« SuperGT 初音ミク Studie GLAD BMW Z4新痛車デザイン&体制発表 | トップページ | TB-03D (ドリフトスペック)フロントワンウェイ交換完了 »

2009年2月17日 (火)

SuperGT レーシング・プロジェクト・バンドウ 2009年体制発表

2008年にデビューしたウェッズスポーツ レクサスIS350で速さを見せつけた「RACING PROJECT BANDOH」の2009年度SUPER GT参戦体制が2月17日に発表された。

【2009年度 SUPER GT 参戦概要】

エントラント名称:RACING PROJECT BANDOH
チームオーナー:坂東 正敬
チーム監督:坂東 正敬

ドライバー 1織戸 学

2008年、「レクサスIS350」の開発ドライバーとして、すべてのスーパーラップに勝ち残り、ポールポジション1回、第7戦では、練習走行でトップタイムを出したものの、車検で車両規定違反が見つかり予選タイムが無効となり最後尾スタートになり優勝は不可能かに見えたが、決勝では怒涛の追い上げを見せ、GT300クラス初の伝説の全車追い抜き優勝を飾った。 2008年GT300ドライバーズポイントランキング12位。

ドライバー 2片岡 龍也

昨年までGT500クラスにおいて「houzan TOYOTA TEAM KRAFT」でピーター・ダンブレックと組んで「宝山 KRAFT SC430」をドライブし、2008年GT500ドライバーズポイントランキング9位。 GT300は2003年以来のドライブとなる。

車両名称:ウェッズスポーツ IS350

Gt300_wedssport_2008 ※2009年はカラーリング・デザインなどが変更となる模様

タイヤメーカー:ヨコハマタイヤ
メンテナンスサポート:株式会社クエスト
メインスポンサー:株式会社ウェッズ(Weds Sport)

2009年は、ここ一発の速さに加えて安定性を兼備えればシリーズチャンピオンに最も近いチームだと思います。 2009年のカラーリング発表も待ち遠しいですね。 タミヤさんTB-03用ボディにこの辺ねらい目では・・・

|

« SuperGT 初音ミク Studie GLAD BMW Z4新痛車デザイン&体制発表 | トップページ | TB-03D (ドリフトスペック)フロントワンウェイ交換完了 »

■SuperGT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SuperGT 初音ミク Studie GLAD BMW Z4新痛車デザイン&体制発表 | トップページ | TB-03D (ドリフトスペック)フロントワンウェイ交換完了 »