« メルセデスGP、ニコ・ロズベルグ加入を正式発表 | トップページ | ボルテックス エクスペリエンス 2 センサーレスブラシレスシリーズ発売 »

2009年11月25日 (水)

小林可夢偉、パナソニックとKDDIのスポンサー付きでルノー移籍交渉か?

フランスの“Auto Hebdo”誌は、小林可夢偉はシート獲得のためにパナソニックKDDIのスポンサー支援を受けて、ルノーと移籍交渉中と報じているらしい。

F1_renault_logo_20091125 F1_toyota_kamui_20091125

パナソニックKDDIはトヨタF1チームのスポンサーを務めており、今後もF1に留まることを望んでいるらしく、パナソニックは、2002年から8年間トヨタのタイトルスポンサーを務めてきた。

日本のファンにとっては嬉しいニュースだが、ルノーF1はコンコルド協定にサインし、少なくとも2012年まではF1に参戦することを確約しているものの、ゴーンは、ルノーF1チームの将来についての最終決定を年末までに行うと述べ、ルノーF1撤退の可能性がささやかれている。

今回の2社とのスポンサー契約により、ルノーが資金的にF1を継続可能となるのか、それともF1でのイメージダウンを払拭することなく、ルノー本社の経営判断により、継続参戦のメリットなしと判断するのか、微妙なところである。

【ルノーF1チーム】

ルノーは2009年、フェルナンド・アロンソとネルソン・ピケJr.の両ドライバーで望んだが、不振に陥り、表彰台はわずか1回、コンストラクターズランキングは8位に沈んだ。さらに、昨年のシンガポールにおけるクラッシュゲートで執行猶予付きの資格剥奪処分を受け、元マネージングディレクターのフラビオ・ブリアトーレと元エグゼクティブディレクターオブエンジニアリングのパット・シモンズがF1から追放されている。

ルノーチームはすでに、フェルナンド・アロンソの後任としてロバート・クビサと契約を結んでいるが、ルノーがF1撤退を決めた場合には、メルセデスGPはクビサを獲得しようと狙っているものと見られている。

【カルロス・ゴーン ルノー社CEO】

「F1は世界で最も多くの人々に見られているスペクタクルのひとつである。それが今、困難に直面している。どれだけ公平でいられるか、そして環境問題に関し、我々はどのようにしてF1とつながることができるのかという困難である。テクロノジーを通してゼロ・エミッションをもたらすことができるのか? F1には多くの問題点がある

「F1を取り巻く懸念のいくつかに答えることができなければ、F1が今後すべての人々にとって非常に重要なものになるとは思えない3社の自動車メーカーがF1から去ることになった。1年間で3社だ! このことから、我々が解決すべき問題が多数あることは明白である」

ゴーンはモータースポーツを特に好んではおらず、ルノー社は、不況による売り上げ低下から抜け出すために、ロードカーにおいてエコを重視する姿勢を強めており、これがF1のハイテクの世界とは相容れないものであるとの指摘もあり、このゴーンの発言は、F1撤退の可能性を裏付けするものでもある。

【小林可夢偉の11月22日TMSF後の記者会見の一部】

「また12月にヨーロッパへ戻るので、そのときに来年のことを聞いてみようと思います。なので、来年についてはまだ分からない状況です」

トヨタの隠し玉はスポンサーだった。当初、トヨタは来季マシンTF110と可夢偉をセットで新規参入チームと契約交渉中と考えていたが、その需要は低く、直接資金援助が出来ないトヨタとしては、スポンサーと可夢偉をセットで交渉するのが最も効果的と判断したのだろうか?

パナソニックは、可夢偉との個人的なつながりは無いと思われるが、トヨタとは2010年から2012年まで3年間延長継続するスポンサー契約を締結済みであり、日本人ドライバーを今後もサポートして行く意義はあると思われるが、トヨタからルノーへの乗り換えに問題は無いのか疑問でもあり、ルノーの撤退の可能性も高いだけに、無難にロータスかマノーと同様の交渉を進めて欲しいものだ。

また、可夢偉の22日のコメントの「12月」と「ヨーロッパ」というキーワードを「ルノーF1参戦継続を年末までに決定」と「ヨーロッパ(パリの住居)=ルノー本社」とダブらして推測するのも考えすぎか?

ちなみに、フランスの“Auto Hebdo”のWebサイトでは該当記事は投稿時には見当たらなかった。

|

« メルセデスGP、ニコ・ロズベルグ加入を正式発表 | トップページ | ボルテックス エクスペリエンス 2 センサーレスブラシレスシリーズ発売 »

■F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メルセデスGP、ニコ・ロズベルグ加入を正式発表 | トップページ | ボルテックス エクスペリエンス 2 センサーレスブラシレスシリーズ発売 »