« F1 第16戦 ブラジルGP フリー走行2回目:中嶋一貴は14番手、小林可夢偉は13番手 | トップページ | F1 第16戦 ブラジルGP フリー走行3回目:中嶋一貴は2番手、小林可夢偉は20番手 »

2009年10月17日 (土)

SuperGT 第8戦オートポリス予選はENEOS SC430がポール、GT300はARTAガライヤ

SuperGT 第8戦 『SUPER GTin Kyushu GT 300km RACE』の予選が、10月17日(土)曇りの中行われ、ZENT CERUMO SC430立川祐路が自身の記録を更新し、15回目のポールポジションを獲得した。 GT300クラスはARTA Garaiyaがポールを獲得している。

Sgt_zent_sc430_20091017 Sgt_arta_garaiya_20091017

【GT500クラス】

2番手タイムはIMPULカルソニックGT-R、タイトル争いを行っているMOTUL AUTECH GT-Rは3番手、PETRONAS TOM'S SC430は4番手、ARTAは6番手となった。

【GT300クラス】

2番手タイムは井口卓人のCOROLLA Axio apr GT、3番手はJIMGAINER ADVAN F430、4番手はアップル・K-one・紫電、5番手にダイシン アドバン Ferrariが入った。

【ZENT CERUMO SC430 立川祐路のコメント】

「開幕以来、久々のポールポジションですね。僕らはシーズンの序盤は良かったんですが、つらい中盤戦になってしまいました。ここに来る前に、この不調の原因が分かって、きっちり対策をすることができました。チームが予選に向けて仕上げてくれました。それでポールが獲れたと思います。タイトル獲得は(ポイント差において)厳しい状況ですから、このレースでは優勝しか考えていません」

【ARTA Garaiya 高木真一のコメント】

「嬉しいです。僕は緊張しない方ですが、とても緊張した予選になりました。残りが2戦で、チャンピオンシップのこと、最終戦のことまで考えると、本当に緊張しました。決勝は一番前からのスタートで、作戦もいろいろ考えられる。チーム一丸となって、表彰台、悪くともタイトル争いのライバルの前でゴールしたいです」

