« SuperGT 第6戦 鈴鹿はブノワ・トレルイエ出場停止 | トップページ | TRF公式サイトのリニューアル »

2009年8月 5日 (水)

SuperGT 第6戦 鈴鹿はミハエル・クルムが代役に決定

前回のブログで記載した様に、モラル・ハザードポイントの累積によりSuperGT 第6戦 鈴鹿に出場出来なくなったブノワ・トレルイエに代わって8月5日、ニスモはミハエル・クルムを起用することを発表した。

ミハエル・クルムは昨年までSUPER GTにニスモから出場しており、今年はニスモが開発しているFIA GT選手権GT1仕様のNISSAN GT-Rをドライブし、ヨーロッパを中心に活動しており、7月に行われたスパ24時間レースでは総合13位で完走している。

なお、第7戦以降はトレルイエ選手が復帰する予定である。

■#1 MOTUL AUTECH GT-Rドライバーラインアップ (SUPER GT 第6戦 鈴鹿)

本山 哲/ミハエル・クルム

さすが、ニスモですね。 なるほど、これ以上のピンチヒッターはいませんね。
前回のブログでは「最もウェイトハンディの大きいニスモにとっては上位入賞の可能性は元々低く、誰がドライブしてもあまり影響はないと思われる。」と書きましたが、クルムの走りには注目ですね。

|

« SuperGT 第6戦 鈴鹿はブノワ・トレルイエ出場停止 | トップページ | TRF公式サイトのリニューアル »

■SuperGT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SuperGT 第6戦 鈴鹿はブノワ・トレルイエ出場停止 | トップページ | TRF公式サイトのリニューアル »