« 世界最大級のソーラーカーレース「グローバル・グリーン・チャレンジ」で東海大学が優勝 | トップページ | F1最終戦 アブダビGP フリー走行 1回目:ハミルトンがトップ、一貴14番手、可夢偉は19番手 »

2009年10月30日 (金)

F1 トヨタに来季ライコネンは来ない?

現在、トヨタ F1チームが来季の1st ドライバーとして交渉中のキミ・ライコネンは、来年もF1に残るならば選択肢はマクラーレンだけだと語り、キミ・ライコネンが来季トヨタに来る可能性はほとんど無くなった。

フェラーリとの契約を1年前倒しで終了することに同意し、シーズン終了後にフリーエージェントとなるライコネンだが、まだ2010年の契約を決定していない。

【キミ・ライコネンのコメント】

トヨタは議論さえしていない
「F1マシンをドライブすることを望むなら、唯一の選択肢はマクラーレンだ。数日で状況がわかるだろう」
「基本的にいくつか選択肢はあるし、全体的に何がベストな選択肢かをみてから決定するつもりだ」

【トヨタの来季ドライバー候補】

▲ヤルノ・トゥルーリ:ロータスへの移籍が濃厚

▲ティモ・グロック:ルノーと契約間近

○ヘイキ・コバライネン:マクラーレンは契約しない方向

△エイドリアン・スーティル:フォース・インディア残留の可能性が高い

F1_sutil_20090930 「今の時点ではまだはっきりしたことは言えない。でもフォース・インディアと交渉しているのは確かだよ。あそこに来年も残れたらいいだろうね。僕らも彼らも互いに関心を持っているし、僕は今このチームといて、とてもハッピーなんだ」

●小林可夢偉:今週のアブダビGPでの活躍次第

個人的には、最近速さを見せているスーティルがトヨタに来てくれることを望むが、フォース・インディアに残留の可能性が高そうだ。 もはや可夢偉と組んで優勝を狙えるドライバーは残っておらず、最悪の場合、トヨタF1撤退の選択も無いとも言えない。

|

« 世界最大級のソーラーカーレース「グローバル・グリーン・チャレンジ」で東海大学が優勝 | トップページ | F1最終戦 アブダビGP フリー走行 1回目:ハミルトンがトップ、一貴14番手、可夢偉は19番手 »

■F1」カテゴリの記事

コメント

トヨタに今必要なのは『超』が付く一流ドライバーの存在ではないかとワタクシは思うのです…。

来期の可夢偉のシート獲得も期待しているのですが、今だにトヨタは大物ドライバーが乗ってくれた事が無い!本気で優勝やチャンピオンシップを狙って行くのなら、フェラーリやマクラーレン並のドライバーラインナップが必要な事は明白ではないのでしょうか…。クルマはまぁまぁ、金なら有る!ライコネンよ!頼むから来てくれ〜(>_<)

投稿: 万歳! | 2009年10月30日 (金) 14時38分

●トヨタが本気でF1で勝ちに行く気があるのかどうか? そこがポイントですね。 ドライバーだけでなく、マシンの方も優勝が狙えるものをオフの間に準備し、シーズン中もどれだけ進化させ続けられるか。 それを何年計画でやろうとしているのか?

その本気度が見られないと、チャンピオンを狙うドライバーは来ないですよ。
いくらお金があっても、フェラーリやマクラーレンとF1に対する取り組み姿勢が違います。 経営が悪化すればすぐにF1から撤退するようなチームには行かないでしょう。
これは一言で言えばやはり「モータースポーツにおける文化」のちがいでしょう。

来季はウィリアムズがトヨタエンジンを不要と判断し、コスワースを選びましたが、一貴だけでなく、この契約解除はトヨタにとってもマイナス要因ですね。 それだけエンジンの改良の為のフィードバックも減りますし。 トヨタの来季の1stドライバー獲得は本当に混沌としてきましたね。

投稿: Yasshi | 2009年10月30日 (金) 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界最大級のソーラーカーレース「グローバル・グリーン・チャレンジ」で東海大学が優勝 | トップページ | F1最終戦 アブダビGP フリー走行 1回目:ハミルトンがトップ、一貴14番手、可夢偉は19番手 »