« SuperGT 開幕戦 速報 HIS ADVAN KONDO GT-Rが優勝! | トップページ | キーエンス タキオン 安定出荷開始 »

2009年3月22日 (日)

SuperGT 岡山国際 開幕戦 決勝レース結果

2009 SuperGT 岡山国際 開幕戦決勝は予想通りレーススタート直前から雨が降り出し、ウエットコンディションとなった。

【GT500】

3番手スタートのHIS ADVAN KONDO GT-RはオープニングラップからポールポジションのZENT CERUMO SC430、2番手スタートのKRAFT SC430を一気にかわしトップへ浮上し、その後圧倒的なウエット性能を発揮しゴールまで独走優勝した。

KONDO RACINGはセパン戦で過去2勝しているが、国内での優勝は初となり、近藤真彦監督を中心に歓喜の輪が広がった。

2位は序盤から果敢な追い上げをみせたROCKSTAR童夢NSXが、3位にはARTA NSXが入った。 国内初登場のASTON MARTIN赤坂DBR9は8周遅れでフィニッシュを果たした。

Sgt_gtr_his_kondo_2009rd1 NISSAN GT-Rは昨年の第6戦から5連勝

【GT300】

ポールから逃げたJIMGAINER ADVAN F430をARTA Garaiyaが抜くもののスピンし、遅れをとる。 その後ウェッズスポーツIS350がピット戦略の成功もあり快走し、JIMGAINER ADVAN F430、M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7をかわし見事優勝を飾った。

2位はスピンから圧倒的なペースで挽回したARTA Garaiyaが、3位にはM7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7が入った。

Sgt_is350_wedssport_2009rd1 今年はシリーズチャンピオンも狙えるのでは?

今回はGT300と500の優勝チームの両方が横浜ゴムの新しいパターンのウェットタイヤを履いていた。 セパンと同様ADVANタイヤの貢献度は高い。

GT500クラス/決勝結果
PoNo.MachineDriverTime/Diff.LapsTireWH
1 24 HIS ADVAN KONDO GT-R J.P・デ・オリベイラ
荒 聖治
2:20'54.071 82 YH -
2 18 ROCKSTAR 童夢 NSX 道上 龍
小暮 卓史
0'21.645 82 BS -
3 8 ARTA NSX ラルフ・ファーマン
伊沢 拓也
1'06.979 82 BS -
4 12 IMPUL カルソニック GT-R 松田 次生
セバスチャン・フィリップ
1'32.431 82 BS -
5 17 KEIHIN NSX 金石 年弘
塚越 広大
1Lap 81 BS -
6 38 ZENT CERUMO SC430 立川 祐路
リチャード・ライアン
1Lap 81 BS -
7 32 EPSON NSX ロイック・デュバル
中山 友貴
1Lap 81 DL -
8 100 RAYBRIG NSX 井出 有治
細川 慎弥
1Lap 81 BS -
9 35 KRAFT SC430 石浦 宏明
大嶋 和也
1Lap 81 BS -
10 6 ENEOS SC430 伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム
2Laps 80 BS -
11 36 PETRONAS TOM'S SC430 脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
2Laps 80 BS -
12 3 HASEMI TOMICA EBBRO GT-R ロニー・クインタレッリ
安田 裕信
3Laps 79 MI -
13 1 MOTUL AUTECH GT-R 本山 哲
ブノワ・トレルイエ
7Laps 75 BS -
14 21 ASTON MARTIN 赤坂 DBR9 都筑 晶裕
土屋 武士
8Laps 74 YH -
15 39 DUNLOP SARD SC430 アンドレ・クート
平手 晃平
12Laps 70 DL -
GT500 規定周回数:57
GT300クラス/決勝結果
PoNo.MachineDriverTime/Diff.LapsTireWH
1 19 ウェッズスポーツIS350 織戸 学
片岡 龍也
2:21'11.710 77 YH -
2 43 ARTA Garaiya 新田 守男
高木 真一
0'16.205 77 MI -
3 7 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7 谷口 信輝
折目 遼
0'28.012 77 YH -
4 11 JIMGAINER ADVAN F430 田中 哲也
平中 克幸
1'02.218 77 YH -
5 74 COROLLA Axio apr GT 井口 卓人
国本 雄資
1'17.576 77 MI -
6 2 プリヴェ アップル 紫電 高橋 一穂
加藤 寛規
1'29.528 77 YH -
7 46 エスロード MOLA Z 星野 一樹
柳田 真孝
1Lap 76 YH -
8 30 RECKLESS KUMHO IS350 佐々木 孝太
山野 直也
2Laps 75 KH -
9 31 avex apr COROLLA Axio 坂本 雄也
山内 英輝
2Laps 75 YH -
10 26 UP START タイサンポルシェ 黒澤 治樹
阿部 翼
3Laps 74 YH -
11 87 giraffa ガイヤルド RG-3 井入 宏之
和田 久
4Laps 73 YH -
12 81 ダイシン アドバン Ferrari 青木 孝行
藤井 誠暢
4Laps 73 YH -
13 5 マッハGOGOGO車検320Rマッハ号 玉中 哲二
赤鮫 オヤジ
5Laps 72 YH -
14 55 J-TRUST F-PRO おうとキットポルシェ 山岸 大
小泉 洋史
7Laps 70 YH -
15 808 初音ミク Studie GLAD BMW Z4 菊地 靖
田ヶ原 章蔵
7Laps 70 YH -
16 666 FieLDS BOMEX 320R 周防 彰悟
山下 潤一郎
10Laps 67 KH -
17 111 石松 with ARKTECH GT3 イゴール・スシュコ
壷林 貴也
14Laps 63 KH -
18 66 triple a ムルシェ RG-1 山西 康司
余郷 敦
16Laps 61 YH -
GT300 規定周回数:53
- 110 SIRIUS KUMHO "ARKTECH SG-1" 池田 大祐
キム・ハンボン
31Laps 46 KH -
- 88 triple a ガイヤルド RG-3 松田 秀士
坂本 祐也
55Laps 22 YH -
- 10 JIMGAINER ADVAN F360 植田 正幸
川口 正敬
スタート出来ず YH -

