« F1 第16戦 ブラジルGP フリー走行3回目:中嶋一貴は2番手、小林可夢偉は20番手 | トップページ | SuperGT 第8戦オートポリス決勝:PETRONAS TOM'S SC430が今季初優勝、GT300はJIMGAINER ADVAN F430 »

2009年10月18日 (日)

F1 第16戦 ブラジルGP 予選:中嶋一貴は9番手、小林可夢偉は11番手

F1 第16戦 ブラジルGPの予選が10月17日(土)に雨でコース上には至るところに川ができる難しいコンディションの中で行われたが、雨と赤旗で何度も中断、延期が繰り返され3時間にも及んだ。

ポールポジションはBrawnGPのルーベンス・バルチェロ。 母国GPで今シーズン初となる自身14回目のポールポジションを獲得した。

F1_williums_kazuki_20091017 F1_toyota_kamui_20091017a

2番手にはレッドブルのマーク・ウェバー、3番手にはフォース・インディアのエイドリアン・スーティルが続いた。

トヨタ勢はヤルノ・トゥルーリが4番手、小林可夢偉は11番手と予想以上のガンバリを見せた。 中嶋一貴(ウィリアムズ)はウェットで速さを示したものの9番手だった

■Q1:激しい雨の中、チャンピオンを争うセバスチャン・ベッテル(レッドブル)はタイミングを逃し、痛恨の敗退となった。 これでチャンピオンの夢は大きく遠退いた。

■Q2:赤旗一時間の中断後に路面コンディションの向上で何台かのマシンはインターミディエイトでタイムアタックを行ったが、ここでウェットタイヤのままだったジェンソン・バトン(ブラウンGP)は14番手で敗退。 中嶋一貴はQ2でロズベルグに続く2番手タイムをマークした。 F1初参戦となる小林可夢偉は惜しくもQ3進出はならなかった。

F1ブラジルGP決勝レースは、10月18日(日)の日本時間25時(現地時間14時)からスタートする。

【中嶋一貴 (9番手)のコメント】

「赤旗やそれぞれのラウンドの間の時間が長くて、難しい予選セッションでしたね。クルマはウェットでとても競争力があったので、雨が降り続いていたらもっと良かったかもしれません。でも、それでもなんとか良いポジションを得ることができました。トップ10にいるのはハンガリー以来なので、明日良いレースができることを楽しみにしています」

【小林可夢偉(11番手)のコメント】

「F1の予選を初めて体験したが、非常に難しいセッションだった。ラップ毎に、状況が変わり、ハイドロプレーニング現象がよく起きる、とても厳しいコンディションだった。このコースは初めてで、更にこんな悪条件だったため、走行は簡単ではなかったが、クルマの調子は良かった。第2セッションの終盤、最後のラップで、小さなミスをして、トップ10入りを逃したのは残念だった。しかし、全体的には、今日のようなひどいコンディションの中で迎えた初めてのF1の予選で、11位という成績は予想より良く、嬉しく思う。明日のレースが楽しみだ。ポイントを稼げたら最高なので、そのためにベストを尽くしたい」

【F1 第16戦 ブラジルGP 予選結果】

Pos.No.DriverConstructorsQ1Q2Q3Laps
1 23 R・バリチェロ BrawnGP 1:24.100 1:21.659 1:19.576 30
2 14 M・ウェバー レッドブル 1:24.722 1:20.803 1:19.668 28
3 20 A・スーティル フォース・インディア 1:24.447 1:20.753 1:19.912 28
4 9 J・トゥルーリ トヨタ 1:24.621 1:20.635 1:20.097 29
5 4 K・ライコネン フェラーリ 1:23.047 1:21.378 1:20.168 30
6 12 S・ブエミ トロ・ロッソ 1:24.591 1:20.701 1:20.250 35
7 16 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:22.828 1:20.368 1:20.326 31
8 5 R・クビサ BMW 1:23.072 1:21.147 1:20.631 30
9 17 中嶋一貴 ウィリアムズ 1:23.161 1:20.427 1:20.674 32
10 7 F・アロンソ ルノー 1:24.842 1:21.657 1:21.422 27
11 10 小林可夢偉 トヨタ 1:24.335 1:21.960 - 22
12 11 J・アルグエルスアリ トロ・ロッソ 1:24.773 1:22.231 - 25
13 8 R・グロージャン ルノー 1:24.394 1:22.477 - 23
14 22 J・バトン BrawnGP 1:24.297 1:22.504 - 23
15 21 V・リウッツィ フォース・インディア 1:24.645 未完走 - 12
16 15 S・ベッテル レッドブル 1:25.009 - - 13
17 2 H・コバライネン マクラーレン 1:25.052 - - 12
18 1 L・ハミルトン マクラーレン 1:25.192 - - 11
19 6 N・ハイドフェルド BMW 1:25.515 - - 11
20 3 G・フィジケラ フェラーリ 1:40.703 - - 3

※15位のV・リウッツィはQ2でのクラッシュによるギアボックス交換の為、5番グリッド降格の最下位からスタートとなる。

【燃料搭載量からの予想ピットイン周回】
R・バリチェロ  20周目、M・ウェバー 22周目、E・スーティル 23周目、Y・トゥルーリ 24周目
中嶋一貴 26周目、小林可夢偉 30周目、J・バトン 31周目、S・ベッテル 37周目

雨で吉と出たのはバリチェロだった。 2位以上が必須のベッテルの16番手スタートは奇跡が起こらない限り難しそうだ。 一方、バトンは最終戦に向けて何ポイント加算出来るかが見所となる。

一貴と可夢偉にとっては上位常連メンバーが前におらず、波乱が予想されるだけに、非常にポイント獲得のチャンスが大きい決勝となりそうだ。

|

« F1 第16戦 ブラジルGP フリー走行3回目:中嶋一貴は2番手、小林可夢偉は20番手 | トップページ | SuperGT 第8戦オートポリス決勝:PETRONAS TOM'S SC430が今季初優勝、GT300はJIMGAINER ADVAN F430 »

■F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« F1 第16戦 ブラジルGP フリー走行3回目:中嶋一貴は2番手、小林可夢偉は20番手 | トップページ | SuperGT 第8戦オートポリス決勝:PETRONAS TOM'S SC430が今季初優勝、GT300はJIMGAINER ADVAN F430 »