【SuperGT 第8戦 オートポリス 予選総合結果】 

GT500クラス/予選総合
Pos.No.MachinesDriverQualify #1Super LapTireWH
1 38 ZENT CERUMO SC430 s 立川 祐路
リチャード・ライアン
1'42.156 1'41.609 BS 41
2 12 IMPUL カルソニック GT-R s 松田 次生
セバスチャン・フィリップ
1'42.179 1'41.646 BS 32
3 1 MOTUL AUTECH GT-R s 本山 哲
ブノワ・トレルイエ
1'42.635 1'41.724 BS 63
4 36 PETRONAS TOM'S SC430 s 脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
1'42.432 1'41.749 BS 53
5 6 ENEOS SC430 s 伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム
1'41.727 1'41.817 BS 26
6 8 ARTA NSX s ラルフ・ファーマン
伊沢 拓也
1'42.965 1'41.893 BS 53
7 100 RAYBRIG NSX s 井出 有治
松浦 孝亮
1'42.718 1'42.130 BS 21
8 35 KRAFT SC430 s 石浦 宏明
大嶋 和也
1'42.261 1'42.405 BS 38
9 3 HASEMI TOMICA EBBRO GT-R   ロニー・クインタレッリ*
安田 裕信
1'43.049   MI 46
10 18 ROCKSTAR 童夢 NSX s 道上 龍
小暮 卓史*
1'43.096   BS 43
11 24 HIS ADVAN KONDO GT-R s J.P・デ・オリベイラ*
荒 聖治
1'43.375   YH 37
12 17 KEIHIN NSX   金石 年弘*
塚越 広大
1'43.782   BS 40
13 39 DUNLOP SARD SC430   アンドレ・クート
平手 晃平*
1'44.141   DL 21
14 32 EPSON NSX s ロイック・デュバル*
中山 友貴
1'44.415   DL 11
GT500 以上予選通過
GT300クラス/予選総合
Pos.No.MachinesDriverQualify #1Super LapTireWH
1 43 ARTA Garaiya s 新田 守男
高木 真一
1'52.312 1'51.007 MI 63
2 74 COROLLA Axio apr GT s 井口 卓人
国本 雄資
1'52.972 1'51.204 MI 22
3 11 JIMGAINER ADVAN F430   田中 哲也
平中 克幸
1'52.831 1'51.421 YH 51
4 2 アップル・K-one・紫電 s 加藤 寛規
吉本 大樹
1'52.718 1'51.552 YH 63
5 81 ダイシン アドバン Ferrari s 青木 孝行
藤井 誠暢
1'52.380 1'51.676 YH 51
6 46 エスロード MOLA Z s 星野 一樹
柳田 真孝
1'52.518 1'51.747 YH 55
7 7 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7 s 谷口 信輝
折目 遼
1'52.986 1'52.446 YH 52
8 19 ウェッズスポーツIS350 s 織戸 学
片岡 龍也
1'52.657 1'52.564 YH 63
9 26 UP START タイサンポルシェ s 阿部 翼*
筒井 克彦
1'53.107   YH 14
10 87 giraffa ガイヤルド RG-3   井入 宏之*
和田 久
1'53.665   YH  
11 808 初音ミク Studie GLAD BMW Z4   番場 琢*
田ヶ原 章蔵
1'53.728   YH  
12 66 triple a ムルシェ RG-1   山西 康司*
余郷 敦
1'53.987   YH 17
13 88 triple a ガイヤルド RG-3   松田 秀士
坂本 祐也*
1'54.024   YH 2
14 31 avex apr COROLLA Axio s 坂本 雄也
峰尾 恭輔*
1'54.250   YH 12
15 112 石松 with ARKTECH GT3   アーロン・カラッティ
澤 圭太*
1'54.354   KH  
16 5 マッハGOGOGO車検320Rマッハ号   玉中 哲二*
赤鮫 オヤジ
1'54.400   YH 4
17 52 KUMHO TIRE  SHIFT  IS350   佐々木 孝太*
関口 雄飛
1'54.720   KH 9
18 10 JIMGAINER ADVAN F360   植田 正幸*
川口 正敬
1'55.105   YH 2
GT300 以上予選通過
  666 FieLDS BOMEX 320R   #周防 彰悟
山下 潤一郎*
1'57.351   KH  

両クラスの上位8台は、スーパーラップにより順位を決定
□タイヤ=BS:ブリヂストン/DL:ダンロップ/KH:クムホ/MI:ミシュラン/YH:ヨコハマ
□WH=ウェイトハンディキャップ(kg)
□スーパーラップ アタックドライバー:太字
□*=予選1回目のタイムを出したドライバー/#付のドライバーは通過基準タイム不足
○車名の後ろのS:シード権車両=シード権車両は、全ての参加条件が満たされている限り決勝レースへの出場が保証される。

〈予選1回目〉

※赤旗中断時間:13:19'52 - 13:29'00 赤旗により500ボードの提示が9分間遅延した。
※No.26 国際モータースポーツ競技規則付則H項第2章2.1(ピットレーンスピード制限)違反により、罰金2万円を科す。
※No.26 国際モータースポーツ競技規則付則H項第2章2.1(ピットレーンスピード制限)違反により、訓戒処分、及び罰金2万円を科す。
*大会審査委員会はNo.666の決勝レース出場の可否を決勝前フリー走行にて決定する。

各クラスともタイトル争いを行っているチームが予選上位に着けており、タイム的にもあまり差はない。 決勝は白熱したバトルが期待できるのでは。

|

« F1 第16戦 ブラジルGP フリー走行2回目:中嶋一貴は14番手、小林可夢偉は13番手 | トップページ | F1 第16戦 ブラジルGP フリー走行3回目:中嶋一貴は2番手、小林可夢偉は20番手 »

■SuperGT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« F1 第16戦 ブラジルGP フリー走行2回目:中嶋一貴は14番手、小林可夢偉は13番手 | トップページ | F1 第16戦 ブラジルGP フリー走行3回目:中嶋一貴は2番手、小林可夢偉は20番手 »