« SuperGT LEXUS TEAM Le Mans ENEOS 2009年体制発表 | トップページ | F1 バルセロナ合同テスト(3日目)やったぜ Brawn GP バトン 1位! »

2009年3月11日 (水)

SuperGT EPSON Nakajima Racing 2009年体制発表

3月10日、2009年SuperGTへのNo.32 EPSON NSX(NAKAJIMA RACING)の参戦体制が発表された。

今シーズンは、21歳のGTルーキー、中山友貴をドライバーに抜擢し、ロイック・デュバルとの新コンビを結成。 以前紹介した様に一般公募の新カラーリングに彩られたEPSON NSXを駆り、GT500悲願のタイトルに挑むことになる。

デザインのコンセプトは“風”。 フロントから見ても、サイドから見ても風が流れて行くデザインとのこと。 デュバルも「このカラーリングは凄く好きですね。この“風”のイメージに恥じない走りをしたい」とニコニコだった。

中山友貴は中嶋監督が校長を務めるフォーミュラスクールの卒業生で、昨年の全日本F3では8位ながら、テストではロイックがビビるほどのタイムを出しており、GT300の抜き方など多少は勉強も必要かと思われるが、中嶋監督の期待は大きいようだ。

2008年のチームポイントランキングは10位、先日の岡山国際サーキット公式テストでは12位のタイムだった。

Sgt_nsx_epson_2009 Sgt_nsx_epson_2009_2

“風”をイメージしてデザインした2009 EPSON NSX

F1_epson_nakajima_r2009_2

参戦概要
チーム名 EPSON NAKAJIMA RACING
車両名 EPSON NSX
総監督 中嶋 悟
ドライバー Loic DUVAL / 中山友貴
マシン概要
<エンジン>
形式 C32B(DOHC VTEC) ベース
総排気量 3.396.c.c.
最大出力 500PS以上
<シャーシ>
形式 NA2
全長×全幅 4.610×2.000mm
タイヤ ダンロップDIREZZA

確かに美しいデザインですが、RCボディの塗装という点では曲線部分が多いので難しいですね。

|

« SuperGT LEXUS TEAM Le Mans ENEOS 2009年体制発表 | トップページ | F1 バルセロナ合同テスト(3日目)やったぜ Brawn GP バトン 1位! »

■SuperGT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SuperGT LEXUS TEAM Le Mans ENEOS 2009年体制発表 | トップページ | F1 バルセロナ合同テスト(3日目)やったぜ Brawn GP バトン 1位! »