« トヨタ F1撤退 11月4日に臨時役員会で正式決定? | トップページ | レース・オブ・チャンピオンズ(ROC) 結果 »

2009年11月 4日 (水)

トヨタ F1売却無しの完全撤退、TMGはヨーロッパの活動拠点へ

トヨタ自動車は11月4日、豊田章男社長が、記者会見で2009年限りのF1世界選手権からの撤退を発表すると共にトヨタのHPでも撤退のニュースをリリースした。

【記者会見発表及び質疑応答の骨子】

・トヨタは2009年をもってF1から撤退する

・Toyota Motorsport GmbH(TMG)は欧州におけるモータースポーツ活動拠点へと、事業内容を転換していく

・エンジン供給のみのF1参戦継続はなく、完全撤退

・SuperGTなどの他のレースについては継続するが、それ以外のことはまったく白紙

・TDPは縮小はするが、継続し、もっと小さな子供をサポートしていく

・ドライバー交渉が進んでいなかったのは、今回の撤退が背景にあったから

・中嶋一貴と小林可夢偉の2人については、TMGが契約を持っているので、サポートは続けていくつもりで、できればどこかのチームに乗せたい。現在、両方ともTMGの関係者が動いている。

トヨタ ニュース リリース

トヨタ、F1からの撤退を発表

トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、2009年をもってフォーミュラ・ワン世界選手権(F1)から撤退することを発表した。

トヨタは、昨年来の急激な経済情勢の変化の中でも、豊かなクルマ文化の創造に向けた重点施策として、モータースポーツの最高峰であるF1への参戦を継続してきた。しかしながら、昨今の厳しい経営環境を踏まえつつ、来年以降のモータースポーツ活動についても、あらためて中長期的な観点から総合的に検討した結果、本年限りでのF1からの撤退を決定した。今後、F1に参戦していたトヨタのモータースポーツ子会社Toyota Motorsport GmbH(トヨタ モータースポーツ 有限会社)は、欧州におけるモータースポーツ活動拠点へと、事業内容を転換していく予定である。

トヨタはモータースポーツ活動を、クルマの持つ「夢」や「感動」をお客様にもたらす大切なものと位置づけており、F1には、2002年以降8年にわたって参戦してきた。多くのチームがしのぎを削る、最高峰のレースへの挑戦は、トヨタのブランド認知度・信頼度の向上や、技術開発、人材育成など、様々な面でトヨタに多くのメリットをもたらしてくれた、かけがえの無い貴重な経験であった。単独チームとしての参戦には、多くの困難もあったが、ファンの皆様や、関係者の皆様の温かいご支援に支えられ、8年間で表彰台13回、入賞87回という成績を修めることができた。

トヨタは今後、F1をはじめとするモータースポーツで得た経験を生かしながら、スーパースポーツ「LEXUS LFA」や小型FRスポーツなど、お客様をワクワクさせることのできる市販車の開発に邁進していく。また、モータースポーツ活動についても、様々なカテゴリーのレースへの参戦のみならず、お客様に身近に感じていただけるグラスルーツレベルのレースの支援や、気軽に楽しんでいただけるようなイベントの企画、モータースポーツの一層の発展に貢献すべく、積極的に取り組んでいく。
TMG山科会長の涙の記者会見が印象的だが、F1ファンにとっても辛い1日となった。
一刻も早いトヨタのF1復帰を願うと共に、一貴と可夢偉の今後の活躍を暖かく見守りたい。

|

« トヨタ F1撤退 11月4日に臨時役員会で正式決定? | トップページ | レース・オブ・チャンピオンズ(ROC) 結果 »

■F1」カテゴリの記事

コメント

この時期まで引っ張ってからの撤退発表とは最悪のシナリオでしたね…。

コンコルド協定絡みで訴訟沙汰にまで発展する可能性もありますし、予算規模の縮小等で何とかやり過ごす事は出来なかったのでしょうか?トヨタもホンダに続いて引き際がとても汚らしく、更にはその予算規模に全く見合わない情けない戦績しか残せず、あくまで結果論にはなりますがトヨタはF1に参戦しない方が良かったのではないか?と思えてなりません。

ふと思うのですが、トヨタは参戦当初から屈指の予算規模との話でしたが、一体その予算はどこの何に消えてしまったのでしょうね?ホンダと言いトヨタと言い世界中に日本の恥を晒し、一日本人として憤りを感じます。

投稿: 万歳! | 2009年11月 5日 (木) 21時08分

●当方はトヨタの撤退をずっと懸念していたのですが、可夢偉の来季が見えた直後の撤退は最悪ですね。

トヨタは所詮、F1は市販車の売り上げアップにつなげるためのイメージアップ戦略として投資しているので、モータースポーツという文化の上でF1を行っている訳ではないのです。 ケルンだけで700人近くのF1スタッフがいるらしいですが、約500億円の予算のほとんどは人件費ではないでしょうか? FIAの言うように、今年思い切ったコスト削減をもっとやっておくべきでしたね。 当方には今季の最初からトヨタには「優勝して撤退」の雰囲気が見え見えでしたが。

来季はF1のフジTV地上波の放映もなくなるかもしれないので、日本人にはWRCの様に忘れ去られるかもしれませんね。

投稿: Yasshi | 2009年11月 5日 (木) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トヨタ F1撤退 11月4日に臨時役員会で正式決定? | トップページ | レース・オブ・チャンピオンズ(ROC) 結果 »