« D1グランプリ第7-8戦 富士スピードウェイ結果 | トップページ | F1 ウィリアムズ、トヨタとのエンジン契約終了を発表 »

2009年10月12日 (月)

2010年F1 ドライバー大胆予想 (10月12日時点)

2010年のF1ドライバーを10月12日時点で独断と偏見で予想してみました。

<STEP1>
最初のキーマンはK・ライコネンで、当初の噂どおりにマクラーレンに行けば、後は順番に埋まっていくと思われます。

<STEP2>
次のキーマンはR・バリチェロで、すんなりウィリアムズに決まればその後に、H・コバライネン、T・グロック、N・ハイドヘルドの3名がルノー、トヨタ辺りに埋まっていくでしょう。

<STEP3>
最後に新規参入チームにその他のドライバーが決まれば完了ですが、中嶋一貴や佐藤琢磨もなんとか粘り強く契約まで漕ぎ着けて欲しいですね。

【2010年予想 F1 ドライバー】

チーム名現ドライバー来季ドライバー確度
マクラーレン L・ハミルトン L・ハミルトン
H・コバライネン K・ライコネン
フェラーリ G・フィジケラ F・マッサ
K・ライコネン F・アロンソ
BMWザウバー R・クビサ - -
N・ハイドフェルド - -
ルノー F・アロンソ R・クビサ
R・グロージャン H・コバライネン
トヨタ J・トゥルーリ 中嶋一貴/小林可夢偉
T・グロック T・グロック/N・ハイドヘルド
トロ・ロッソ J・アルグエルスアリ J・アルグエルスアリ
S・ブエミ S・ブエミ
レッドブル M・ウェバー M・ウェバー
S・ベッテル S・ベッテル
ウィリアムズ N・ロズベルグ R・バリチェロ
中嶋一貴 N・ヒュルケンベルグ
フォース・インディア A・スーティル A・スーティル
V・リウッツィ V・リウッツィ
BrawnGP J・バトン J・バトン
R・バリチェロ N・ロズベルグ
ロータス - J・トゥルーリ
- F・ファウジー
カンボス - P・デ・ラ・ロサ
-

B・セナ

マナー - A・キャロル
- A・パレンテ
USF1 - A・ヴルツ
-

J・サマートン

中嶋一貴が来季F1シートを確保する条件は、以下のことが考えられます。

●ライコネンがマクラーレンとも契約に至らずWRC等へ転向し、残るチームにグロックやハイドヘルドを取られてトヨタが勝てるドライバーを1名しか確保できないこと。
●次戦のブラジルGPで一貴が予選で速さを示し、決勝で上位でポイントをゲットすること。 但し、可夢偉が一貴以上の結果を残さないこと。
●一番大事なのは、トヨタが残り2戦で優勝せず、来季も継続参戦し、かつ他のチームも撤退しないこと。(トヨタは優勝という最大目的を達成すると撤退の可能性がある為)

|

« D1グランプリ第7-8戦 富士スピードウェイ結果 | トップページ | F1 ウィリアムズ、トヨタとのエンジン契約終了を発表 »

■F1」カテゴリの記事

コメント

来期はトヨタエンジン搭載のチームが増加してくれなければ日本人ドライバー達のシート確保は厳しいとワタクシには思われ…トヨタのチーム首脳陣にも奮起して欲しいですね。

一貴には一度はトヨタワークスでドライブして貰いたいのですが、彼を見切って可夢偉に期待したい気分も結構あったりして。残念ながらシビアなF1の世界で約二年間ものチャンスを与えられながら結果を残せないのは最早致命的でしょう…。次戦でもしも可夢偉に少しでも遅れを取ることがあれば、厳しい様ですが一貴はF1から去った方が良いのかも知れません。

ワタクシの来期トヨタの大胆シート予想は『ライコネン』&『小林可夢偉』!という事にしましょうか(笑)
ライコネンさえ来てくれれば来期は1勝位は…それでもダメなら撤退かな?(´〜`;)

投稿: 万歳! | 2009年10月13日 (火) 01時20分

●来季はウィリアムズを含め、新規参入組もトヨタのエンジンを積みたがりませんので、経済面のみならずトヨタのF1での存在意義が問われる年となりそうですね。

トヨタが本気で勝ちにこだわるのなら、一貴も可夢偉も役不足ですが、TDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム) 出身の彼らの将来を見切る訳にはいかないのでは?

もちろん、ライコネンを獲得出来るのなら、2ndドライバーとしての日本人はありと思いますが。
ライコネンとトヨタのつながりが薄い様に思いますし、1勝の為に支払う契約金はあまりにも高くつきそうですよ。

ライコネンは10月6日に「まず第一に満足できる契約と、チャンピオンシップに勝てるチャンスのあるクルマを望んでいる。小さなチームに行って、ただドライブするだけでは意味はない。そこからは何も得られない。 10位あたりでドライブすることには興味はない。そこからは何も得られない。家で他のことをしていた方がマシだ」と述べています。 ライコネンがマクラーレンかトヨタかWRCかどこを選択するかは今月末までには答えを出すみたいですよ。

投稿: Yasshi | 2009年10月13日 (火) 18時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« D1グランプリ第7-8戦 富士スピードウェイ結果 | トップページ | F1 ウィリアムズ、トヨタとのエンジン契約終了を発表 »