« WRC 第4戦 ラリー・ポルトガル:やっぱりローブが開幕4連勝 | トップページ | タミヤ新製品案内 2009年5月号 »

2009年4月 8日 (水)

SuperGT 第2戦 鈴鹿 エントリーリスト

4月18日(土)~19日(日)に開催されるSuperGT 第2戦 鈴鹿のエントリーリストがSUPERGT.netにアップされましたので、メモしておきます。

開幕戦の岡山のエントリーとの差異は以下のとおり

【不参戦】

GT500No.21 ASTON MARTIN 赤坂 DBR9 (TEAM NOVA)・・・当初から第1・3・7戦の3戦のみの参戦予定

【新規参戦】

GT300No.33 HANKOOK PORSCHE (HANKOOK KTR)・・・正式エントリーは行っていて、岡山公式テスト、第1戦岡山は未参戦。(2008年はチーム・ポイント・ランキング 13位)

【ドライバー変更】

GT300: No.2 プリヴェ アップル 紫電 SHIDEN 高橋 一穂 -> 吉本 大樹
No.111 石松 with ARKTECH GT3 池田 大祐 -> 壷林 貴也

これで今年、正式エントリー申請がされていて第1戦・第2戦にエントリーしてないのは「No.62 R&D SPORT」のみとなりました。

【2009 SUPER GT Round 2 鈴鹿エントリー・リスト】

GT500クラス/14台
No.MachinesDriverEntrantTireWH
1 MOTUL AUTECH GT-R NISSAN GT-R / VK45DE

s 本山 哲
ブノワ・トレルイエ[F]
NISMO BS  
3 HASEMI TOMICA EBBRO GT-R NISSAN GT-R / VK45DE

  ロニー・クインタレッリ[I]
安田 裕信
HASEMI MOTOR SPORT MI  
6 ENEOS SC430 LEXUS SC430 / RV8KG

s 伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム[S]
LEXUS TEAM LeMans ENEOS BS 2
8 ARTA NSX HONDA NSX / C32B

s ラルフ・ファーマン[GB]
伊沢 拓也
AUTOBACS RACING TEAM AGURI BS 22
12 IMPUL カルソニック GT-R NISSAN GT-R / VK45DE

s 松田 次生
セバスチャン・フィリップ[F]
TEAM IMPUL BS 16
17 KEIHIN NSX HONDA NSX / C32B

  金石 年弘
塚越 広大
KEIHIN REAL RACING BS 12
18 ROCKSTAR 童夢 NSX HONDA NSX / C32B

s 道上 龍
小暮 卓史
TEAM YOSHIKI & 童夢 PROJECT BS 30
24 HIS ADVAN KONDO GT-R NISSAN GT-R / VK45DE

s ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ[BR]
荒 聖治
KONDO RACING YH 40
32 EPSON NSX HONDA NSX / C32B

s ロイック・デュバル[F]
中山 友貴
NAKAJIMA RACING DL 8
35 KRAFT SC430 LEXUS SC430 / RV8KG

s 石浦 宏明
大嶋 和也
LEXUS TEAM KRAFT BS 4
36 PETRONAS TOM'S SC430 LEXUS SC430 / RV8KG

s 脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー[D]
LEXUS TEAM PETRONAS TOM'S BS  
38 ZENT CERUMO SC430 LEXUS SC430 / RV8KG

s 立川 祐路
リチャード・ライアン[IRL]
LEXUS TEAM ZENT CERUMO BS 10
39 DUNLOP SARD SC430 LEXUS SC430 / RV8KG

  アンドレ・クート[P]
平手 晃平
LEXUS TEAM SARD DL  
100 RAYBRIG NSX HONDA NSX / C32B

s 井出 有治
細川 慎弥
TEAM KUNIMITSU BS 6
GT300クラス/22台
No.MachinesDriverEntrantTireWH
2 プリヴェ アップル 紫電 SHIDEN MC/RT-16 / 1UZ-FE

s 加藤 寛規
吉本 大樹
Cars Tokai Dream28 YH 10
5 マッハGOGOGO車検320Rマッハ号 VEMAC RD320R / M96/77

  玉中 哲二
赤鮫 オヤジ
TEAM マッハ YH  
7 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7 RX-7(FD3S) / 20B Rotary

s 谷口 信輝
折目 遼
M7 RE雨宮レーシング YH 22
10 JIMGAINER ADVAN F360 Ferrari F360 FG360 / F131B

