« RE雨宮の2009年GT300及びD1参戦車とドライバー | トップページ | ついにF1ホンダ売却成立? »

2009年2月12日 (木)

SuperGT TEAM YOSHIKI&童夢 PROJECTの体制発表

2009年のSuperGT童夢NSXのメインスポンサーがタカタ株式会社に替わり新エナジードリンク、「ロックスター」となり、チーム名も「TEAM YOSHIKI&童夢 PROJECT」となり、その体制が発表された。

チーム・プロデューサーには、「ロックスター」のエグゼクティブプロデューサーであるX JAPANのYOSHIKIが就任し、ドライバーは道上龍/小暮卓史で変わらないが、マシンカラーはお馴染みのグリーンからブラックにガラッと変わる。

タカタは世界中のモータースポーツ界で使用されているタカタ製のフルハーネスで有名だが、1998年から11年に渡って童夢のNSXをスポンサードし続けてきた。 2009年からは同チームのテクニカルスポンサーとしてサポートは継続する。

Sgt_nsxtakata_dome_2008 Sgt_nsxyoshiki_dome_2009_02_2

左はグリーンの2008年マシン(チームポイントランキング5位)、右はブラックの2009年マシン 

【TEAM YOSHIKI&童夢 PROJECT チーム体制概要】

チーム名/エントラント名:TEAM YOSHIKI&童夢 PROJECT/TEAM YOSHIKI&DOME PROJECT (英語表記)
車両名:ROCK ST☆R 童夢 NSX/ROCK ST☆R DOME NSX(英語表記)
ゼッケン:18
チームオーナー:林みのる
チーム・プロデューサー:YOSHIKI
チーム監督:中村 卓哉(株式会社 童夢)
ドライバー:道上龍/小暮卓史
童夢ホームページNews

デザインとカラーリングはグリーンの2008年マシンの方が良いと思うのですが、チームとしてはあまり変わらない感じですね。

|

« RE雨宮の2009年GT300及びD1参戦車とドライバー | トップページ | ついにF1ホンダ売却成立? »

■SuperGT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« RE雨宮の2009年GT300及びD1参戦車とドライバー | トップページ | ついにF1ホンダ売却成立? »