« WRC 第3戦 キプロス・ラリー 2009 ローブ通算50勝、ぺター3位! | トップページ | SuperGT TEAM NOVA 2009年参戦体制発表 (ASTON MARTIN 赤坂 DBR9) »

2009年3月16日 (月)

トヨタ自動車 2009年のモータースポーツ活動および支援計画

トヨタ自動車、2009年のモータースポーツ活動および支援計画を発表

トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、モータースポーツ活動をクルマの持つ「夢」や「感動」をお客様にもたらす大切なものと位置づけている。本年においては大変厳しい経営環境の下、大幅なコスト低減を図りながら、引き続きモータースポーツを推進する。

【活動の柱】

  • フォーミュラ・ワン世界選手権(F1)
  • SUPER GT
  • フォーミュラ・ニッポン
  • NASCAR等(米国)
  • 世界トップクラスで活躍が期待されるドライバーの育成

【活動および支援計画概要】

1.フォーミュラ・ワン世界選手権(F1)

  ・ 「パナソニック・トヨタ・レーシング(Panasonic Toyota Racing)」として、参戦8年目となる本年は「初優勝」と各戦でのポイント獲得を目指し活動を推進。
  ・ 2009年仕様車として、TF109を導入。コース・走行状況を問わず安定した空力特性の発揮を狙い、シャシーを一新。また、サスペンション・ギヤボックスにも改良を加え、走行性能・信頼性双方ともに高いレベルを追求する。
  ・ ドライバーは、ヤルノ・トゥルーリ(Jarno Trulli イタリア カーNo.9)に加えて、F1 2年目となるティモ・グロック(Timo Glock ドイツ カーNo.10)を起用する。なお、サードドライバーは、TDPの小林可夢偉(Kamui Kobayashi日本)が担当する。
  ・ また、AT&Tウィリアムズに、RVX-09エンジンを供給する。
  ・ タイヤはブリヂストン・ポテンザのスリックタイヤを使用する。

2.SUPER GT

  ・ 国内レースのトップカテゴリー。GT500クラスにレクサスブランドで参戦。V8 3.4L エンジン(RV8KG)搭載のレクサス SC430について、TRDを通じチーム支援を行う。
  ・ また、GT300クラスでは、V8 3L(RV8J)を搭載するレクサスIS350、V6 3.5L(2GR)を搭載するトヨタ カローラアクシオが参戦する。


3.全日本選手権 フォーミュラ・ニッポン

  ・ 国内フォーミュラレースのトップカテゴリー。V8 3.4Lエンジン(RV8K)を5チーム8台に供給。
  ・ タイヤは全車ブリヂストン製を使用する。


4.NASCAR

  ・ 米国トヨタ自動車販売(株)およびTRD-USAを通じ、引き続きNASCARのナショナルシリーズ全てに参戦する。
  ・ タイヤは全カテゴリーグッドイヤー製。

5.その他の活動支援

(1)全日本F3選手権
  ・ F1への登竜門となる、フォーミュラ・カテゴリー。トヨタは全日本クラスの3チーム5台に1AZ-FEエンジンを供給。
また、2008年よりスタートしたナショナルクラスの9台にも3S-GEエンジンを供給する。
  ・ 今季よりタイヤは、全車ハンコックタイヤを使用する。

(2)FCJ(フォーミュラチャレンジ・ジャパン)
  ・ 4年目となるエントリークラスのフォーミュラ・カテゴリー。
車両は、FCJ専用独自開発車両(FC106)のワンメイク。
本年は4サーキットで7大会14戦開催。

(3)Netz Cup Vitz Race(ネッツカップヴィッツレース)
  ・ 一般公道も走行可能なナンバー付車両で争われるレース。
(トヨタ ヴィッツRS 1.5L車をベースとする専用車両 トヨタ ヴィッツRS TRD Racing)
  ・ 5つの地方シリーズ(北海道・東北・関東・関西・西日本)と特別戦1戦を開催予定。

(4)その他、各種活動への支援

6.TDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム) 

  ・ 世界および日本のトップカテゴリーにおいて活躍できるレーシングドライバーの育成を目的としたプログラム。才能ある人材を発掘し、それぞれが実力に応じてステップアップできるシステムとし、欧州・日本で展開。

厳しい経営環境下でも世界のトヨタがモータースポーツ界を継続して引っ張って行って欲しい。 簡単にF1から撤退・参入を繰り返す企業とそのチームを自ら買ってでも存続させる者との間に明らかに文化の違いがある。 モータースポーツは金儲けの手段ではなく、文化である。

今年こそ行けるぞF1トヨタ!

|

« WRC 第3戦 キプロス・ラリー 2009 ローブ通算50勝、ぺター3位! | トップページ | SuperGT TEAM NOVA 2009年参戦体制発表 (ASTON MARTIN 赤坂 DBR9) »

■モータースポーツ全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« WRC 第3戦 キプロス・ラリー 2009 ローブ通算50勝、ぺター3位! | トップページ | SuperGT TEAM NOVA 2009年参戦体制発表 (ASTON MARTIN 赤坂 DBR9) »