  植田 正幸
川口 正敬
JIMGAINER YH  
11 JIMGAINER ADVAN F430 Ferrari F430 ABA-F430SC / F136

  田中 哲也
平中 克幸
JIMGAINER YH 16
19 ウェッズスポーツIS350 LEXUS IS350 / RV8J

s 織戸 学
片岡 龍也
RACING PROJECT BANDOH YH 40
26 UP START タイサンポルシェ PORSCHE 911GT3RS / M96/77

s 黒澤 治樹
阿部 翼
Team TAISAN YH 2
30 RECKLESS KUMHO IS350 LEXUS IS350 / RV8J

  佐々木 孝太
山野 直也
TEAM RECKLESS with SHIFT KH 6
31 avex apr COROLLA Axio TOYOTA COROLLA Axio / 2GR-FSE

s 坂本 雄也
山内 英輝
apr YH 4
33 HANKOOK PORSCHE PORSCHE 911 GT3 RSR / M97/80

  木下 みつひろ
影山 正美
HANKOOK KTR HK  
43 ARTA Garaiya ARATA Garaiya GT300VQ / VQ35DE

s 新田 守男
高木 真一
AUTOBACS RACING TEAM AGURI MI 30
46 エスロード MOLA Z NISSAN FAIRLADY Z Z33 / VQ35DE

s 星野 一樹
柳田 真孝
TEAM NISHIZAWA MOLA YH 8
55 J-TRUST F-PRO おうとキットポルシェ PORSCHE 911GT3 / M96/73

  山岸 大
小泉 洋史
TOMEI SPORTS YH  
66 triple a ムルシェ RG-1 MURCIELAGO RG-1 / L535

  山西 康司
余郷 敦
JLOC YH  
74 COROLLA Axio apr GT TOYOTA COROLLA Axio / 2GR-FSE

s 井口 卓人
国本 雄資
apr MI 12
81 ダイシン アドバン Ferrari Ferrari F430GT / F136GT

s 青木 孝行
藤井 誠暢
TEAM DAISHIN YH  
87 giraffa ガイヤルド RG-3 GALLARDO RG-3 / 07L1

  井入 宏之
和田 久
JLOC YH  
88 triple a ガイヤルド RG-3 GALLARDO RG-3 / 07L1

  松田 秀士
坂本 祐也
JLOC YH  
110 KUMHO "ARKTECH SG-1" PORSCHE BOXSTER (986) / M96/77

  谷川 達也
キム・ハンボン[ROK]
ARKTECH MOTORSPORTS KH  
111 石松 with ARKTECH GT3 PORSCHE 911 GT3 RSR (996) / M96/73

  イゴール・スシュコ[UA]
壷林 貴也
ARKTECH MOTORSPORTS KH  
666 FieLDS BOMEX 320R VEMAC 320R / C32B

  周防 彰悟
山下 潤一郎
Avanzza Rosso KH  
808 初音ミク Studie GLAD BMW Z4 BMW Z4 M coupe MotorSport Version / S62/B50

  菊地 靖
田ヶ原 章蔵
Studie GLAD Racing YH  
参加台数:36台(決勝スタート上限台数:45台)
□国籍=BR:ブラジル/D:ドイツ/F:フランス/GB:イギリス/IRL:アイルランド/I:イタリア/P:ポルトガル/ROK:韓国/S:スウェーデン/UA:ウクライナ
□タイヤ=BS:ブリヂストン/DL:ダンロップ/HK:ハンコック/KH:クムホ/MI:ミシュラン/YH:ヨコハマ
□WH=ウェイト・ハンディキャップ(kg)
○車名の後ろのS:シード権車両=シード権車両は、全ての参加条件が満たされている限り決勝レースへの出場が保証される。

GT500は開幕戦の岡山で上位を占めたNSX勢はウェイト・ハンディキャップ(WH)の影響で少々不利かも。WHの影響の無い、GT-R勢とLEXUS SC430勢のトップ争いになると思われるが、特にNo.1 Motul と No.36 PETRONAS TOM'S の2台のバトルに期待したい。 GT300はNo.19 ウェッズスポーツIS350 と No.43 ARTA Garaiya がどこまでWHの影響を受けるのかも興味深い。

|

« WRC 第4戦 ラリー・ポルトガル:やっぱりローブが開幕4連勝 | トップページ | タミヤ新製品案内 2009年5月号 »

■SuperGT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« WRC 第4戦 ラリー・ポルトガル:やっぱりローブが開幕4連勝 | トップページ | タミヤ新製品案内 2009年5月号 »