« アジアン・ル・マン 岡山 レース結果 | トップページ | ブリヂストン 2010年末でF1タイヤ供給から撤退を発表 »

2009年11月 2日 (月)

F1 最終戦 アブダビGP 決勝:ベッテル優勝、可夢偉が6位初入賞、一貴は13位

F1 第17戦 アブダビGPの決勝が11月1日(日)、ヤス・マリーナ・サーキットで行われた。(気温31度、路面温度34度)

予選で圧倒的な強さをみせポールポジションからスタートしたマクラーレンのルイス・ハミルトンは右リヤのブレーキパッド破損で21周目でリタイヤとなり、2番手スタートのレッドブルのセバスチャン・ベッテルが優勝した。

2位はマーク・ウェバーでレッドブルがワンツーフィニッシュ。3位にはBrawnGPのジェンソン・バトン、4位にルーベンス・バリチェロが入った。

F1_toyota_kamui_20091101b F1_toyota_kamui_20091101a

F1デビューから2戦目のトヨタの小林可夢偉は、何度も自己ベストを更新する素晴らしい走りで6位入賞、初ポイントを獲得した。ヤルノ・トゥルーリも7位に入り、トヨタにとっては最高の形で2009年シーズンを締めくくった。

可夢偉と同じく1ピット作戦を取ったウイリアムズの中嶋一貴は13位で今季ノーポイントに終わった。

【小林可夢偉 6位】

「本当に良いレースだった。スタートで、(キミ)ライコネンを抜いたが、最初のスティントで彼の後ろを走っていたらトップ6入りは難しかったので、この追い抜きが結局、重要だった。抜いたとき、ポイント争いに食い込むペースを刻める自信を持つことができ、目標はコンスタントに速く走行することだった。チームは私がポイント圏内に入れた大きな要因となった戦略とピットストップで、大変良い仕事をしてくれた。今季、F1でレースをすると思っておらず、機会を与えてくれたトヨタに感謝したい。今日は、ポイント獲得が目標だったが、6位入賞には少し驚いている。素晴らしい結果であり、大変満足している

【山科 忠チーム代表】

「2009年の最終戦で両ドライバーがポイント圏内に入ったことは、私たちにとって最高の結果だった。可夢偉は本当に素晴らしい仕事をしてくれたので彼については非常に光栄に思うが、ヤルノも力強い結果を得るためにがんばってくれた。今年は、ケルンにいるみんなも含めてチーム全員が立派な仕事をしてくれた。厳しいシーズンだったがポジティブな結果で終わることができたので、チーム全員やスポンサー、ファンに感謝したい。また、この素晴らしい開催地を作り上げるために優れた仕事をしたレース主催者や、今シーズンにあらゆることを達成した新しいワールドチャンピオンであるブラウンGPとジェンソン・バトンにも賛辞を送りたいよ」

【ジョン・ハウェット トヨタ・モータースポーツGmbH社長】

「わずか2戦だけの参戦であるにも関わらず、可夢偉の走りがわれわれに大きな感銘を与えたことは間違いない。われわれが好むのは闘志であって、その意味で彼は素晴らしいファイトをこの2戦で証明したと言えるだろう。メディアによる噂では彼が来季のトヨタ・ドライバーの一人に挙げられているようだが、その可能性をわれわれは否定しないよ」

【中嶋一貴 13位】

「今日は1ストップで走るのは簡単ではなく、最初のスティントがうまくいったとは感じませんでした。レース中盤はさらに渋滞に影響されましたが、55周を走り続ける以外には何もありませんでした。でもよいバトルがあり楽しめました」

