« 2010年 F1エントリー承認はUSF1、マナーF1チーム、カンボス・グランプリの新規3チームと既存10チーム | トップページ | WRC 第7戦 アクロポリス・ラリーはヒルボネンが優勝 »

2009年6月15日 (月)

ル・マン24時間決勝はプジョーの1-2フィニッシュ、チーム・ゴウは無念のリタイア

第77回ルマン24時間は6月14日午後3時(日本時間同10時)、フランス・ルマンのサルテ・サーキット(1周13.629km)でゴールし、マルク・ヘネ、アレクサンダー・ブルツ、デビッド・ブラバムが組んだNo.9 プジョー980が382周で優勝した。プジョーの優勝は1993年以来。

2位はポールポジションからスタートしたセバスチャン・ブールデらのNo.8 プジョー908。リナルド・カペロら昨年優勝メンバーで臨んだチーム・ヨーストのNo.1 アウディR15はオーバーヒートにも悩まされ、トップから6周遅れの3位となった。

Leman24_9_8_7_peugeot908_20090614 ゴール直前のプジョーNo.9、8、7号車3台のランデブー走行

■ロッテラー大健闘の7位
No.14 チーム・コレスのアウディR10は、スタートのわずか20分前、まさにスターターを務める予定だったナレイン・カーティケヤンが肩を脱臼するハプニングが発生。 決勝に出走できなくなったため、アンドレ・ロッテラーとチャールズ・ツウォルスマンの2人が4スティントずつで交代というハードスケジュールをこなし総合7位でフィニッシュした。 お疲れ様!

■トレルイエのクラッシュ
一時は4位を走行していたブノワ・トレルイエがドライブするNo.17 プジョーがピット作業を終えて出て行ったアウトラップ、212周目に入ったダンロップコーナーで突然クルマがオーバーステアになり、浮き上がり宙を飛び、グラベルの上を転がって、最後はフロントからガードレールに激突して大破した。 トレルイエは救急車でメディカルセンターに運ばれたが、クルマが転がっていく間に衝撃が吸収されたために、トレルイエ自身の身体に大きなダメージがなく、若干の頭痛はあるというものの、次週のSuperGTセパン戦には出場できそうだ。

■ナビ・チームゴウは無念のリタイヤ
LMP2クラスで荒聖治、国本京佑らが乗ったNo.5 チーム・ゴウのポルシェRSスパイダーは、一時は総合12位・クラス2位を走行していたが、1時間15分を残して339周でリタイアした。

野田英樹はトラブル続きでリタイヤ
No.39ローラ・マツダB05/40の野田英樹は多数のマシントラブルを抱え走行していたが、最後はオイル漏れによりピットレーンで出火し、チェッカーまであと40分のところで無念のリタイアとなった。

