« F1最終戦 アブダビGP フリー走行 2回目:可夢偉が5番手、一貴は12番手 | トップページ | アジアン・ル・マン 岡山 レース結果 »

2009年11月 1日 (日)

F1 最終戦 アブダビGP 予選:トップはハミルトン、可夢偉は12番手、一貴は14番手

F1 最終戦 アブダビGPの予選が10月31日(土)、ヤス・マリーナ・サーキットで、日没を迎え、人工照明の下、行われた。(気温29度、路面温度32度)

F1_toyota_kamui_20091031b 美しいヤス・マリーナ・サーキットを走る可夢偉

ポールポジションを獲得したのはマクラーレンのルイス・ハミルトン。Q1~Q3まで全てトップタイムを出す圧巻の予選セッションをみせ、今シーズン4度目のポールポジションを獲得した。

2番手はセバスチャン・ベッテル、3番手はマーク・ウェバーとレッドブル勢が並んだ。

4番手にはルーベンス・バリチェロ、5番手にはジェンソン・バトンとブラウンGP勢が続いた。

トヨタ勢は、ヤルノ・トゥルーリが6番手。小林可夢偉は1分40秒台を出したにも関わらず、僅か0.116秒差でQ2敗退、12番手となった。中嶋一貴(ウィリアムズ)はミスもあり14番手に終わった。

F1アブダビGP決勝レースは、明日11月1日(日)の日本時間22時(現地時間17時)からスタートする。

【F1 最終戦 アブダビGP 予選結果】

Pos.No.DriverConstructorsQ1Q2Q3Laps
1 1 L・ハミルトン マクラーレン 1:39.873 1:39.695 1:40.948 20
2 15 S・ベッテル レッドブル 1:40.666 1:39.984 1:41.615 21
3 14 M・ウェバー レッドブル 1:40.667 1:40.272 1:41.726 21
4 23 R・バリチェロ BrawnGP 1:40.574 1:40.421 1:41.786 24
5 22 J・バトン BrawnGP 1:40.378 1:40.148 1:41.892 25
6 9 J・トゥルーリ トヨタ 1:40.517 1:40.373 1:41.897 24
7 5 R・クビサ BMW 1:40.520 1:40.545 1:41.992 25
8 6 N・ハイドフェルド BMW 1:40.558 1:40.635 1:42.343 24
9 16 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:40.842 1:40.661 1:42.583 25
10 12 S・ブエミ トロ・ロッソ 1:40.908 1:40.430 1:42.713 27
11 4 K・ライコネン フェラーリ 1:41.100 1:40.726 - 20
12 10 小林可夢偉 トヨタ 1:41.035 1:40.777 - 17
13 2 H・コバライネン マクラーレン 1:40.808 1:40.983 - 16
14 17 中嶋一貴 ウィリアムズ 1:41.096 1:41.148 - 18
15 11 J・アルグエルスアリ トロ・ロッソ 1:41.503 1:41.689 - 19
16 7 F・アロンソ ルノー 1:41.667 - - 12
17 21 V・リウッツィ フォース・インディア 1:41.701 - - 10
18 20 A・スーティル フォース・インディア 1:41.863 - - 10
19 8 R・グロージャン ルノー 1:41.950 - - 12
20 3 G・フィジケラ フェラーリ 1:42.184 - - 12

可夢偉は僅かな差でQ3進出はならなかったが、決勝はミスをせず、可夢偉らしい走りで完走を期待する。

一貴はなかなかタイムを延ばせなかったが、失うものは何もない。ポイント獲得を目指し、意地の走りを最後に見せて欲しい。

Q2とQ3のタイム差が大きい事から、燃料を多く積んだ状態だとタイムはかなり落ちそうだが、来季のシートを懸けた最終戦は荒れたレース展開が予想されるだけに、辛抱強く完走するとポイントは転がり込んでくるかも。

|

« F1最終戦 アブダビGP フリー走行 2回目:可夢偉が5番手、一貴は12番手 | トップページ | アジアン・ル・マン 岡山 レース結果 »

■F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« F1最終戦 アブダビGP フリー走行 2回目:可夢偉が5番手、一貴は12番手 | トップページ | アジアン・ル・マン 岡山 レース結果 »