« WRC ペター・ソルベルグはラリー・オーストラリア出場を断念 | トップページ | 佐藤琢磨のF1復帰の可能性について »

2009年8月14日 (金)

SuperGT 第6戦で金石勝智が現役引退を発表

KEIHIN REAL RACINGは8月14日、 チームオーナー兼株式会社リアル代表取締役 金石勝智が、SUPER GT第6戦第39回インターナショナル ポッカGT サマースペシャルに第3ドライバーとして出場し、このレースを最後に、現役を引退することになったと発表した。

Sgt_real_kaneishi_20090814

【金石勝智(かねいし かつとも)】

1968年11月21日生まれ、大阪府出身のレーシングドライバー。 同じくレーシングドライバーの金石年弘は従弟。

1980年にカートレーシングでデビュー
1988年に鈴鹿FJ1600でチャンピオンを獲得
1989年・1991年には全日本F3選手権に参戦
1990年に全日本F3000選手権に当時の最年少である21歳でステップアップ
1996年から2002年までは全日本選手権フォーミュラ・ニッポンに参戦
1997年から2002年まで全日本GT選手権にフル参戦
1999年から2001年及び2005年から2006年には鈴鹿1000kmに参戦し、1999年・2000年と2年連続総合優勝
2003年にはARTAの支援を受け、ドイツツーリングカー選手権(DTM)に日本人として初のフル参戦を果たす
2004年には日本に戻り、再び全日本GT選手権にフル参戦
2007年からは、自らのチームReal Racingを率いながら、ドライバーとしても再びSUPER GTにフル参戦
現在はドライバー活動の傍ら、フォーミュラチャレンジ・ジャパンのレーシングアドバイザーやARTAのプロデューサーやフォーミュラ・ニッポンのチーム監督、若手ドライバーの育成活動やホンダ系のマシンのテストドライブも活発に行っている

■フォーミュラ・ニッポン(通算勝利数・2勝)(最高シリーズランキング・6位-2000年)
■全日本GT選手権&SUPER GT (通算勝利数・3勝)(最高シリーズランキング・2位-2001年)

今後は、更に若手ドライバー育成に力を入れ、子供たちに夢と感動を与えられるようモータースポーツ界の更なる発展へと精進していくとのこと。

REAL RACING HP:http://www.real-racing.jp/

金石勝智ブログ:http://www.real-racing.jp/blog/toshihiro/

今年はKEIHIN REAL RACINGは塚越広大の活躍もあり、チームとしてはポイントランキング5位と好調だ。 今後はこれまでの経験を生かして、モータースポーツをさらに魅力あるのもにして貰いたい。 お疲れ様でした。

|

« WRC ペター・ソルベルグはラリー・オーストラリア出場を断念 | トップページ | 佐藤琢磨のF1復帰の可能性について »

■SuperGT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« WRC ペター・ソルベルグはラリー・オーストラリア出場を断念 | トップページ | 佐藤琢磨のF1復帰の可能性について »