□タイヤ=BS:ブリヂストン/DL:ダンロップ/KH:クムホ/MI:ミシュラン/YH:ヨコハマ

□WH=ウェイトハンディキャップ(kg)

□開始時刻:14:00'00/終了時刻:16:20'54

□出走台数:36台/完走台数:33台

○決勝ベストラップ
GT500 - 1'37.940 : No.36 PETRONAS TOM'S SC430R (アンドレ・ロッテラー)
GT300 - 1'44.342 : No.43 ARTA Garaiya (高木 真一)

※No.1 ブノワ・トレルイエ選手 2009 SUPER GT Sporting Regulations 第3章 第30条 1.a.(接触行為) により、ドライビングスルーペナルティを課した。

※No.43 新田選手 2009 SUPER GT Sporting Regulations 第3章 第30条 1.a.(接触行為) により、ドライビングスルーペナルティを課した。

※No.35 大嶋選手 国際モータースポーツ競技規則 付則H項 第2章 4.1.2 b) (黄旗区間中の追越し) により、ペナルティストップ10秒を課した。

予選からアクシデントによりスーパーラップに進めなかったGT-R勢は決勝レースでもLEXUS勢と接触するなど不運な結果となった。 LEXUS勢も予選トップのZENT CERUMO SC430が6位で最上位と振るわず、終わってみるとNSX勢が上位を占める予想外の結果となった。 やはり雨のレースではタイヤ選択に加え、いかにトラブルに巻き込まれずに安定して走れるかがポイントだ。

GT300では昨年の上位マシンに混じってデビュー戦でCOROLLA Axio apr GTが5位に入り、後半の優勝争いの可能性を感じさせた。

|

« SuperGT 開幕戦 速報 HIS ADVAN KONDO GT-Rが優勝! | トップページ | キーエンス タキオン 安定出荷開始 »

■SuperGT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SuperGT 開幕戦 速報 HIS ADVAN KONDO GT-Rが優勝! | トップページ | キーエンス タキオン 安定出荷開始 »