« F1 第16戦 ブラジルGP 予選:中嶋一貴は9番手、小林可夢偉は11番手 | トップページ | F1 第16戦 ブラジルGP 決勝:バトンがワールドチャンピオン獲得、小林可夢偉は9位! »

2009年10月18日 (日)

SuperGT 第8戦オートポリス決勝:PETRONAS TOM'S SC430が今季初優勝、GT300はJIMGAINER ADVAN F430

SuperGT第8戦「SUPER GT in KYUSHU 300km」の決勝レースがオートポリスで行われ、No.36 PETRONAS TOM'S SC430(脇阪寿一/アンドレ・ロッテラー組)が今季初優勝を飾った。 GT300クラスはNo.11 JIMGAINER ADVAN F430(田中哲也/平中克幸組)が優勝を果たした。

【GT500】

Sgt_petronas_sc430_20091018

PETRONAS TOM'S SC430が今季初優勝、2位はMOTUL AUTECH GT-R、3位にはHIS ADVAN KONDO GT-Rが入った。

ドライバーズランキング:No.1本山が78ポイントでトップをキープ、No.36脇阪/ロッテラーが73ポイントで急接近、No.8ファーマン/伊沢が61ポイントで最終戦にタイトルの可能性を残した。この3組以外には、ドライバーズチャンピオンの可能性はなくなった。

【脇阪寿一のコメント】

今年は、ふがいないレースが続いてしまっていましたが、今回は勝利で終われて良かったです。
僕が担当した後半は、すぐ後ろに立川選手がいたけれど、マージンを見ながらタイヤのことを考えて(労わって)走りました。彼に対してもですが、(タイトルを争う)1号車とのギャップも計っていました。前回の富士で1号車と争って最後に押し出されたこともトラウマになってますから(笑)。
最終戦は精いっぱいやるだけです。僕もアンドレももてぎは好きなサーキットです。(ランキングトップの本山の)1号車を意識して、(タイトルを目指し)精いっぱいやりたいです。

【GT300】

Sgt_jimgainer_f430_20091018

JIMGAINER ADVAN F430が今季初優勝、2位はM7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7、3位はウェッズスポーツIS350が入った。

ドライバーズランキング:No.19 織戸学/片岡龍也が74ポイントでトップ。No.43 新田守男/高木真一とNo.11 田中哲也/平中克幸が71ポイントで並び、No.7 谷口信輝/折目遼が67ポイントでランキング4位。No.2 アップル・K-one・紫電(加藤寛規)、No.46 エスロードMOLA Z(星野一樹/柳田真孝)までにドライバーズチャンピオンの可能性が残った。

