« SuperGT 第6戦 鈴鹿の予選はノックダウン方式 | トップページ | F1 フェラーリ シューマッハの代役にバドエルを起用 »

2009年8月11日 (火)

JAFが2010年FIA国際スポーツカレンダー登録申請を発表

JAF(日本自動車連盟)が、2010年のFIA国際モータースポーツカレンダー申請一覧を発表したが、これまでこのタイミングで必ず記載されていた現時点でF1日本GPに関する情報が今年は記載されていなかった

FIA国際モータースポーツカレンダー申請一覧は、JAFがFIAに国際イベントとして開催するレースを申請するものだが、F1日本GPに関しては、2010年に開催を予定していた富士スピードウェイがF1開催から撤退することを発表。 今年からF1カレンダーに復帰する鈴鹿サーキットが開催を引き継ぐか、またはF1日本GP自体が消滅してしまうのかに注目が集まっている。

もちろん、この日程はまだ確定ではないが、今後どのように展開していくのか気になるところだ。

なお、今回の国際カレンダー登録申請では9月にはWRC世界ラリー選手権が日本に復帰。 また、11/13~14日には「SUPER GT & フォーミュラ・ニッポン オールスターレース」と題したスーパーGTとフォーミュラ・ニッポンの合同イベントが記載されている。 国内最高峰の2つのイベントがどのように融合するのか興味深い。

【2010年FIA国際スポーツカレンダー登録申請一覧】

日程カテゴリーイベント名開催場所
3/20~21 JAF-GT SUPER GT Round 1 Suzuka GT300km 鈴鹿サーキット
4/3~4 JAF-GT SUPER GT Round 2 OKAYAMA GT300KM RACE 岡山国際サーキット
4/17~18 Fニッポン 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン 鈴鹿 鈴鹿サーキット
5/1~2 JAF-GT SUPER GT Round 3 富士スピードウェイ
5/21~23 FIA Gr.A,N APRC Rally Hokkaido 北海道
5/22~23 Fニッポン 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン もてぎ ツインリンクもてぎ
7/17~18 Fニッポン 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン オートポリス オートポリス
7/24~25 JAF-GT SUPER GT Round 5 SUGO GT 300kmレース スポーツランドSUGO
7/30~8/1 ソーラーカー FIA ALTERNATIVE ENERGIES CUP ソーラーカーレース鈴鹿 鈴鹿サーキット
8/7~8 Fニッポン 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン もてぎ ツインリンクもてぎ
8/21~22 JAF-GT SUPER GT Round 6 International Suzuka GT サマースペシャル 鈴鹿サーキット
8/28~29 Fニッポン 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン 富士 富士スピードウェイ
9/10~12 FIA Gr.A,N FIA WRC RALLY JAPAN 北海道
9/17~19 IRL Indy Japan 300 mile ツインリンクもてぎ
9/25~26 Fニッポン 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン SUGO スポーツランドSUGO
10/2~3 JAF-GT SUPER GT Round 7 富士スピードウェイ
10/16~17 FIA-GT3など ゴールドカップレース アジアンGTフェスティバル オートポリス
10/23~24 JAF-GT SUPER GT Round 8 もてぎGT250kmレース ツインリンクもてぎ
10/30~31 FIA-S2000 WTCC Race of Japan 岡山国際サーキット
11/6~7 Fニッポン 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン 鈴鹿 鈴鹿サーキット
11/13~14 JAF-GT/Fニッポン SUPER GT & フォーミュラ・ニッポン オールスターレース 富士スピードウェイ

来年のF1は未確定要素が多いだけに未だスケジュールに入っていないだけなのか、それともコストの問題か、モータースポーツ界はきっと来年も不況であることは間違いないだけに少々心配だ。

|

« SuperGT 第6戦 鈴鹿の予選はノックダウン方式 | トップページ | F1 フェラーリ シューマッハの代役にバドエルを起用 »

■F1」カテゴリの記事

■SuperGT」カテゴリの記事

■WRC」カテゴリの記事

■モータースポーツ全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SuperGT 第6戦 鈴鹿の予選はノックダウン方式 | トップページ | F1 フェラーリ シューマッハの代役にバドエルを起用 »