【総合決勝結果】

Pos.No.ClassTeamCarDriverLaps
1 9 LMP1 プジョースポール・トタル プジョー908 D.ブラバム/M.ジェネ/A.ブルツ 382
2 8 LMP1 チーム・プジョー・トタル プジョー908 S.ブルデー/F.モンタニー/S.サラザン 381
3 1 LMP1 アウディスポーツ・チーム・ヨースト アウディR15 D.カペッロ/T.クリステンセン/A.マクニッシュ 376
4 007 LMP1 AMRイースタンヨーロッパ ローラ・アストンマーチン J.シュローズ/T.エンゲ/S.ミュッケ 373
5 11 LMP1 チーム・オレカ・マットムート オレカ01・エイム O.パニス/N.ラピエール/S.アヤリ 370
6 7 LMP1 チーム・プジョー・トタル プジョー908 N.ミナシアン/P.ラミー/C.クリエン 369
7 14 LMP1 コレス アウディR10 A.ロッテラー/C.ツォルスマン 369
8 16 LMP1 ペスカローロ・スポール ペスカローロ・ジャッド C.ティンソー/J.バルボサ/B.ジョアニー 368
9 15 LMP1 コレス アウディR10 C.アルバース/C.ベックルド/G.モンディーニ 360
10 31 LMP2 チーム・エセックス ポルシェRSスパイダー C.エルガド/K.ポールセン/E.コラール 357
11 12 LMP1 シグネチャ・プラス クラージュ・ジャッド P.ラゲ/F.マイルー/D.アンドレ 344
12 33 LMP2 スピーディレーシング・チーム・セバ ローラ・ジャッド・クーペ J.ケイン/B.ローエンベルガー/X.ポンピドゥ 343
13 008 LMP1 アストンマーチン・レーシング ローラ・アストンマーチン A.デイビッドソン/D.ターナー/J.フェルスタッペン 342
14 13 LMP1 スピーディレーシング・チーム・セバ ローラ・アストンマーチン A.ベリッチ/N.ジャニ/N.プロスト 342
15 63 LM-GT1 コルベット・レーシング コルベットC6.R J.オコネル/J.マグヌッセン/A.ガルシア 342
16 73 LM-GT1 リュック・アルファン・アベンチュア コルベットC6.R J.ジョセ/X.マーセン 336
17 3 LMP1 アウディスポーツ・チーム・ヨースト アウディR15 T.ベルンハルト/R.デュマ/A.プレマ 333
18 82 LM-GT2 リシ・コンペティツォーネ フェラーリF430GT J.メロ/P.カッファー/M.サロ 329
19 97 LM-GT2 BMSスクーデリア・イタリアSPA フェラーリF430GT F.バビーニ/M.マルチェリ/P.ルベルティ 327
20 24 LMP2 OAKレーシング ペスカローロ・マツダ J.ニコレ/R.ヘイン/J-F. イボン 325
21 23 LMP1 ストラッカ・レーシング ジネッタ・ザイテック P.ハードマン/N.レベンティス/D.ワッツ 325
22 83 LM-GT2 リシ・コンペティツォーネ フェラーリF430GT T.クロン/N.ジョンソン./E.バン・デ・ポール 323
23 92 LM-GT2 JMWモータースポーツ フェラーリF430GT R.ベル/T.サージェン/A.キルカルディ 320
24 4 LMP1 クリエイション・オートスポルティフ クリエイション・ジャッド J.キャンベル-ウォルター/V.イクス/R.イアネッタ 319
25 85 LM-GT2 スノロス・スパイカー・スカドロン スパイカーC8 ラビオレ T.コロネル/J.ブリークモレン/J.ヤニス 319
26 78 LM-GT2 AFコルセSRL フェラーリF430GT L.ペレス-コンパンク/M.ルッソ/G.ブルーニ 317
27 84 LM-GT2 チーム・モデナ フェラーリF430GT L.マンセル./P.エレット/R.ルシノフ 314
28 32 LMP2 バラジ・エプシロン ザイテック07S J.バラジ/S.モゼレー/P.ベネット 306
29 99 LM-GT2 JMBレーシング フェラーリF430GT C.ブシュー/Y.レボン/M.ロドリゲス 304
30 81 LM-GT2 チーム・アドバンスト・エンジニアリング フェラーリF430GT D.キッチJr/J.フォスター/P.デンプシー 301
31 66 LM-GT1 ジェットアライアンスレーシングGMBH アストンマーチンDBR9 L.リットナー-ホイヤー/T.グルバー/A.ミューラー 294
