« バギーミーティング (11月):DB01 Bajaにひかれ右前足骨折! | トップページ | トヨタ F1売却無しの完全撤退、TMGはヨーロッパの活動拠点へ »

2009年11月 4日 (水)

トヨタ F1撤退 11月4日に臨時役員会で正式決定?

昨日当ブログでもトヨタF1撤退の可能性について取り上げたが、トヨタは、F1から今年限りで撤退する方針を固め、11月4日に臨時取締役会を開いて正式決定し、豊田章男社長が東京都内で会見して発表することとなった。

F1_toyota_kamui_20091016a Don't mind "raw deal"

トヨタは02年にF1に参戦。当初は12年まで継続する方針を示していたが、世界不況により2期連続の赤字となる見通しで、これ以上の費用負担は難しいと判断した。

トヨタは7月、傘下の富士スピードウェイでのF1開催から昨年限りで撤退することを表明したが、9月中間決算で黒字になったホンダなどに比べ大きく出遅れており、F1撤退によるコスト削減を決断した。

F1参戦は、運営費や車両製造費などで年間数百億円かかるとされるが、トヨタは11月5日に発表する09年9月中間連結決算も営業赤字となる見通し。

今後はF1チームのメンバーらの雇用を守るため、チームの譲渡などを検討する。共同参戦などの形で、運営費を大幅に圧縮し、F1にかかわり続ける可能性もある。

ついに恐れていた噂は本当になってしまった。 本業での世界的経営悪化が原因であるので当然ではあるが、トヨタなら撤退すると思っていた反面、可夢偉の活躍で来季の期待も大きくなってきただけに残念で仕方が無い。 何度も言うが、やはりトヨタにはF1文化は無かった。

昨年F1ではSuper Aguri Team、続いてホンダが撤退し、WRCではスバルとスズキが撤退した。今季はホンダの後を継いだBrawnGPがチャンピオンに輝き、ホッとしたところだった。
来季はF1は新規参入はあるものの、BMWに続くトヨタの撤退により、モータースポーツの最高峰であるF1の魅力が半減しないことを望む。

|

« バギーミーティング (11月):DB01 Bajaにひかれ右前足骨折! | トップページ | トヨタ F1売却無しの完全撤退、TMGはヨーロッパの活動拠点へ »

■F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バギーミーティング (11月):DB01 Bajaにひかれ右前足骨折! | トップページ | トヨタ F1売却無しの完全撤退、TMGはヨーロッパの活動拠点へ »