« F1 2009年サーキットトラック比較 | トップページ | ホンダF1チーム現時点で正式発表なし? »

2009年2月23日 (月)

SuperGT apr 2009年体制発表

aprが2009年SuperGT300への74号車参戦体制を発表した。 今年は従来のMR-Sからカローラアクシオでの参戦を東京オートサロンで表明し、注目を集めてきた。 apr チームは2002、2005、2007年とMR-Sでシリーズチャンピオンを獲っており、2008年はライトニング マックィーン apr MR-S 95号車でGT300クラス8位、DOUBLEHEAD avex apr MR-S 31号車で10位に入っている。

Sgt_mrs_apr_2008 2008年MR-S 95号車

--------------------------------------------------------------------------

【apr Team Release】

平成21年2月23日

Sgt_corolla_axio_press_release

aprは2000年度からトヨタMR-Sにて継続的にSUPERGTに参戦してまいりました。毎年チャンピオン争いをし、歴史に残る戦いを繰り広げ3度のシリーズチャンピオンに輝いたMR-S。まだMR-Sのパフォーマンスは一線級でしたが、トヨタ自動車との強い関係から2009年からは新たな挑戦を致します。その新たな挑戦とは、トヨタの代名詞でもあるカローラにて激戦のSUPER GTに参戦致します。この数年間、トヨタ自動車と勝てるパフォーマンス車種の追及を行った結果、意外ではありましたがカローラアクシオにたどり着きました。カローラアクシオの持つパフォーマンスとは、空力とシャシのバランスが設計上、MR-Sを越える最適値が狙え、市販車の持つ素性の良さが最大の魅力であります。その魅力あるディメンジョンに搭載されるエンジンは開発4年目を迎え、性能と燃費での評価が高い2GRをミッドシップに引き続き搭載致します。これにより、MR-Sを越えるパフォーマンスが予想でき新たな感動が始まる予感が致します。

apr代表 金曽 裕人

【参戦体制】

車両名:COROLLA Axio apr GT
ゼッケン:74 ※全国のカローラ販売会社の総数“74”社に由来
エントラント:apr
チーム監督:福田 聡
ドライバー:井口 卓人 / 国本 雄資
※両名共にTDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)ドライバー
ベース車両:トヨタ カローラ アクシオ
車両型式:NZE141 全長×全幅:4410mm×1795mm
車両重量:1100kg以上
ホイールベース:2600mm
トレッド(F/R):F:1555mm R:1585mm
トランスミッション:HEWLAND製6速シーケンシャル クラッチ:小倉クラッチ製トリプルプレート サスペンションFR:ダブルウィッシュボーン ブレーキFR:AP製 ホイール:RAYS F:10.5×18 R:11.0×18
エンジン型式:2GR-FSE エンジン仕様:水冷V型6気筒 自然吸気(縦置) 排気量:3500cc
ボア×ストローク: 94mm×83mm3000
リストリクター:25.7mm×2
最大出力:300ps以上/6800rpm
最大トルク:39kg-m/5200rpm

【井口 卓人選手】

apr&カローラアクシオと新たな挑戦なので、すごく興奮しています。aprは、とても実績のあるチームですし、先輩達から、「とても良いチームだよ」という話を聞いているので、全く不安はありません。昨年は、レクサスIS350をドライブして沢山のことを学びました。その経験を活かし、最高のパフォーマンスを出せるように頑張りたいと思います。開幕戦で『COROLLA Axio apr GT』でスターティンググリッドにつくのがすごく楽しみです。

【国本 雄資選手】

初めてのSUPER GT参戦となりますが、兄(国本 京佑)も昨年aprでGT300クラスに参戦していて、「自分の大きなスキルアップになった」と言っていたので、僕も沢山の事を学び、そしてシーズンが終わった時に自分の成長を感じられるようにしたいです。井口選手と力を合わせ、最高の結果を獲れるように、全戦全力で頑張ります。応援宜しくお願いします!

【2009年 SUPER GT開催日程】

開幕戦 3月21日—22日 岡山国際サーキット (岡山県)
第2戦 4月18日−19日 鈴鹿サーキット (三重県)
第3戦 5月 3日− 4日 富士スピードウェイ (静岡県)
第4戦 6月20日−21日 セパンサーキット (マレーシア)
第5戦 7月25日−26日 スポーツランド菅生 (宮城県)
第6戦 8月22日−23日 鈴鹿サーキット (三重県)
第7戦 9月12日−13日 富士スピードウェイ (静岡県)
第8戦 10月17日−18日 オートポリス (大分県)
最終戦 11月 7日− 8日 ツインリンクもてぎ (栃木県)

COROLLA Axio apr GT公式ホームページ
http://www.apr-jp.com/corolla_gt/

--------------------------------------------------------------------------

2009年も95号車と31号車の2台体制で、31号車はドライバー:坂本雄也 、山内英輝が乗る(3月7日追記)

トヨタは大衆車カローラアクシオでAE86以来のライトウェイトスポーツの「復活」を目指し、以下の4つの柱を本気で進めているだけに目が離せない。

  • コンプリートカー、カローラアクシオ“GT”の発売
  • 既存の「アクシオ」や「フィールダー」向けのエアロパーツやアルミホイールなど「“GT”TRDパッケージ」の発売
  • SUPER GTのGT300クラスへの参戦
  • 「富士チャンピオンレース」シリーズでのワンメークレースの開催(7月12日開幕予定)

Corolla_axio_fuji ワンメイクレース車両:『カローラアクシオ“GT”』JAF N2仕様

エンジン:「1NZ」1500cc+ターボ180ps仕様

トランスミッション:5MT

タイヤ:17インチスリックタイヤ(横浜ゴム製ADVAVレーシングタイヤ) 

|

« F1 2009年サーキットトラック比較 | トップページ | ホンダF1チーム現時点で正式発表なし? »

■SuperGT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« F1 2009年サーキットトラック比較 | トップページ | ホンダF1チーム現時点で正式発表なし? »