« 小林可夢偉は売れっ子、ザウバー、ロータス、ルノー? | トップページ | タミヤ 1/10 電動RCカー タイレルP34 1976日本GP(84111) 2010年1月初旬発売 »

2009年11月30日 (月)

小林可夢偉、トヨタから参戦権を買収したステファンGPからF1参戦出来るのか?

2010年のF1参戦チームに関しては、撤退を表明したトヨタへのペナルティが注目されており、トヨタのグリッドについても不明確なままで、その内容によってはルノーの撤退ザウバーの参戦承認にも影響が出ると見られている。

そんな中で、“Blick”と“Auto Motor und Sport”は、トヨタがコンコルド協定を破ったことに対する罰金1億5,000万ドル(129億750万円*)を回避するために、参戦権をステファンGPに譲ることを検討していると報じた。

また、"Auto Motor und Sport" は、トヨタの技術責任者パスカル・バセロンとドライバーの小林可夢偉が、500万ドルのトヨタのスポンサーシップとともにステファンGPに加わる可能性を報じており、TF110の設計も利用するかもしれないとしている。

ステファンGPは、エンジニアリング企業AMCOが率いて2010年のF1参戦を目指すセルビアのチームで、2010年と2011年に年間500万ユーロ(6億4,778万円*)でトヨタのエンジンとケルンの施設を使用し、その後セルビアに移転すると報じられている。

また、ステファンGPとゾラン・ステファノヴィッチ社長は、8月にFIAのチーム選考過程について欧州委員会に不満を申し立てている。

【ステファンGPのゾラン・ステファノヴィッチ】

チームをトヨタのF1参戦枠に当てはめようとはしていない。我々は来年のために我々独自の契約を評価しているところだ。我々はトヨタのF1プロジェクトを引き継ぐために彼らといくつか合意のようなものはしたが、現在、詳細は話すことはできない」

「我々には完全な施設があるし、すぐにテストを始められる状況にある。それについては疑いないことだ。我々がそうすることができないと考える理由はない。実際、状況は正反対だ。現在はハンガリーGPだけなので、F1はこの地域にチームがあれば喜ばしいだろう」

しかし、FIAの暫定参戦リストでのトヨタの立場は条件付となるようで、12月初旬のモナコでのF1委員会で話し合われ、最終決定はザウバーの参戦承認と共に、12月中旬に開催される世界モータースポーツ評議会で下されるとみられている。

【ザウバーF1】

ペーター・サウバーによると、新生「ザウバーF1」チームの2010年F1マシンは「C29」と呼ばれ、フェラーリのエンジンとトランスミッションを搭載、カーナンバーは26と27が与えられるとみられており、「これまでよりも良いだろう」としている。新車の進捗も非常に良いらしい。

また、現在BMWザウバーのチーム代表マリオ・タイセン(57歳)は、BMWのF1撤退を受けて、2010年以降はBMWのモータースポーツ・ディレクターを務めるため、F1を離れる予定で、12月5日に発表されるBMWの2010年のモータースポーツ・プログラムの中にはル・マンも含まれていると噂されている。

可夢偉の来季の候補チームに関しては、昨日も書いたが、もう1つ「ステファンGP」が増えて計4チームとなり、可能性から見ると、ザウバーF1、ロータス、ステファンGP、ルノーの順となるだろうか。 結局トヨタの参戦権がどう条件付けられてステファンGPに受け継がれるかに依存してくる。 もし、ステファンGPの参戦が認められれば、可夢偉のシートは確実だが、無条件に認められるとは思えないし、あまり現実的ではないと思われる。

ここに来て、「可夢偉付き500万ドルのスポンサー」が一人歩きし、ドロドロとして来た感もあるが、琢磨の様な無念を思えば、前途とお支度金のある可夢偉にはどんなことをしても来季F1シートを手にして欲しい!

|

« 小林可夢偉は売れっ子、ザウバー、ロータス、ルノー? | トップページ | タミヤ 1/10 電動RCカー タイレルP34 1976日本GP(84111) 2010年1月初旬発売 »

■F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小林可夢偉は売れっ子、ザウバー、ロータス、ルノー? | トップページ | タミヤ 1/10 電動RCカー タイレルP34 1976日本GP(84111) 2010年1月初旬発売 »