« オリオン ボルテックス BL Experience を4PKで使うには? | トップページ | SuperGT EPSON Nakajima Racing 2009年デザイン決定 »

2009年2月19日 (木)

2009年Honda四輪モータースポーツ活動概要を発表

ホンダは2009年2月19日付の自社のホームページのNewsで「2009年Honda四輪モータースポーツ活動の概要」を発表しました。

--------------------------------------------------------------------------

2009年2月19日(木)

【2009年Honda四輪モータースポーツ活動の概要】

Hondaは、2009年Hondaの四輪モータースポーツ活動の概要として、「モータースポーツ参戦体制」と、「世界トップレベルのレースで表彰台を競う人材の育成」「モータースポーツの普及」について、以下の通り発表しました。

1.モータースポーツ参戦体制
国内のレース活動では、SUPER GTにおいて「Honda NSX-GTプロジェクト」のもと、昨年同様5チーム5台体制で参戦し、チームとドライバーズのダブルタイトルの奪還を目指します。また2006年よりエンジン供給をしています「フォーミュラ・ニッポン」では、今シーズンより新開発3.4リッターV8エンジン「HR09E」を、3チーム5台に供給します。

北米地域においては、2003年より参戦し、2006年より唯一のエンジンサプライヤーとなったIRL インディカー・シリーズにおいて、今年も100%エタノール燃料のHonda V8エンジン「HI9R」を全チームに供給します。また、2007年から参戦している、アメリカン・ルマン・シリーズには、これまでのLMP2クラスに加え、今シーズンから新たにシリーズ最高峰のLMP1クラスに、4.0リッターV8エンジン「ACURA LM-AR7」を搭載したACURA ARX-02aで参戦します。

2.世界トップレベルのレースで表彰台を競う人材の育成
国内外の頂点レースで表彰台を競えるドライバーの育成を目的に、「Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)」として、若手選手の輩出に積極的に取り組みます。

「鈴鹿サーキットレーシングスクールカート(SRS-K)」「鈴鹿サーキットレーシングスクールフォーミュラ(SRS-F)」のレーシングスクールや、「フォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ)」「全日本F3選手権」「フォーミュラ・ニッポン」を通して、長期的な視野で継続した活動をしていきます。

3.モータースポーツの普及
(株)モビリティランドは、今後もレースの開催や「見て、遊んで、体感する」場と機会の創出に積極的に取り組み、日本のモータースポーツ文化のさらなる発展に寄与していきます。

鈴鹿サーキットの国際レーシングコースは、ピットやパドックの全面改修が間もなく完了します。4月12日(日)にはオープニングイベントとして、「“START SUZUKA” オープニング・サンクス・デー F1キックオフパーティ」を開催します。10月2日(金)~4日(日)には、「F1世界選手権第15戦 日本グランプリ」を、3年ぶりに開催します。ツインリンクもてぎでは、9月17日(木)~19日(土)に「IRL インディカー・シリーズ第16戦 INDY JAPAN 300 mile」を開催します。

また、Honda車オーナーに向けた「ドライビング・ミーティング」「ホンダ エキサイティングカップ ワンメイクレース~シビック・シリーズ~」等、参加して楽しんでいただく様々なイベントを各地域で開催をする予定です。

Hondaは、チャレンジングスピリットの象徴であるモータースポーツ活動に対して、創業当時から世界の頂点を目指して様々なレースカテゴリーに挑戦してきました。今後もモータースポーツ活動で培われたノウハウとチャレンジングスピリットをもって、新たな課題に挑戦し続け、そこから生まれる夢と感動をお客様と共有していきたいと考えています。

--------------------------------------------------------------------------

以上、SuperGTは昨年どおりのようで安心ですね。

F1についてはふれていませんが、ホンダレーシングF1チームの売却先は、現時点でまだ決定しておらず、複数の買い手候補と交渉中らしく、噂が錯綜している状態です。

  • ブルーノ・セナのスポンサーであるブラジルのペトロブラスとの契約 -> どうも手を引いたと報道
  • ブルーノ・セナのスポンサーであるブラジルの通信会社のエンブラテル -> トップがチーム買収を否定
  • ニック・フライとロス・ブラウンによるマネジメント・バイアウト -> 契約直前までいったが、色々と問題がありそう
  • ヴァージン・グループが同チームの買収に関心を示している -> ヴァージン・グループも経済的に深刻な問題を抱えているので噂の域を出ない

同チームスタッフの解雇までに与えられた猶予は3月5日に迫っているらしく、2月23日がメルセデス-ベンツが設定した締め切りで、本田技研の取締役会がバイアウト契約を承認する期日は2月28日とも言われているので、この数日が山場だ。 初戦にテスト走行なしだとしてもグリッドに付ける確立はこの数日で7~8割から5割まで下がってきている。

|

« オリオン ボルテックス BL Experience を4PKで使うには? | トップページ | SuperGT EPSON Nakajima Racing 2009年デザイン決定 »

■SuperGT」カテゴリの記事

■モータースポーツ全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オリオン ボルテックス BL Experience を4PKで使うには? | トップページ | SuperGT EPSON Nakajima Racing 2009年デザイン決定 »