« モータースポーツジャパン 2009 トヨタブースイベント情報 | トップページ | D1グランプリ第7-8戦 富士スピードウェイ結果 »

2009年10月11日 (日)

小林可夢偉、ブラジルGPでF1 デビュー!

10月11日、トヨタF1は第16戦ブラジルGPでサードドライバーの小林可夢偉がティモ・グロックの代役として、F1デビューを果たす発表した。

F1_toyota_kamui_20091011d Msj_toyota_kazuki_kamui_20091010_2

グロックは日本GPの予選でクラッシュした後、ドイツで受けた検査で、脊椎が損傷していることが判明。 医師の診断により、ブラジルGPへの参加を見合わせることとなった。

最終戦となるアブダビGPへのグロックの参戦については、後日決定予定。

『モータースポーツ ジャパン 2009 フェスティバル イン お台場』で、中嶋一貴とともにトークショーに出演した可夢偉は、トークショーの最後に登場した山科忠トヨタF1チーム代表から、レースドライバーへの起用を宣言された。

【ジョン・ハウエットTMG社長】

「ティモの欠場については、明らかに、チーム全員、非常に残念に思っており、同情している。一日も早い回復を願う。 ティモは回復のためにドイツに残る。 現時点では、状況ははっきりしないが、アブダビまでにグロックの回復を願うばかりだ。 可夢偉の起用は自然な選択で、鈴鹿で、彼は、役目をしっかりと努められることを証明した。 可夢偉にとっては大変な仕事になるが、チームは全面的に彼をサポートし、可夢偉は思いがけない出走のチャンスを最大限に生かそうとモチベーションを高めている」

【小林可夢偉のコメント】

「ここまで育ててくださった両親をはじめ、皆さんに本当に感謝しています。 チャンスなので、本当に頑張ります」

「これからが僕のスタート地点だから、すごくチャレンジングな気持ちでいいレースをして、自分らしいレースで結果を残したい。 (レースでは)ポイントがとれればいいかな。 これがチームにできる一番の仕事だから」

【中嶋一貴のコメント】

可夢偉と初めて一緒にF1でレースをすることになる一貴は「今シーズンはまだポイントがとれてないけれど、可夢偉に先を越されるわけにはいかないからがんばるよ。 簡単には行かせないよ!」と可夢偉をけん制。

【山科代表のコメント】

共にイベントに参加した中嶋一貴と可夢偉を前に以下の様に語った。
「日本GP初日はチームからの突然の指令にもかかわらず、雨やプレッシャーの中で活躍をしてくれた。 他チームの代表からも良い評価をもらっている。 若い二人がインテルラゴスで1―2を決めてくれることを期待したい

【小林可夢偉の経歴】

1996年 SL たからづか大会カデットクラス3位
1997年 SL 全国大会 カデットクラス優勝
1998年 JAF カップ西地域 カデットクラス優勝
1999年 SL 全日本大会(SストックDクラス)優勝
2000年 全日本ジュニアカート選手権
鈴鹿カート選手権 シリーズチャンピオン
2001年 全日本カート選手権ICA シリーズチャンピオン
アジアパシフィック選手権ICA 2位
フォーミュラ・トヨタレーシングスクール受講
スカラシップ生に選出される
2002年 ヨーロッパカート選手権シリーズ参戦
フォーミュラトヨタ参戦
2003年 フォーミュラトヨタシリーズ参戦 シリーズ2位
2004年 フォーミュラルノーイタリア選手権に参戦 シリーズ4位(2勝)
2005年 フォーミュラルノーイタリア選手権 シリーズチャンピオン(6勝)
フォーミュラルノーユーロ選手権 シリーズチャンピオン(5勝)

2006年 F3ユーロシリーズ参戦 シリーズ8位(ルーキーオブザイヤー)
2007年 F3ユーロシリーズ参戦 シリーズ4位(1勝)
2008年 GP2アジアシリーズ参戦 シリーズ6位(2勝:日本人初優勝)
GP2シリーズ参戦 シリーズ16位(1勝:日本人初優勝)
パナソニック・トヨタ・レーシング サードドライバー
2009年 GP2アジアシリーズ参戦 シリーズチャンピオン(2勝)
GP2シリーズ参戦  シリーズ16位 (3位 表彰台1回)
パナソニック・トヨタ・レーシング サードドライバー

日本GPのフリー走行に続き、ブラジルGP出走のチャンスを得た可夢偉は 今年一貴には無かった「運」の持ち主かも。 二人の将来を懸けてポイント獲得を祈りたい。

|

« モータースポーツジャパン 2009 トヨタブースイベント情報 | トップページ | D1グランプリ第7-8戦 富士スピードウェイ結果 »

■F1」カテゴリの記事

コメント

小林可夢偉来ましたか!

近年のトップドライバー達はデビューしていきなり速さを見せるパターンがほとんど、可夢偉は果たしどんなインパクトある走りを見せてくれるのか次戦は必見ですね!!

投稿: 万歳! | 2009年10月12日 (月) 19時39分

●万歳!さん、お久しぶりです!
可夢偉来ましたよ。 なかなかこんなチャンスは無いですから、是非来季につながる走りをして欲しいですね。
ブラジルGPは来季のシートを占う意味でも、一貴も含め楽しみですし、チャンピオン決定の可能性もありますので、見所満載ですよー!

投稿: Yasshi | 2009年10月12日 (月) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モータースポーツジャパン 2009 トヨタブースイベント情報 | トップページ | D1グランプリ第7-8戦 富士スピードウェイ結果 »