32 96 LM-GT2 ビルゴ・モータースポーツ フェラーリF430GT M.マッキネルニー/S.マッキネルニー/M.ベルゲル 280
33 75 LM-GT2 エンデュランス・アジア・チーム ポルシェ911 GT3 RSR(997) D.O.ヤン/P.ヘスナウ/P.クラレブ 186
リタイア
  75 LM-GT2 エンデュランス・アジア・チーム ポルシェ911 GT3 RSR(997) D.O.ヤン/P.ヘスナウ/P.クラレブ 339
  2 LMP1 アウディスポーツ・ノースアメリカ アウディR15 L.ルーア/M.ロッケンフェラー/M.ベルナー 311
  5 LMP2 ナビ・チームゴウ ポルシェRSスパイダー 荒聖治/国本京佑/S.マーセン 273
  6 LMP1 チームLNT ジネッタ・ザイテック L.トムリンソン/R.ディーン/N.ムーア 272
  10 LMP1 チーム・オレカ・マットムート オレカ01・エイム B.セナ/S.オルテリ/T.モンテイロ 265
  17 LMP1 ペスカローロ・スポール プジョー908 J-C.ブイヨン/B.トレルイエ/S.ペジナウ 261
  25 LMP2 RML ローラ・マツダ・クーペ M.ニュートン/T.エルドス/C.ダイソン 252
  26 LMP2 ブリュイッヒラディッチ・ブルニュー ラディカルAER P.ブルニュー/M.ロスタン/T.グリーブス 219
  30 LMP2 レーシングボックスSRL ローラ・ジャッド・クーペ A.ピッチーニ/M.ボッビ/T.ビアッジ 210
  35 LMP2 OAKレーシング ペスカローロ・マツダ M.ラハイエ/K.アヤラニ/G.モレー 208
  39 LMP2 KSM ローラ・マツダ・スパイダー 野田英樹/J.ポートレール/M.マーシュ 203
  40 LMP2 キュイフェル-ASMチーム ジネッタ・ザイテック09S M.アマラル/O.プラ/G.スミス 194
  41 LMP2 GACレーシングチーム ザイテック07S K.オジェ/C.Y.ゴスリン/P.ペーター 183
  009 LMP1 アストンマーチン・レーシング ローラ・アストンマーチン S.ホール/H.プリマ/P.コックス 178
  64 LM-GT1 コルベット・レーシング コルベットC6.R O.ベレッタ/O.ギャビン/M.ファスラー 104
  68 LM-GT1 JLOC ランボルギーニ・ムルシェラゴ M.アピチェラ/余郷敦/山岸大 102
  70 LM-GT2 IMSAパフォーマンス・マットムート ポルシェ911 GT3 RSR(997) H.ヘルバーマイヤーJr/H.ヘルバーマイヤーSr/M.ルコレ 102
  72 LM-GT1 リュック・アルファン・アベンチュア コルベットC6.R L.アルファン/S.グレゴワール/P.グースランド 99
  76 LM-GT2 IMSAパフォーマンス・マットムート ポルシェ911 GT3 RSR(997) P.ロング/P.ピレー/R.ナラク 91
  77 LM-GT2 チーム・フェルバーマイヤー・プロトン ポルシェ911 GT3 RSR(997) M.リエブ/R.リエツ/W.ヘンツラー 46
  80 LM-GT2 フライングリザード・モータースポーツ ポルシェ911 GT3 RSR(997) J.ベルグマイスター/S.ニーマン/D.ロー 24
  89 LM-GT2 ハンコック-チーム・ファーンバッハー フェラーリF430GT A.シモンセン/D.ファーンバッハー/C.モンタナリ 1

ファステストラップ:チーム・プジョー・トタル/N.ミナシアン/P.ラミー/C.クリエン 3'24"352(259)
*No.75は、規定周回数(1位の70%)に満たなかったため未完走扱い

日本勢はナビ・チームゴウをはじめ善戦したものの、ル・マンはどこまでも過酷で、なかなか簡単には完走させてはくれない。 その中で、ロッテラーが2人のドライバーだけで総合7位で走り切ったのは驚きだ。 本当にお疲れ様でした。 日本勢にはまた来年の参戦に期待したい。

|

« 2010年 F1エントリー承認はUSF1、マナーF1チーム、カンボス・グランプリの新規3チームと既存10チーム | トップページ | WRC 第7戦 アクロポリス・ラリーはヒルボネンが優勝 »

■モータースポーツ全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2010年 F1エントリー承認はUSF1、マナーF1チーム、カンボス・グランプリの新規3チームと既存10チーム | トップページ | WRC 第7戦 アクロポリス・ラリーはヒルボネンが優勝 »