【SuperGT 第8戦 オートポリス 決勝結果】

GT500クラス/決勝結果
Pos.No.MachineDriverTime/Diff.LapsTireWH
1 36 PETRONAS TOM'S SC430 脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
1:57'37.259 65 BS 53
2 1 MOTUL AUTECH GT-R 本山 哲
ブノワ・トレルイエ
0'02.910 65 BS 63
3 24 HIS ADVAN KONDO GT-R J.P・デ・オリベイラ
荒 聖治
0'36.242 65 YH 37
4 8 ARTA NSX ラルフ・ファーマン
伊沢 拓也
0'36.430 65 BS 53
5 18 ROCKSTAR 童夢 NSX 道上 龍
小暮 卓史
0'37.968 65 BS 43
6 100 RAYBRIG NSX 井出 有治
松浦 孝亮
0'38.656 65 BS 21
7 35 KRAFT SC430 石浦 宏明
大嶋 和也
0'50.038 65 BS 38
8 3 HASEMI TOMICA EBBRO GT-R ロニー・クインタレッリ
安田 裕信
1'42.045 65 MI 46
9 32 EPSON NSX ロイック・デュバル
中山 友貴
1Lap 64 DL 11
10 6 ENEOS SC430 伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム
1Lap 64 BS 26
11 38 ZENT CERUMO SC430 立川 祐路
リチャード・ライアン
6Laps 59 BS 41
12 39 DUNLOP SARD SC430 アンドレ・クート
平手 晃平
7Laps 58 DL 21
GT500 規定周回数:45
  12 IMPUL カルソニック GT-R 松田 次生
セバスチャン・フィリップ
36Laps 29 BS 32
  17 KEIHIN NSX 金石 年弘
塚越 広大
64Laps 1 BS 40
GT300クラス/決勝結果
Pos.No.MachineDriverTime/Diff.LapsTireWH
1 11 JIMGAINER ADVAN F430 田中 哲也
平中 克幸
1:59'30.531 61 YH 51
2 7 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7 谷口 信輝
折目 遼
0'01.528 61 YH 52
3 19 ウェッズスポーツIS350 織戸 学
片岡 龍也
1Lap 60 YH 63
4 43 ARTA Garaiya 新田 守男
高木 真一
1Lap 60 MI 63
5 31 avex apr COROLLA Axio 坂本 雄也
峰尾 恭輔
1Lap 60 YH 12
6 5 マッハGOGOGO車検320Rマッハ号 玉中 哲二
赤鮫 オヤジ
1Lap 60 YH 4
7 74 COROLLA Axio apr GT 井口 卓人
国本 雄資
1Lap 60 MI 22
8 46 エスロード MOLA Z 星野 一樹
柳田 真孝
1Lap 60 YH 55
9 26 UP START タイサンポルシェ 阿部 翼
筒井 克彦
1Lap 60 YH 14
10 808 初音ミク Studie GLAD BMW Z4 番場 琢
田ヶ原 章蔵
2Lap 59 YH  
11 66 triple a ムルシェ RG-1 山西 康司
余郷 敦
2Lap 59 YH 17
12 88 triple a ガイヤルド RG-3 松田 秀士
坂本 祐也
2Lap 59 YH 2
13 52 KUMHO TIRE  SHIFT  IS350 佐々木 孝太
関口 雄飛
2Lap 59 KH 9
14 112 石松 with ARKTECH GT3 アーロン・カラッティ
澤 圭太
2Lap 59 KH  
15 666 FieLDS BOMEX 320R 周防 彰悟
山下 潤一郎
2Lap 59 KH  
16 2 アップル・K-one・紫電 加藤 寛規
吉本 大樹
5Laps 56 YH 63
17 87 giraffa ガイヤルド RG-3 井入 宏之
和田 久
7Laps 54 YH  
18 81 ダイシン アドバン Ferrari 青木 孝行
藤井 誠暢
7Laps 54 YH 51
19 10 JIMGAINER ADVAN F360 植田 正幸
川口 正敬
10Laps 51 YH 2
GT300 規定周回数:42

□タイヤ=BS:ブリヂストン/DL:ダンロップ/KH:クムホ/MI:ミシュラン/YH:ヨコハマ
□WH=ウェイトハンディキャップ(kg)
□開始時刻:14:03'49/終了時刻:16:03'19.531
□出走台数:33台/完走台数:31台

○決勝ベストラップ
GT500 - 1'44.842 : No.38 ZENT CERUMO SC430 (リチャード・ライアン)
GT300 - 1'53.802 : No.73 COROLLA Axio apr GT (国本 雄資)

※No.35 2009 SUPER GT Sporting Regulations 第30条1.違反により、ドライビングスルーペナルティを課した。
※No.38 2009 SUPER GT Sporting Regulations 第34条 違反により、第47条を適用し競技結果に対して30秒を加算する。
※No.52 2009 SUPER GT Sporting Regulations 第30条1.違反により、ドライビングスルーペナルティを課した。
※No.66 2009 SUPER GT Sporting Regulations 第30条1.違反により、第47条を適用し競技結果に対して30秒を加算する。

No.36 脇阪はNo.38 立川との20周あまりにわたる接近戦を制したすさまじい集中力に拍手。 確実に2位でフィニッシュした本山もチャンプの意地と言うところか。 GT500クラスは3組で、GT300クラスは6組でのチャンピオン争いとなる最終戦(11/7~8)から目が離せない。

|

« F1 第16戦 ブラジルGP 予選:中嶋一貴は9番手、小林可夢偉は11番手 | トップページ | F1 第16戦 ブラジルGP 決勝:バトンがワールドチャンピオン獲得、小林可夢偉は9位! »

■SuperGT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« F1 第16戦 ブラジルGP 予選:中嶋一貴は9番手、小林可夢偉は11番手 | トップページ | F1 第16戦 ブラジルGP 決勝:バトンがワールドチャンピオン獲得、小林可夢偉は9位! »