.com/

■JASモータースポーツ、アキュラで来季LMS/ル・マンに参戦

これまでWTCC用のアコードやラリー用のシビック・タイプRの開発など、ヨーロッパにおいてホンダ車で活動を続けてきたイタリアのJASモータースポーツが、2010年にアキュラARX-01bでル・マン24時間/ル・マン・シリーズに挑戦することになった。

JASモータースポーツは2010年に向けて、「1台、もしくは2台」のアキュラARX-01bをアメリカのホンダ・パフォーマンス・デベロップメント(HPD)から購入し、ル・マン・シリーズをメインに据えル・マン24時間にも挑戦するという。今後、年末までに必要な資金を集めるべくスポンサーを確保し、ドライバーについては順次発表していくとされている。

Jas_motorsport_civic_20091112

http://www.jasmotorsport.com/

■ストラッカ・レーシングもアキュラ導入?

今季までアメリカン・ル・マン・シリーズで戦ってきたアキュラ・スポーツカーは来季に向けてヨーロッパへも戦いの場を広げると言われており、イギリスのストラッカ・レーシングが今季まで使用していたジネッタ・ザイテックに代えてアキュラを導入するのではないかと言われている。

Le_mans_2009_strakk_racing

http://www.strakkaracing.com/

2010年のル・マン24時間レースは日本のマシンやチームも多く参戦予定で、大変楽しみなレースとなりそうだ。

|

« SuperGT 2010年 ホンダのNSXの後継はHSV-010か? | トップページ | トヨタ モータースポーツ フェスティバル 2009 »

■SuperGT」カテゴリの記事

■モータースポーツ全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SuperGT 2010年 ホンダのNSXの後継はHSV-010か? | トップページ | トヨタ モータースポーツ フェスティバル 2009 »