« トヨタ自動車 2009年のモータースポーツ活動および支援計画 | トップページ | SuperGT F-PRO RACING TEAM 2009年参戦体制 »

2009年3月17日 (火)

SuperGT TEAM NOVA 2009年参戦体制発表 (ASTON MARTIN 赤坂 DBR9)

SuperGT 500に「ASTON MARTIN 赤坂 DBR9」で参戦を表明していながら、詳細がベールに包まれていた「TEAM NOVA」の参戦体制がついに発表された。(SUPERGT.net

Sgt_aston_martin_dbr9_200903_5 Sgt_aston_martin_dbr9_200903_3 DBR9 GT1

【2009 SUPER GT参戦体制】

HITOTSUYAMA RACINGとTEAM NOVAは2009年、ASTON MARTIN DBR9でSUPER GT シリーズに参戦致します。

ASTON MARTIN DBR9はLE MANSシリーズなど、世界のレースシーンで活躍するLMGT1マシン。 HITOTSUYAMA RACING / TEAM NOVAは、この世界的な名車を、日本国内のモータースポーツファンにもお披露目したいという思いから、2009年 SUPER GTシリーズにも参戦することと致しました。

SUPER GTシリーズには3戦のみの出場を予定しておりますが、ファンの皆様にASTON MARTINの走りをお楽しみ頂けるよう願っております。

■2009 AUTOBACS SUPER GT参戦スケジュール

  • 3月21-22日 第1戦 岡山国際サーキット
  • 5月3-4日 第3戦 富士スピードウエイ
  • 9月12-13日 第7戦 富士スピードウエイ

■ドライバー

  • 第1ドライバー:都筑 晶裕
  • 第2ドライバー:土屋 武士

■参加車両

<ASTON MARTIN DBR9>

Sgt_aston_martin_dbr9_20090316_1 Sgt_aston_martin_dbr9_20090316_2 Sgt_aston_martin_dbr9_20090316_3

3月16日に富士でシェイクダウンされたブリティッシュグリーンのマシン

Body Dimensions

Sgt_aston_martin_dbr9_200903_1  Sgt_aston_martin_dbr9_200903_2
前車幅:1952mm 後車幅:1978mm 全長:4767mm

Engine Specification

  • No. Of Cylinders : 12
  • No. Of Valves/Cyl : 4
  • Bore : 94.00mm
  • Stroke : 71.96 mm
  • Capacity : 5993 cc
  • Rev limit : 7200 rpm

Tyre Specification

  • Front :280 / 650R / 18
  • Rear :330 / 710R / 18
  • Make :YOKOHAMA

■連絡先

  • HITOTSUYAMA RACING
  • TEAM NOVA (ノバ エンジニアリング株式会社)

どうもSuperGTへの参戦目的は、今年岡山で行われるアジアン・ル・マン・シリーズでのLMGT1クラス優勝であるためのテストの意味合いが強いらしく、エアリストリクター径と最低車両重量は2009年ル・マン24時間レースのレギュレーションに沿っている。 6リッターV12サウンドは素晴らしいが、GT500では日本車とかなり差がありそうだ。

今年のアジア・ル・マン・シリーズは岡山(10月30日~11月1日)と上海(11月7日~8日)で開催され、岡山では同週末にFIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)も開催予定で、2つのビッグレースが同じサーキットで観戦できる。 レースは2大会それぞれ土曜日と日曜日の両方で3時間レースを行い、合計12時間レースとして扱われ、各4クラスの優勝者には2010年ルマン24時間レースの自動エントリーが与えられる。

10月30日~11月1日はかなり豪華なレース観戦となりそう。

|

« トヨタ自動車 2009年のモータースポーツ活動および支援計画 | トップページ | SuperGT F-PRO RACING TEAM 2009年参戦体制 »

■SuperGT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トヨタ自動車 2009年のモータースポーツ活動および支援計画 | トップページ | SuperGT F-PRO RACING TEAM 2009年参戦体制 »