« キーエンス タキオン 取扱説明書一部訂正 | トップページ | インプレッサ WRC08 用ボディマウント延長方法 »

2009年3月 8日 (日)

SuperGT 岡山国際公式テスト 総合結果

3月7日、8日に岡山国際サーキットで行われたSuperGT公式テストの総合結果がSUPER GT.NETに掲載されましたので、メモしておきます。

今シーズンの公式テストは今回のみ。 各イベントの前日に行われていた練習走行もなくなり、テスト走行の機会は大幅に減ったにもかかわらず、車両規則の変更でダウンフォースが減少するなど、クルマの状況はかなり変わっている。 少ない走行の中で、タイヤの選定やクルマのセッティングをいかに的確に進められるかが、今回のテストの主要テーマになっていた。

【3月7日】 AM SESSION 1 :晴、ドライ PM SESSION 2 晴、ドライ

3月7日、トップタイムをマークしたのはNo.24 HIS ADVAN KONDO GT-R(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)。GT300クラスは昨年のチャンピオン、No.46 エスロードMOLA Z(星野一樹)。

NSX勢は、No.18 ROCKSTAR 童夢 NSXの1分26秒141、7番手がベスト。ここまでのテストでは今季新採用のパドルシフトの不調が伝えられたNSX勢だが、今回は従来のシーケンシャルシフトを使っている。

Sgt_gtr_kondo_2009_ot Sgt_z_sroad_2009_ot

【3月8日】 AM SESSION 3 :晴、ドライ PM SESSION 4:晴、ドライ

3月8日、トップタイムはGT500クラスがNo.38 ZENT CERUMO SC430(立川祐路)の1分25秒520 であった。 これは条件は異なるが、昨年の岡山国際公式予選タイム XANAVI NISMO GT-Rの 1'23.517から約2秒遅れのタイムである。 GT300クラスはNo.43 ARTA Garaiya(新田守男)の1分32秒544。 これは同じく昨年の岡山国際公式予選タイム ARTA Garaiyaの1'31.796から約0.75秒遅れと完成度は高い。 2日間のトータルでも、この2台が各クラスのトップとなった。

やや苦戦気味だったNSX勢では、No.18 ROCK STAR童夢NSXが2回目にマークした1分26秒142がこの日の最速だった。

Sgt_lexus_zent_2009_ot Sgt_garaiya_arta_2009_ot

【公式テスト 岡山国際サーキット:総合結果】

GT500クラス
PoNo.MachineBestTimeSession1Session2Session3Session4Tire
1 38 ZENT CERUMO SC430 1'25.520 1'26.491 1'26.024 *1'25.520 1'26.480 BS
2 24 HIS ADVAN KONDO GT-R 1'25.620 1'26.735 *1'25.620 1'26.320 1'26.061 YH
3 6 ENEOS SC430 1'25.746 1'25.900 1'26.043 *1'25.746 1'26.255 BS
4 1 MOTUL AUTECH GT-R 1'25.821 *1'25.821 1'26.207 1'26.478 1'26.267 BS
5 12 IMPUL カルソニック GT-R 1'25.856 *1'25.856 1'26.274 1'26.309 1'25.984 BS
6 36 PETRONAS TOM'S SC430 1'25.910 1'26.184 *1'25.910 1'26.127 1'26.465 BS
7 3 HASEMI TOMICA EBBRO GT-R 1'25.926 1'26.534 1'26.165 *1'25.926 1'26.180 MI
8 35 KRAFT SC430 1'26.102 1'26.906 1'26.180 *1'26.102 1'26.710 BS
9 18 ROCKSTAR 童夢 NSX 1'26.141 *1'26.141 1'26.288 1'26.983 1'26.142 BS
10 39 DUNLOP SARD SC430 1'26.151 1'26.185 1'27.153 *1'26.151 1'26.479 DL
11 8 ARTA NSX 1'26.204 1'26.505 *1'26.204 1'26.250 1'27.500 BS
12 32 EPSON NSX 1'26.259 1'26.667 1'26.841 *1'26.259 1'26.884 DL
13 100 RAYBRIG NSX 1'26.625 1'27.187 *1'26.625 1'27.166 1'27.254 BS
14 17 KEIHIN NSX 1'26.677 1'27.409 1'26.853 *1'26.677 1'26.778 BS
GT300クラス
PoNo.MachineBestTimeSession1Session2Session3Session4Tire
1 43 ARTA Garaiya 1'32.544 1'33.882 1'34.372 *1'32.544 1'34.045 MI
2 46 エスロード MOLA Z 1'32.598 1'33.623 1'33.004 *1'32.598 1'33.529 YH
3 19 ウェッズスポーツIS350 1'32.606 1'33.427 1'33.608 1'33.140 *1'32.606 YH
4 2 プリヴェ アップル 紫電 1'32.797 1'33.704 1'34.173 *1'32.797 1'33.630 YH
5 88 triple a ガイヤルド RG-3 1'32.942 1'34.236 1'33.776 1'33.967 *1'32.942 YH
6 7 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7 1'33.078 1'33.598 1'33.153 1'33.357 *1'33.078 YH
7 26 UP START タイサンポルシェ 1'33.357 1'34.267 1'33.932 *1'33.357 出走せず YH
8 66 triple a ムルシェ RG-1 1'33.440 1'34.039 1'34.479 *1'33.440 1'40.874 YH
9 11 JIMGAINER ADVAN F430 1'33.631 1'35.361 1'34.657 *1'33.631 1'34.365 YH
10 81 ダイシン アドバン Ferrari 1'33.672 1'34.605 1'34.107 *1'33.672 1'33.812 YH
11 30 RECKLESS KUMHO IS350 1'33.796 1'35.764 1'35.018 1'34.806 *1'33.796 KH
12 87 JLOC ガイヤルド RG-3 1'33.804 1'35.350 1'34.402 1'34.078 *1'33.804 YH
13 5 マッハGOGOGO車検320Rマッハ号 1'33.809 1'35.943 1'34.481 *1'33.809 1'35.629 YH
14 74 COROLLA Axio apr GT 1'34.250 1'34.513 1'34.475 1'36.187 *1'34.250 MI
15 31 avex apr COROLLA Axio 1'34.438 1'35.758 *1'34.438 1'34.816 1'34.739 YH
16 10 JIMGAINER ADVAN F360 1'34.639 1'36.160 1'35.181 1'35.003 *1'34.639 YH
17 110 TBN (PORSCHE BOXSTER) 1'35.188 *1'35.188 出走せず 出走せず 出走せず KH
18 666 FieLDS BOMEX 320R 1'36.198 1'37.541 1'37.548 1'37.108 *1'36.198 KH

タイヤ=BS:ブリヂストン/DL:ダンロップ/KH:クムホ/MI:ミシュラン/YH:ヨコハマ

GT 500はLexus SC430勢とGT-R勢が良い勝負ですが、NSX勢が少し苦戦しているようです。 GT300はARTA Garaiya、エスロード MOLA Z、ウェッズスポーツIS350の3台のチャンピオン争いとなりそうですね。 期待のCOROLLA Axioはマシンもドライバーも少し時間がかかりそうです。

|

« キーエンス タキオン 取扱説明書一部訂正 | トップページ | インプレッサ WRC08 用ボディマウント延長方法 »

■SuperGT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キーエンス タキオン 取扱説明書一部訂正 | トップページ | インプレッサ WRC08 用ボディマウント延長方法 »