【アブダビGP 決勝結果】

Pos.No.DriverTeamLapsTimeGapKphBestLap
1 15 S・ベッテル レッドブル 55 1:34:03.414 - 194.789 1:40.279 54
2 14 M・ウェバー レッドブル 55 1:34:21.271 17.857 194.175 1:40.571 14
3 22 J・バトン BrawnGP 55 1:34:21.881 18.467 194.154 1:40.642 49
4 23 R・バリチェロ BrawnGP 55 1:34:26.149 22.735 194.007 1:40.449 54
5 6 N・ハイドフェルド BMW 55 1:34:29.667 26.253 193.887 1:40.672 54
6 10 小林可夢偉 トヨタ 55 1:34:31.757 28.343 193.816 1:40.779 55
7 9 J・トゥルーリ トヨタ 55 1:34:37.780 34.366 193.610 1:40.723 49
8 12 S・ブエミ トロ・ロッソ 55 1:34:44.708 41.294 193.374 1:40.326 55
9 16 N・ロズベルグ Tウィリアムズ 55 1:34:49.355 45.941 193.216 1:40.997 49
10 5 R・クビサ BMW 55 1:34:51.594 48.180 193.140 1:40.924 54
11 2 H・コバライネン マクラーレン 55 1:34:56.212 52.798 192.984 1:41.316 53
12 4 K・ライコネン フェラーリ 55 1:34:57.731 54.317 192.932 1:40.843 54
13 17 中嶋一貴 ウィリアムズ 55 1:35:03.253 59.839 192.745 1:40.754 54
14 7 F・アロンソ ルノー 55 1:35:13.101 69.687 192.413 1:40.757 54
15 21 V・リウッツィ フォース・インディア 55 1:35:37.864 94.450 191.583 1:41.277 54
16 3 G・フィジケラ フェラーリ 54 1:34:06.897 1 LAP 191.128 1:41.132 54
17 20 A・スーティル フォース・インディア 54 1:34:10.427 1 LAP 191.009 1:40.904 34
18 8 R・グロージャン ルノー 54 1:34:11.396 1 LAP 190.976 1:42.274 47
Not Classified
Pos.No.DriverTeamLapsTimeGapKphBestLap
  1 L・ハミルトン マクラーレン 20 34:32.330 未完走 192.765 1:40.367 16
  11 J・アルグエルスアリ トロ・ロッソ 18 32:06.879 未完走 186.563 :43.318 16

■F1 2009年 ポイント・ランキング

おめでとう可夢偉! 1ピット作戦にも関わらず、アグレッシブに攻め続け、自己ベストを繰り返す走りは立派。 6位入賞念願のポイント獲得。今回も、世界が注目する走りで来季のシートをぐっと引き寄せた。

一方、一貴はいつもの1ピットペースで見せ場を全く作る事が出来きず、来季のシートへのアピールにつながらなかった。

|

« アジアン・ル・マン 岡山 レース結果 | トップページ | ブリヂストン 2010年末でF1タイヤ供給から撤退を発表 »

■F1」カテゴリの記事

コメント

可夢偉良いですね♪

前戦に続いて魅せてくれましたね〜。来期はトヨタ次第ですが、どこかのチームにシートが得られそうですね。まだまだ本物かどうかは判りませんが、難しい1STOP作戦を攻めて攻めてモノにしたトコロは今後の期待十分に思われますよね!今回の6位はキチンと実力で手にした順位ですし、来期に良いマシンに当たれば日本人の中では最高のドライバーになる可能性『大!』に見えたのはワタクシだけではないはず。何とか来期のシートを獲得して欲しいものです。

投稿: 万歳! | 2009年11月 2日 (月) 20時37分

●可夢偉はGP2ではパッとしなかったようですが、このF1の2戦では十分過ぎる程の結果を残しましたね。 大きくリスクを犯して限界で走っている感じは無く、タイヤ・マネジメントもしながら自己ベストを更新していく姿勢はワクワクすると共に、初優勝の可能性すら感じられますよ。

おそらく来季は、トヨタがF1を継続参戦するなば、可夢偉でほぼ決まりと思います。 トヨタで可能性の残っているトゥルーリ、グロック、コバライネン、スーティルと比べても可夢偉は全然遜色ないと思われますので、さらにワンランク上のドライバーと契約しない限り、可夢偉ともう一人の若手ドライバーの2人で十分かと思います。

もう一人の若手ドライバーは、TDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)出身の日本人である可能性もありますよ! 山科代表やハウェット社長がポロッと漏らした一言を当方は聞き逃しませんぞ! 11月15日の役員会決定が楽しみですね!

投稿: Yasshi | 2009年11月 2日 (月) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アジアン・ル・マン 岡山 レース結果 | トップページ | ブリヂストン 2010年末でF1タイヤ供給から撤退を発表 »